糖尿病性腎症で手術。再検査の無視は絶対にNG!【体験談】

糖尿病 体験談

乱れた食生活を10数年放置した結果、最悪の状況になりました。

もともと、食べるのが好きでかなりデブです。
肥満体系は変わらず、脂っこいもの好きでした。

会社の健康診断で検尿したときに、蛋白尿が+だと言われていたのですが、とくに何の症状もなくほったらかしにしていました。
再検査や、紹介状ももらったりしていましたが、案内ごとゴミ箱へポイしていました。

なので、食事なども全く気にせず過ごしてきました。
その後も10数年放置していました。

ところが、やたら最近暑くもないのにのどが渇くようになりました。

あと、とても疲れやすいのです。
理由はわからず一応心配はしていたのでようやくその次の検診での再検で受診することになりました。

検診では蛋白尿の他、高血圧でした。

太っていたのですが、かなり水分貯留でむくんでもいました。
血液検査も行い、糖尿病だと言われてしまいました。

その後の検査で、糖尿病性腎症と言われてしまってからは、自分でもよくわからない展開が待っていました。
なんと、生まれて初めての手術をしたのです。

それも手です。なんでも、シャントという動脈と静脈をつなぐ手術だそうでびっくりしました。

透析の準備だったのですが、当時は説明を聞いてもあまりよくわかりませんでした。

というか、急展開すぎてあまり整理がついていなかったのだと思います。

入院しながら、透析のところへ見学に行きました。

なんでも、これから一生1日4時間、週3日の治療を受けないと生きていけなくなるのだそうで考えただけでも頭が真っ白になりました。

もっと早く受診していれば、普通に食事と運動でコントロールできていたはずらしいのですが、自分の場合はかなり悪くなっていました。

症状がないと、どうしてもめんどくさくて後回しにしてしまいがちだとたくさんの人が思うと思うですが、自分もそのうちの一人でした。

かなり悪くなってしまってからで、もとには戻らないのだそうです。

視力が落ちてきていたのも、年のせいかと気にしていなかったのですが糖尿病の合併症の糖尿病性網膜症というものらしく、かなり危険な状態でした。
今は、月・水・金4時間管理されたクリニックでベッドに寝て過ごし、旅行に行くときも旅行先で透析の治療を受けなければいけません。

仕事は配慮してもらって何とか続けていけていますが障害者手帳を自分が持つというのはなんとも複雑な気分です。
薬の種類も透析中投与されるのも多いです。

自分の頭の中では整理できていない部分はかなりあって、確かに日本の医療制度だと治療費も抑えられてはいるのですが人生お金だけではないですよね。

食事も食べたいものをきにせず食べていた以前と違ってかなりコントロールされた食事をしなければなりません。

実は、食事もよく「糖尿病食」というのが紹介されているのですが、そうではなくて自分は「透析食」というもので、暑くても水分は控えないといけないし大好きなドライフルーツのレーズンもあきらめざるをえません。
医療スタッフはみんな優しいけど、自分はやっぱり2日に1回通院に縛られないといけないのがまだまだ慣れません。

それをもう7年も10年もやっている人たちとベッドをとなりにしていて話す機会もあるのですが、自分はまだまだ若いのに、と思ってしまいます。
やはり、検診結果は真摯に受け止めるべきだったとかなり反省しています。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 体験談
    「頼む・・救急車を呼んでくれないか?・・」という父 私は以前千葉県で暮らしていたのですが、福島…
  2. 薬物療法 糖尿病
    インスリンを分泌させる?スルフォニル尿素薬(SU薬)とは? インスリンという言葉を耳にしたこと…
  3. 相撲 力士 糖尿病
    相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。 その頃の私の職業は力士でした。 身長は18…
  4. 2型糖尿病 症状
    失明原因の20%ほどが糖尿病性網膜症によるもの 糖尿病は主にインスリンの作用不足もしくは分泌不…
  5. 糖尿病 ブログ
    母親が糖尿病 で治療中です。 母は病院嫌いで健康診断などは行っていませんでした。 日頃から、…
  6. 糖尿病 初期症状
    予備群の方を合わせると日本国内に約2000万人存在する糖尿病 糖尿病は、自分には関係ないと考え…
  7. 糖尿病とは?
    国内の患者数は約950万人。そんな糖尿病とは? 糖尿病とは、ヘモグロビンA1c値や血糖値が一定…
  8. 糖尿病 飲み物 おすすめ
    糖尿病に効果がある、血糖値を下げる飲み物&お茶を紹介! 糖尿病を治療中の方や、予防をしたい方に…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…
  2. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  3. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  4. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. アーモンド 糖質制限 糖尿病
    インシュリンの分泌やその働きをサポートするアーモンド アーモンドとは、バラ科サクラ属の落葉高木…
  2. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  3. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  4. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  5. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status