糖尿病 ブログ

私は完全な糖尿病とは言えない段階の者です。

これをお読みなった方が、どうすればこれ以上、そのような低レベルの糖尿病を悪化させることなく付き合ってゆけるのでしょうか。

糖尿病は遺伝性の部分も強いようですが、基本的な食生活の習慣さえ守っていれば、特に低レベルの糖尿病の場合、防げることがほとんどです。
この場合は、食事療法とはなってしまいますが、お医者様から言われたことを忠実に守ることですね。

私の場合は、発覚しても3年くらい病院に通わず放置してしまいました。

しかし、朝食と昼食を合わせて固形栄養バランス食品2箱にし、運動を通してダイエットをするようになってからは、正常な状態に一時的に戻った嬉しさを昨日のことのように覚えています。

私の体験によりますと、固形栄養バランス食品だから糖尿病を改善できたというよりも、仕事で毎日運動をするという日々を送っていたことがポイントだったのだと強く思います。

その頃も内科に掛かっていたのですが、お医者様からも「どうしてこんなに血液検査の結果がよくなったのですか?相当努力されたでしょう?」と褒められるほどでした。
しかし、私はその頃、ステーキも食べていましたし、夕食はしっかりと摂っていて、ただ普通に毎日仕事していただけでした。

ただ、固形栄養バランス食品の口コミなどで「ついついお菓子のように食べ過ぎてしまって、逆に太ってしまった」とか、「味に飽きが来てしまい、2週間ほどで辞めてしまった」などの例があるようです。
私の体重については8kgしか減りませんでしたが、その分、仕事で筋肉が付いたので、8kg減にしてはかなりの見た目の変化だったのではないかと思えます。

特に固形栄養バランス食品だけではなく、昼の休憩の際に、浄水器で浄化した水道水を水筒に入れて持ってゆき、共に摂っていました。
これで、おおよそ2食で約300円となったことも節約に繋がって嬉しかったです。

ただ、現在はその仕事をしなくなってしまったために、また低レベルの糖尿病に戻ってしまいました。

ということから、低レベルの糖尿病の患者に有効なポイントが何となく見えてくることがあると思います。

  • 糖尿病の原因になりやすい間食を減らすためには、(ストレスを抱きにくい)仕事に打ち込んで暇を失くすこと。
  • 運動するような毎日を送り、基礎代謝を挙げておけば、一般的な食事をしても概ね大丈夫だということ。
  • 定期的に検診を受けて、糖尿病にならないような意識付けや習慣の形成をしておくこと。

おそらく、慣れれば難しくはありません。
例え遺伝の影響が強かったとしても、医者の言うことと、自身の努力さえあれば初期の段階では、まだ上手に付き合ってゆけるのです。

しかし、糖尿病になってしまったら、その代償は大きくなります。

通院費、服薬費、交通費など、その他いろいろ本来不要な出費が増えてゆくだけですからね。
ともすれば、一番の敵はストレスなどで暴飲暴食に走ってしまうその性格などにあるかも知れません。

ですから、ストレスとの向き合い方やストレスを溜めないための工夫などの根本の部分を変えてゆかれることが重要なのではないかと思います。

私の父方は皆、糖尿病で服薬、通院をしておりますが、しっかりと予防医療にもっと早く関わっていればよかったのではないかと思えてなりません。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 ブログ
    元気だった祖母が急に倒れて救急車で運ばれるという事態が起こりました。 その日の午前中は普段と特…
  2. 糖尿病 食事 血糖値
    "父が糖尿病でした。糖尿病は遺伝すると父はよく言っておりました。 片親が糖尿病なら、子供には2…
  3. 津川雅彦 糖尿病
    甘いもの好きが原因?糖尿病治療中の津川雅彦さん 津川雅彦さんは、京都市中京区出身の日本の俳優、…
  4. 糖尿病とは?
    国内の患者数は約950万人。そんな糖尿病とは? 糖尿病とは、ヘモグロビンA1c値や血糖値が一定…
  5. 糖尿病 治療法
    血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。 、通常の健康な人の場合、空腹時血糖値は…
  6. 私の母と兄弟の糖尿病の体験談です。 母は50代で、兄弟は30代で発病しました。 祖父も糖尿病…
  7. 食事 糖尿病 制限
    私の父は40歳代後半から糖尿病を患っていました。 父の家系には糖尿病の人が多く、父方の祖父は糖…
  8. 糖尿病 初期症状
    予備群の方を合わせると日本国内に約2000万人存在する糖尿病 糖尿病は、自分には関係ないと考え…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…
  2. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  3. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…
  4. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  2. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
  3. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  4. きのこ 糖尿病 糖質制限
    低糖質な「きのこ」で糖尿病対策! きのこは栄養価が高くカロリーがほとんどない食品であるため、糖…
  5. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status