HbA1Cの値12から6後半まで下げた食事制限と治療内容。【体験談】

糖尿病 食事

今71歳になる実家の父親が、肺炎で入院したのは65歳のときでした。

それまで毎日の晩酌、好きなものを好きなだけ食べての肥満体系、その上でヘビースモーカーと体調は崩しがちで、糖尿病であることは診断されていました。
ただ、昔ながらの医院に薬だけをもらいにいく生活を何年もしていて、その薬もろくに飲んでおらず、採血はたまにしていても、結果を見るのは本人だけという状況で、その時入院するまで詳しい病状は家族に知らせていませんでした。

そしてその入院時、肺炎もひどかったですが、HbA1Cの値がなんと12近く、空腹時血糖が450あったのです。

私は医療従事者ですので、ひっくり返るほどびっくりしてしまいましたが、当の本人はもともと何か言われていたのか全く驚いていませんでした。
当たり前ですが、入院中はインシュリン注射をしていました。一番初めは一日三回打っていました。

肺炎で入院したはずが糖尿病のほうに重きを置かれ、生活指導を受け、内服薬も変更に。

退院してからは、今までの医院から糖尿病専門医のいるクリニックに変えました。
退院時は少し落ち着いており、インシュリンはまぬがれましたが、まだHbA1Cは二桁ありました。
まず病識のない本人、食事を作る母親に懇々と糖尿病の怖さを説明、食事や運動についても事細かに指導しました。

指導しましたが、結論から言いますと全く効き目はありませんでした。
相変わらず好きなものを食べ、大事な食前薬は軒並み飲み忘れている状態。

このころは一人で通院していたので、病院で何をいわれていたかは知らないですが、糖尿病をなめていたのは確かです。

数値がたいして改善しないまま二年がたち、今度は心筋梗塞で倒れました。

もう、長年の糖尿病で血管はぼろぼろになっていたのです。
そのときはかなり危ない状態でした。HbA1Cはまだ二桁、体調の悪さもあってか空腹時血糖も300台。

大病院だったこともあり、かなり脅されましたし、私自身もこれではいけないと思い、介護保険を申請。

しかるべき結果が出たので、好き放題食べていたお昼ご飯を作ってもらうためにヘルパーを、運動不足のためにリハビリデイサービスを、薬が全然飲めていなかったので薬剤師の訪問を利用することにしました。
とにかく大変だったのは、糖尿病の怖さを全く理解しない本人と妻に、合併症の怖さなどを理解してもらうことでした。

あれから数年たち、実は間に脳梗塞も起こしているのですが(糖尿病で脳の血管もものすごく細くなっています)、いまだにその点には苦労しています。
ただし、かかわる人が専門職に変わり、口をそろえて糖尿病の怖さを説明し、改善に向けて努力してくれることで、状況はだんだん良くはなって来ました。

とくにヘルパーさんは、味付けが濃いのが好きで大食感の父親に、それでも満足できるようにたくさん野菜を使った料理を作ってくれて、父もとても楽しみにするようになりました。

リハビリデイも、年寄りくさくなくジムのように運動ができて、なおかつ健康指導を良くしてくれました。薬剤師さんの介入で飲み残しも減りました。

ここ一年ほどはHbA1Cは6後半をキープし、空腹時血糖も120前後です。

父親は放置が長すぎて、心臓も悪くなりましたし脳梗塞もまた再発するだろうといわれています。
そのたびに原因は糖尿病といわれると、放置していた私自身もものすごく後悔しますが、少なくとも今は元気にしているので、このままの状況を続けていけたらなと思います。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 ブログ
    四肢における動脈の血流障害を示す代表的な抹消動脈疾患である閉塞性動脈硬化症 糖尿病は血糖値のコ…
  2. 2型糖尿病 症状
    失明原因の20%ほどが糖尿病性網膜症によるもの 糖尿病は主にインスリンの作用不足もしくは分泌不…
  3. 薬物療法 糖尿病
    インスリンを分泌させる?スルフォニル尿素薬(SU薬)とは? インスリンという言葉を耳にしたこと…
  4. 2型糖尿病 治る?
    完全に機能が停止する前に治療を受ければ、完治することは可能?? 2型糖尿病は、インスリンに対す…
  5. アントニオ猪木 糖尿病
    食べすぎや飲み過ぎで重度の糖尿病なアントニオ猪木さん アントニオ猪木さんは、神奈川県横浜市鶴見…
  6. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  7. 清原 糖尿病 重症
    拘留中も重度の症状で極秘で病院に通っていた清原和博さん 清原和博さんは、野球評論家、タレントで…
  8. 糖尿病 ブログ
    元気だった祖母が急に倒れて救急車で運ばれるという事態が起こりました。 その日の午前中は普段と特…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  2. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  3. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  4. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  2. きのこ 糖尿病 糖質制限
    低糖質な「きのこ」で糖尿病対策! きのこは栄養価が高くカロリーがほとんどない食品であるため、糖…
  3. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  4. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
  5. 蕎麦 糖尿病 糖質制限
    蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低い 蕎麦とは、日本の麺類で…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status