口渇や疲れやすいという自覚症状の結果、40代で糖尿病に。【体験談】

職場で受けた健康診断の結果で血糖値が高いことを指摘されました。

私は40代女性です。離婚歴があり現在一人暮らしをしています。

40代も半ばを過ぎたころ、よく喉が渇くなといった口渇や疲れやすいという自覚症状がありましたが年齢のせいで疲れやすいのだろうと特に気にすることなく生活をしていました。

そんな頃、職場で受けた健康診断の結果で血糖値が高いことを指摘され、近くの病院を受診しました。
病院でも再度血液検査、尿検査などの検査を受けた結果、やはり血糖値やHbA1cは正常値を上回っておりその時初めて糖尿病と診断されました。

元々、体格もよかった私は食べることが好きで、一人暮らしでもあったことから食生活が乱れているのは自覚していました。

間食も毎日していました。

糖尿病と診断された時、正直驚くことはありませんでしたが、やはり糖尿病というと厳しい食事制限や運動が必要という大変なイメージがあったためすごくショックでした。
あの時は病気と向き合えることができてなかったように思います。

診断されてからは、まずは運動療法の必要性や食事療法のための栄養指導などを受け血糖値が下がるような生活をしていくこととなりました。

しかし、仕事をしながらの運動や食事制限は想像以上に難しく、簡単ではありません。とうとうインスリンの導入が必要となり、先生の勧めで糖尿病の教育入院をすることとなりました。

入院してからは血糖測定の仕方、インスリンの打ち方を看護師の方から指導してもらったり、毎日の糖尿病に関する教室への参加、周辺を歩いて運動するなどあまりゆっくりとはできない入院生活でした。
教室では、食事療法、運動療法、インスリン療法、低血糖時の対処療法、糖尿病に関する検査、合併症など様々なことを教えていただきました。

必要な新しい知識をたくさんつけることができたと思います。

私は教育入院の中で今までの自分の生活に関して振り返り、今後の糖尿病との付き合い方を考えるいい機会となりました。
退院後、すぐに仕事に復帰しないといけなかったためその不安が強く、色んなことを想定して医師や看護師に色々質問し教えていただきました。

入院中のインスリン導入により少しずつ血糖値もコントロールできるようになり、インスリンなどの手技も覚え退院の許可がおりました。

仕事をしていると、決められた時間に食事がとれないためインスリンも決まった時間に打つことが出来ません。

その生活スタイルに合ったインスリンの量やタイミングを病院の先生が考慮してくださったおかげで、ひどい低血糖になることもなく1年が経過出来ています。
食事も今までは自炊することも少なかったのですが、糖尿病となったのを機にほぼ自炊するようになり、食について深く考えることができるようになりました。

始めに書いたように、糖尿病というととても大変とイメージがあり、もちろん実際に大変なこともありますが、自分のライフスタイルに合った向き合いかたを医療者の方と一緒に考え実践することで私のように生活の一部として捉え向き合えるようになれると思います。

多少なりとも生活に制限を必要とするので、これからも大変だとは思いますが、回りのサポートを受けたり同じ糖尿病を患うかたとの情報交換などを通じて前向きに生きていけたらなと思います。"

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 2型糖尿病 症状
    インスリン抵抗性、相対的インスリン不足が特徴の2型糖尿病とは? 2型糖尿病とは、長期的代謝異常…
  2. 1型糖尿病とは?
    1型糖尿病とは、膵臓のβ細胞の破壊によるインスリンの欠乏を原因とする糖尿病となっています。 以…
  3. 糖尿病 仕組み 原因
    血糖をコントロールする役割を持っているのがインスリン(インシュリン) インスリン(インシュリン…
  4. 糖尿病 ブログ
    母親が糖尿病 で治療中です。 母は病院嫌いで健康診断などは行っていませんでした。 日頃から、…
  5. 相撲 力士 糖尿病
    相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。 その頃の私の職業は力士でした。 身長は18…
  6. 清原 糖尿病 重症
    拘留中も重度の症状で極秘で病院に通っていた清原和博さん 清原和博さんは、野球評論家、タレントで…
  7. 糖尿病
    八糖仙は、糖質を抑え、糖質ブロックを可能にしてくれるサプリメント 八糖仙は、1日5粒を目安に飲…
  8. 津川雅彦 糖尿病
    甘いもの好きが原因?糖尿病治療中の津川雅彦さん 津川雅彦さんは、京都市中京区出身の日本の俳優、…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  2. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…
  3. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  4. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  2. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  3. きのこ 糖尿病 糖質制限
    低糖質な「きのこ」で糖尿病対策! きのこは栄養価が高くカロリーがほとんどない食品であるため、糖…
  4. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  5. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status