力士だった自分が糖尿病になり、左足を切断するまで。【体験談】

相撲 力士 糖尿病

相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。

その頃の私の職業は力士でした。
身長は185センチで体重は160キロあった時です。
力士としてはいい体格だったと自分でも思っています。

相撲界は一日、二食が主流で最初の食事が11時頃、夕方は18時頃になります

朝は4時起きでそれから稽古が10時頃まであります。稽古後お風呂に入り11時頃の朝飯となります。朝早くから起きて身体を動かすのでお腹が大変減っていて丼飯で3杯以上を食べる毎日です。

お腹が一杯になると必然的に昼寝をするようになり起きたら直ぐに晩飯を食べる様な習慣がついてしまいひと月で35キロ位太ってしまった時がありました。

そんな生活を15歳の頃からしていて22歳の頃には糖尿病になってしまいました。

相撲界に在籍している間は、糖尿病と診断されても太らなければ成らないので薬を飲みながら食事をたくさん食べていました。

相撲界に在籍している約9年間このような生活でした。

相撲界を引退したからと言って直ぐに食事を減らす事は出来ません。

現役時代と同じ量を食べる習慣がついていました。

そして27歳の時に結婚をして身体を動かす運送会社に勤めました。
運送会社の仕事はかなりハードで結構くたくたになる日々を過ごしていました。

その時の体重は120キロ前後をキープしていた様な気がします。

そして離婚をし、33歳の頃から一人暮らしをするようになり運送会社も辞めてしまいました。
室内での仕事に転職し身体を全く動かさないようになってしまったのに食べる事は現役の頃と変わらないぐらい食べていました。

そんな生活を続けていて37歳の頃に足の裏の靴ずれが化膿してしまい両足に病巣が出来てしまいました。

片足を切断しなければいけない程ひどくなっていました。
左足の方が症状が重く、足の裏に出来た靴ずれが足の甲までばい菌がまわってしまい足の甲から骨が見えてしまうほど皮膚が溶けてしまいました。

左足を切断することにより右足を治すことを優先することになりました。

私的には片足を失くしてしまう事にそれ程重く受け止めてはいませんでしたが、親をはじめ周りの友人や親類は泣いてしまうくらいの重大さだったようです。

手術当日までタバコを吸う元気はありました。
手術が終わって麻酔が切れた時は流石に激痛に泣きそうになりました。

看護師さんに痛み止めを貰って飲んだり痛み止めの注射を討って貰ったり座薬を入れて貰ったりと夜明け近くまで痛みで眠れませんでした。

そして気がついた時には痛みが収まっており丁度、朝食の時間帯だしたが、手術の翌日の朝食は抜きでした。

喫煙所の所には自動扉があり、そのガラスに映る自分の姿を見て、違和感と言うか悲しい気持ちになってしまいました。

片足を失くしたことによって精神的に落ち込む事はなかったのですが生活的には結構、不便さを感じます。

一番、不便に思うのは階段やちょっとした段差に苦労してしまいます。

後は糖尿病による目の病気で糖尿性の網膜症や白内障で目が霞んで擦りガラス越しに見えてしまうので、人の輪郭などは判ってもぼやけてしまって誰が誰だか判らなくなってしまいます。

糖尿病じたいは痛くも痒くもないのですが糖尿病による色々な合併症が怖いと聞きました。

糖尿病は一生治らない病気なので上手く付き合って行こうと思います。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 清原 糖尿病 重症
    拘留中も重度の症状で極秘で病院に通っていた清原和博さん 清原和博さんは、野球評論家、タレントで…
  2. 糖尿病 検査
    血糖値の管理指標であるグリコアルブミン(GA)の検査 グリコアルブミンという言葉を耳にしたこと…
  3. 糖尿病 治療法
    血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。 、通常の健康な人の場合、空腹時血糖値は…
  4. 糖尿病 体験談
    乱れた食生活を10数年放置した結果、最悪の状況になりました。 もともと、食べるのが好きでかなり…
  5. 食事 糖尿病 制限
    私の父は40歳代後半から糖尿病を患っていました。 父の家系には糖尿病の人が多く、父方の祖父は糖…
  6. 2型糖尿病 症状
    失明原因の20%ほどが糖尿病性網膜症によるもの 糖尿病は主にインスリンの作用不足もしくは分泌不…
  7. 糖尿病 仕組み 原因
    第一の原因はインスリンの絶対量が不足することによって発症する 糖尿病は生活習慣病の一つであり、…
  8. 糖尿病 体験記
    私が糖尿病になったきっかけは、長年の運動不足と食生活の乱れでした。 子供のころからお菓子やジュ…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  2. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…
  3. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  4. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  2. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  3. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  4. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  5. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status