糖尿病 体験談

私の義母は、私がお嫁に来た時にはすでに糖尿病を発症していました。

もうかれこれ、20年以上くらい糖尿病とつきあっていると思います。

義母は糖尿病だと診断をされる前に、健康診断を受けた時に「糖尿病の気があるから、気をつけてください」と言われていたのですが、「私は痩せているから糖尿病になんかなるわけがない」と思っていたのだそうです。
その健康診断から3~4年後に異常なだるさと体重減少で病院に行ったら、血糖値が400を越えていて点滴を開始されて、帰宅しました。

Ⅱ型糖尿病を発症していました。

義母の家系も糖尿病の家系でしたが、義母と同様に痩せ型の体形をしていました。
義母は「痩せている=糖尿病は私には関係ない」と思い込んでいて、「糖尿病=太っている人がなるもの」という油断があったようでした。
でも確かに義母は大食漢ではないし、食べる量などは何につけ普通の人だと思いますが、やはり遺伝的に糖尿病になりやすい家系なのだろうと思います。

義母の場合には糖尿病の内服薬ではなく、1日3回食前にインシュリン注射を打っています。

義母が食事で気をつけていることは「メリハリ」のようです。

食べることは楽しみでもあり、「我慢も必要だけれど、食べたい時には我慢せず少しだけ食べたいものを食べている」ことで乗り切っているようです。
ただ甘い和菓子や洋菓子、チョコレートや飴などは控えていますが、お煎餅やウエハース系のお菓子は我慢せずに食べたいと思う時に口にしているようです。

義母の主治医の先生が「じゃが芋は血糖値が上がりやすいから、控えるように」、とか「さつま芋ならば食べても良いよ」とか、「スパゲッティやグレープフルーツはお薦めの食べ物」などと教えてくれるそうです。
義母の食事療法が長く続いている秘訣は「食べたいものを我慢する時は我慢しても、食べたい時には食べるようにしていること」だと感じます。

あとは料理の中によく「お酢」を使っています。

野菜もしっかりと食べているし、外食することもあるし、パンも週末の朝食には食べているので「ひたすら我慢」とか「制限をしている」というような感じは見受けません。
ただ、外出先で低血糖で倒れたことが何度かあります。

出掛ける時には必ず「おやつ入りのバック」か、ぶどう糖のタブレットを持っているのですが、どうしてもそれが間に合わない時があるようです。

主治医の先生からは「何か果物のジュースを枕元に置いて寝たり、持ち歩くと良いよ」といわれるそうですが、低血糖になって意識が低下するとジュースを飲むことができなくなってしまうようです。

スーパーのレジに並んでいる時に低血糖になった時には、頭を床に打ってしまったのですが「近くにいた人が黒飴を口の中に入れてくれて助かった」と話していました。

糖尿病の患者さん本人も、家族も低血糖に対する備えは十分していると思いますが、それが間に合わないこともあるということ、そして「低血糖を起こしたんだな」というのが分かった時は他人であっても手を差し伸べてもらうことができると、とてもありがたいです。

もしかすると低血糖を起こしたことに気づいてくれた人も糖尿病の患者さんか、糖尿病の患者さんを支えている家族かも知れません。
糖尿病の患者さんが安心して外出できたり、困った時にはすぐに手が差し伸べられる世の中で会ってほしいと思いますし、私自身もそんな1人でありたいと思います。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 治療法
    血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。 、通常の健康な人の場合、空腹時血糖値は…
  2. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  3. 糖尿病 1型糖尿病 子供
    普通の食生活でしたが、幼稚園の時に1型糖尿病と診断されました。 糖尿病だと明らかになったのは私…
  4. 糖尿病 体験記
    治す気がないのか!と言わんばかりの毎日の生活でした。 私の夫は30代後半で、3年前に体調不良が…
  5. 2型糖尿病 治る?
    完全に機能が停止する前に治療を受ければ、完治することは可能?? 2型糖尿病は、インスリンに対す…
  6. 糖尿病 ブログ
    元気だった祖母が急に倒れて救急車で運ばれるという事態が起こりました。 その日の午前中は普段と特…
  7. 漢方薬 糖尿病 おすすめ
    糖尿病に効く漢方薬・合併症予防におすすめの糖尿病は? 糖尿病に用いられる漢方薬はたくさんありま…
  8. 1型糖尿病とは?
    1型糖尿病とは、膵臓のβ細胞の破壊によるインスリンの欠乏を原因とする糖尿病となっています。 以…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  2. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  3. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  4. ゴーヤ 美肌 アンチエイジング
    美肌効果といった夏に嬉しい効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーは夏野菜の王様と呼ばれており、夏バテ…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  2. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
  3. 蕎麦 糖尿病 糖質制限
    蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低い 蕎麦とは、日本の麺類で…
  4. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  5. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status