食事 糖尿病 制限

私の母は糖尿病で、現在通院中です。

服薬治療を続けていますが、通院ごとによくなったり、悪くなったりを繰り返しています。

母は甘いものが大好きで、三度のご飯より甘いものというくらいです。
かといって、三度のご飯もしっかり食べるので、なかなか血糖値も下がるず薬の効果も出てきません。

「このままじゃ注射になるよ」かかりつけの先生から、そう言われてやっと本腰を入れて食生活の改善に取り組むようになりました。
今までは、決まった量の食事をした後も隠れて羊羹やおはぎなどを食べていたのですが、それを経つ事にしました。

いきなりでは辛いだろう、少しずつ減らすことも提案しましたが、未練が残るからとすっぱりやめました。

食生活の改善で、最初に行ったのが野菜を摂ることです。

なるべく野菜を多く摂る。おなかが空いたらとりあえず食べたいという欲求が落ち着くまでは野菜を摂り、その後にご飯を食べるようにしました。
この方法で一週間以上は頑張っていたと思います。

毎日、食後におやつを食べている以前と比べれば劇的です。
しかし、やっぱりストレスがたまっていたんですね、爆発しました。

「もう、無理、やっぱりやめる」と買い物から帰ってきた母は、止めるのも聞かず、お煎餅を一袋たいらげていました。
「だってどこも痛くないし、具合悪くないのに」「何で我慢しなきゃいけないの」と泣きながら食べていたのを今でも覚えています。

その後も頑張らなきゃいけないのに、食べてしまった自己嫌悪で、自分はだめな人間だとふさぎ込む母。
平気そうに見えても、かなりのストレスを感じてそれでも頑張っていたんだと知りました。

これではいけないと家族で相談し、食事療法のサポートと、精神的なサポートも必要だと話しあいました。

精神的なサポートはすごく簡単だけど、頑張ってる母を褒めることを心がけようという結論でした。
食事療法は色々調べてみると、カロリーゼロの甘味料を見つけました。

これを使って、手作りで甘いものを作ってみようと考えたのです。

母は羊羹が好きなので、寒天と小豆、ラカンカというカロリーゼロの砂糖を使い羊羹を作りました。

市販のものには負けますが、味もそこそこ。
いつも食べてる羊羹が大体160キロカロリーで、作った羊羹は小豆の量で計算すると大体80キロカロリーでした。

母は甘いものを食べても大丈夫なんだという嬉しさと、私たち家族が工夫して作ってくれたというのが嬉しかったようです。

その後も羊羹だけでは飽きるので、色々調べてみました。

カロリーオフの食品、たくさんあるんですね。甘味料をはじめとして、アメやゼリー、プリン、最近は低糖質のカレーや、ご飯に直接こんにゃくが混ざっているレトルト食品もあります。
お米が大好きな母もこのこんにゃくご飯はお気に入りで、どうしても沢山食べたいときは活用しています。

本当は毎日、食べさせてあげたいけど少しお値段がするので、今日はお腹いっぱい好きに食べたい!そんな時に利用します。
それでも、ストレスはたまるので月に一度は好きなものを食べる日!と決めて、外食したり贅沢したりしています。

今回のことで、甘いものや糖質を全部我慢しようとしたのが、いけなかったんだなぁと思いました。

私たち家族も、なるべく甘いものを控えていましたが、それでもいざとなったら食べられるし・・・という安心感があったから、平気だったのかもしれません。
もし、もう一生食べてはいけないといわれたら、それが自分の好きなものであるなら、体のためであってもかなりのストレスです。

特に糖尿病で怖いのは自覚症状もないことなので、可能ならば家族がそばについて注意して見ていくことも必要だと思います。
完全に絶つのではなく、出来るだけ代替案を出して、ストレス少なく食事療法を続けていけたらいいと思いました。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 仕組み 原因
    血糖をコントロールする役割を持っているのがインスリン(インシュリン) インスリン(インシュリン…
  2. 糖尿病 ブログ
    四肢における動脈の血流障害を示す代表的な抹消動脈疾患である閉塞性動脈硬化症 糖尿病は血糖値のコ…
  3. 血糖値検査 
    血糖値の検査について解説していきます。  世界的に糖尿病患者の数は非常に膨大であり、現在では全…
  4. アントニオ猪木 糖尿病
    食べすぎや飲み過ぎで重度の糖尿病なアントニオ猪木さん アントニオ猪木さんは、神奈川県横浜市鶴見…
  5. 糖尿病とは?
    国内の患者数は約950万人。そんな糖尿病とは? 糖尿病とは、ヘモグロビンA1c値や血糖値が一定…
  6. 津川雅彦 糖尿病
    甘いもの好きが原因?糖尿病治療中の津川雅彦さん 津川雅彦さんは、京都市中京区出身の日本の俳優、…
  7. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  8. 私の母と兄弟の糖尿病の体験談です。 母は50代で、兄弟は30代で発病しました。 祖父も糖尿病…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  2. ゴーヤ 美肌 アンチエイジング
    美肌効果といった夏に嬉しい効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーは夏野菜の王様と呼ばれており、夏バテ…
  3. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…
  4. ゴーヤ ダイエット
    ゴーヤーはダイエットに良い成分が豊富に含まれている優秀な食材 ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属に…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  2. アーモンド 糖質制限 糖尿病
    インシュリンの分泌やその働きをサポートするアーモンド アーモンドとは、バラ科サクラ属の落葉高木…
  3. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  4. 蕎麦 糖尿病 糖質制限
    蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低い 蕎麦とは、日本の麺類で…
  5. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status