第2子妊娠中に妊娠糖尿病発症。治療と予後。【体験談】

妊娠糖尿病 症状

妊娠糖尿病と発覚してから、胎児を守るという点から健康管理については厳しく管理しました。

まず、私は上の子供が4500gと大きかったです。
そのため、上の子の時も妊娠糖尿病を疑われ血糖値の負荷検査を妊娠中と出産後しています。
その際は、妊娠糖尿病ではないと言われていたので、第2子の妊娠中に検査を気軽に受けました。

気軽に受けたのは、いいのですが、血糖値が高いのと、切迫早産という判断で即入院の処置を受けました。

妊娠糖尿病と発覚してから、胎児を守るという点から健康管理については厳しく管理しました。

幸い入院の処置がとられたので、食べ物に対しては悩む心配がなかったです。

自分で食べ物の管理をするとなると大変だったと思います。

実際に、入院中ケーキなど食べ物の差し入れは不可でした。
個室だったので、正直、隠れて食べようと考えた時もあります。

しかし、食前、食後30分後などの血糖値検査があったので、ばれてしまうのが怖くて食べれなかったという点もあります。

当時、食べたいものが食べれないという点にすごくイライラしたのを覚えています。
特に食べ物がおいしい、夏に入院したので、すごくつらかったのを覚えています。

唯一の楽しみとして、病院から言われたのは、ノンカロリーなら差し入れが可能だったので、ネットや近くのヘルスケア商品の扱いがあるお店などで差し入れを購入してもらってました。

私が入院したのは、2014年だったのですが、ノンカロリーやカロリーゼロなどの飲料が豊富で甘いものといったら、「黒いコーラ」ゼロカロリーコーラが楽しみで母親に差し入れをお願いしていました。
母もゼロカロリーなどが販売されているのをみると差し入れてくれたのですが、アクエリアスのカロリーゼロと書いてあるものが実際は果糖が入っている関係で血糖値が上がるなどのトラブルはありました。

なので、カロリーゼロと書いてますが、果糖や人工甘味料などは詳しくチェックをするといいと思います。

また苦戦したのは血糖値測定と、インシュリン注射です。

私は針がすごく怖く、大人ですが、注射が大の苦手です。
最初は看護師さんがインシュリン注射を打ってくれましたが、自分やるようになるまで時間がかかりました。

インシュリン注射ですが、長時間効くタイプと即効性があるタイプの2種類打っていました。

ひとつは、ノボラピッドというものでした。
病院食でも、油ものなどがあると血糖値が下がりにくく、時間がたっても血糖値が高い為即効性のインシュリン注射を打っていました。
インシュリン注射の回数を減らすために油ものなどがでると避けていたのを覚えています。

またインシュリン注射を打ちやすいという理由から、お腹に打っていたのですが、打つ場所が悪いと痛かったり、内出血になるので本当に嫌でした

また私が針をすごくこわがるので、自動注射装置に変更をしてくれました。
ただ、ペンタイプのインシュリン注射と比べて針が太く痛かったです。

私は、出産後再度検査をして糖尿病ではないと判断されました。

しかし、妊娠糖尿病になると高齢になるにつれて糖尿病になるそうです。
現在も心配なので、半年に1回血液検査を受けています。

現状、夏に血糖値が高いと言われています。
子供を2人いるので、これからも糖尿病以外にも健康に気を付けていきたいと思います。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 体験談
    「頼む・・救急車を呼んでくれないか?・・」という父 私は以前千葉県で暮らしていたのですが、福島…
  2. 2型糖尿病 症状
    失明原因の20%ほどが糖尿病性網膜症によるもの 糖尿病は主にインスリンの作用不足もしくは分泌不…
  3. 糖尿病 食事 血糖値
    "父が糖尿病でした。糖尿病は遺伝すると父はよく言っておりました。 片親が糖尿病なら、子供には2…
  4. 食事 糖尿病 制限
    私の父は40歳代後半から糖尿病を患っていました。 父の家系には糖尿病の人が多く、父方の祖父は糖…
  5. 糖尿病 治療法
    インスリン注射によって生理的なインスリン分泌を補う必要があります 1型糖尿病とは、インスリンを…
  6. 糖尿病とは?
    国内の患者数は約950万人。そんな糖尿病とは? 糖尿病とは、ヘモグロビンA1c値や血糖値が一定…
  7. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  8. 違い 糖尿病
    1型と2型糖尿病とはどのような違いがあるのでしょうか。 糖尿病は、高血圧と並んで多くの日本人が…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  2. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  3. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  4. ゴーヤ ダイエット
    ゴーヤーはダイエットに良い成分が豊富に含まれている優秀な食材 ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属に…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  2. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  3. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  4. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
  5. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status