コーヒー 効果 効能

コーヒーを多く飲む人では糖尿病の発症が減少する??

コーヒーとは、コーヒーノキの種子であるコーヒー豆を焙煎し挽いた粉末から、お湯または水で成分を抽出した飲料です。
コーヒーは世界の多くの国で飲用されている嗜好飲料であり、家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在します。

そして、世界各国において、コーヒー・ハウスやカフェといったコーヒーを提供する喫茶店は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場となってきました。

このようにコーヒーは分化的に大きな役割を果たしてきましたが、さらに、貿易規模が大きい一次製品でもあるため、経済上でも重要視されています。
コーヒーは、コーヒーベルトと呼ばれる北回帰線と南回帰線の間の約70ヶ国で生産されています。

そして、生産されたコーヒーはヨーロッパ、アメリカ、日本などの全世界に輸出されています。

>>糖尿病におすすめ・血糖値を下げる飲料一覧【まとめ】

コーヒーがいつ頃から人間に利用されていたかは、はっきりとした記録が残されていません。

ただ、コーヒーの果実は赤く、その果肉は食べることができます。
そのため、コーヒーの果実が食用とされていたならば、その種子の効用を知る機会も多かったはずなので、有史以前から野生種が利用されていた可能性もあります。

実際、コーヒーのアラビカ種は原産地のエチオピアにおいて、古くから利用されていたという説があるそうです。

そして、13世紀以降になると現在見られるような、焙煎した豆から抽出したコーヒーが登場するようになります。
コーヒーは、最初は一部の修道者だけが用いる宗教的な秘薬でしたが、焙煎によって嗜好品としての特長を備えるようになると、一般民衆へも広がっていきました。

コーヒーの一般民衆の飲用は1454年に正式に認められ、中東・イスラム世界全域からエジプトまで拡大。

16世紀にはオスマン帝国からバルカン諸国、ヨーロッパに伝わりました。

17世紀中にはヨーロッパ全土に伝播し、1668年にはヨーロッパからの移民によって、北米にも伝わっていきます。
日本には、オランダ人が18世紀末に初めて持ち込みました。

その最初の記録は、1804年に刊行された大田南畝氏による「瓊浦又綴」という随筆に記されています。

そんなコーヒーは糖尿病の予防に効果があるとされています。

コーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールの一種が含まれています。
クロロゲン酸には脂肪の燃焼効果があるのですが、その他の作用として、食後の血糖値の上昇を抑制する効果があるとされています。

この作用によりコーヒーは糖尿病に効果があるとされているのですが、この糖尿病予防を目的にコーヒーを引用する場合は、ブラックに近い状態で飲む必要があります。

甘いクリームや砂糖を加えてコーヒーを飲むと、糖分を過剰に摂取することになってしまい、血糖値が上がって逆に糖尿病を発症させたり悪化させてしまうこともありますので、十分に注意が必要です。

コーヒーと糖尿病の関連については、ロブ M. ヴァン ダム氏が「Lancet」に研究結果を発表しています。

2002年に発表された報告によると、コーヒーを多く飲む人では糖尿病の発症が減少するとのことです。
この研究では、約1万7000人のオランダ人男女を、平均約7年間追跡調査したそうです。

その結果、1日に7杯以上コーヒーを摂取する人では、2型糖尿病の発症に対する相対危険度が、コーヒーを1日2杯以下しか摂取しない人の約2分の1になるという結論が示されています。

このようにコーヒーは糖尿病の予防に効果があるようですが、既に糖尿病を発症している方は注意が必要です。

その理由として、コーヒーのカフェインを大量に摂取すると炭水化物の利用効率が悪くなり、血糖値が高くなる可能性があるということが挙げられます。
糖尿病の治療には、食後の血糖値コントロールが非常に重要となります。

そのため、糖尿病を発症してしている方は食事中や食後のコーヒーは控えるようにしましょう。

>>糖尿病におすすめ・血糖値を下げる飲料一覧【まとめ】

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 食事 血糖値
    "父が糖尿病でした。糖尿病は遺伝すると父はよく言っておりました。 片親が糖尿病なら、子供には2…
  2. 1型糖尿病とは?
    1型糖尿病とは、膵臓のβ細胞の破壊によるインスリンの欠乏を原因とする糖尿病となっています。 以…
  3. 私の母と兄弟の糖尿病の体験談です。 母は50代で、兄弟は30代で発病しました。 祖父も糖尿病…
  4. 糖尿病 体験記
    ある朝起床すると左半身にしびれが。食生活の乱れで糖尿病に。 私が糖尿病になったきっかけは、主食…
  5. 違い 糖尿病
    1型と2型糖尿病とはどのような違いがあるのでしょうか。 糖尿病は、高血圧と並んで多くの日本人が…
  6. 食事 糖尿病 制限
    私の父は40歳代後半から糖尿病を患っていました。 父の家系には糖尿病の人が多く、父方の祖父は糖…
  7. 糖尿病 検査
    高齢者のⅡ型糖尿病に多く発症する高浸透圧高血糖症候群 糖尿病合併症には三大合併症をはじめとして…
  8. 糖尿病 治療法
    インスリン注射によって生理的なインスリン分泌を補う必要があります 1型糖尿病とは、インスリンを…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…
  2. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  3. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…
  4. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 発芽玄米 効果 糖尿病 糖質制限
    血糖値を低下させる効果があり、糖尿病におすすめの発芽玄米 発芽玄米とは、玄米を水に1~2日間つ…
  2. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
  3. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  4. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  5. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status