ゴーヤ茶 糖尿病

ゴーヤは糖尿病の予防・改善に効果があることが研究により明らかとなっています。

ゴーヤ茶の元となるゴーヤは、正式名称をツルレイシといい、ウリ科の植物で、未熟な果実を野菜として利用します。
ツルレイシという名称は、ムクロジ科の果樹であるレイシ(ライチ)に似ていることから由来しています。

その似ている点は、イボに覆われた果実の外観と、完熟すると仮種皮が甘くなるという2点であり、ツル性の植物にレイシの実が実っているということでツルレイシという名前になったそうです。

ゴーヤはこのツルレイシの他に果肉が苦いことからニガウリとよばれることもあり、生物学上ではこのニガウリという名称を用いることが、近年では多くなっています。

>>糖尿病におすすめ・血糖値を下げる飲料一覧【まとめ】

ゴーヤには苦み成分であるチャランチンやモモルデシンが含まれています。

これらの成分には、インスリンと同じ作用があるため、血糖値を下げる働きを持っています。
そのため、ゴーヤは糖尿病の予防・改善に効果があることが研究により明らかとなっています。

ゴーヤは、このような働きを持っているため、西洋では「ベジタブルインスリン」と呼んでいるところもあるということです。
また、モモルデシンには、炎症を抑制し、胃液の分泌を促進して食欲を増進させる作用もあります。

そのため、夏バテの予防や胃腸の粘膜保護の効果も期待できます。

また、ゴーヤ茶には蛋白MAP30という成分も含まれています。
この成分にはナチュラルキラー細胞を活性化させる働きがあるため、ガン細胞の増加を抑制する作用があります。

つまり、ゴーヤ茶にはガンを予防・改善する効果も期待できるということになります。

さらに、ゴーヤ茶にはビタミンが豊富に含まれています。

そのビタミンの中でも、特にビタミンCが多く含まれており、その含有量はキャベツの約3倍にもなります。
そのため、美白効果や肌の調子を整える効果が、ゴーヤ茶を飲み続けるだけで得られるということになります。

また、ビタミンCには免疫力強化作用もあります。
したがって、前述のモモルデシンの健胃作用と合わさることで、さらなる夏バテ予防効果が期待できます。

その他、ゴーヤ茶には共役リノール酸という成分も含まれています。

この共役リノール酸には、脂肪を燃焼させる働きがあります。
共役リノール酸は脂肪をエネルギーに変える酵素を活性化し、代謝のスピードを上げるため、有酸素運動を行っているときと同じような体内作用を体にもたらすことができます。

したがって、ゴーヤ茶を飲みながら適度な運動を行えば、より効果的なダイエットを行うことができると考えられます。

ゴーヤ茶には、カリウムも豊富に含まれています。

その含有量は緑茶の約4倍とされており、このカリウムは体の余分な水分や老廃物を排出する働きを持っています。
そのため、デトックス効果が期待でき、特にむくみの改善効果が実感できると考えられます。

このように様々な効能が期待できるゴーヤ茶ですが、前述の通り、カリウムが豊富に含まれていることに注意が必要です。

そのため、腎臓病などを患っている方で、カリウムの摂取量を制限している人は担当の医師と相談してからゴーヤ茶を飲用するようにしましょう

また、ゴーヤにアレルギー反応を持っているという方も、ゴーヤ茶を飲用することは避けるようにしましょう。
ただ、ゴーヤ茶はノンカフェインなので、子供から大人まで安心して飲めるお茶であるというメリットもあります。

夏の季節ではアイスにして飲むと、ゴーヤの風味を抑えることができるので、より飲みやすくなります。
また、ゴーヤ茶は前述の通り、脂肪燃焼効果のあるリノール酸を含んでいます。

そのため、運動前や食前に飲むことでダイエット効果をより上げることも可能となります。

>>糖尿病におすすめ・血糖値を下げる飲料一覧【まとめ】

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. アントニオ猪木 糖尿病
    食べすぎや飲み過ぎで重度の糖尿病なアントニオ猪木さん アントニオ猪木さんは、神奈川県横浜市鶴見…
  2. 妊娠糖尿病 体験談
    出産後の今も「糖尿病」として定期的に通院しインスリン注射をしています。 糖尿病発覚時私は20代…
  3. 糖尿病とは?
    国内の患者数は約950万人。そんな糖尿病とは? 糖尿病とは、ヘモグロビンA1c値や血糖値が一定…
  4. 糖尿病 体験記
    治す気がないのか!と言わんばかりの毎日の生活でした。 私の夫は30代後半で、3年前に体調不良が…
  5. 食事 糖尿病 制限
    私の父は40歳代後半から糖尿病を患っていました。 父の家系には糖尿病の人が多く、父方の祖父は糖…
  6. 糖尿病 飲み物 おすすめ
    糖尿病に効果がある、血糖値を下げる飲み物&お茶を紹介! 糖尿病を治療中の方や、予防をしたい方に…
  7. 糖尿病 ブログ
    四肢における動脈の血流障害を示す代表的な抹消動脈疾患である閉塞性動脈硬化症 糖尿病は血糖値のコ…
  8. 糖尿病 合併症 一覧
    危険!本当に怖い糖尿病の合併症。それぞれの初期症状、自覚症状は? 生活習慣病の中でも危険と言わ…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  2. ゴーヤ 美肌 アンチエイジング
    美肌効果といった夏に嬉しい効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーは夏野菜の王様と呼ばれており、夏バテ…
  3. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…
  4. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  2. 発芽玄米 効果 糖尿病 糖質制限
    血糖値を低下させる効果があり、糖尿病におすすめの発芽玄米 発芽玄米とは、玄米を水に1~2日間つ…
  3. 蕎麦 糖尿病 糖質制限
    蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低い 蕎麦とは、日本の麺類で…
  4. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
  5. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status