テレビ番組で、重度の糖尿病であるとの診断を受けた長州小力さん

長州小力さんは、西口エンタテインメントに所属する日本のお笑いタレントであり、俳優でもあります。
そんな長州小力さんも、糖尿病であることが発覚した芸能人の一人です。

>>糖尿病の芸能人・有名人一覧【まとめ】

長州小力さんの経歴・芸歴は?

長州小力さんの実家はもともと八百屋であり、主に小学校に学校給食用の野菜を卸していました。

そのため、比較的裕福な生活をしていましたが、父親の死後、借金があったことが発覚します。

さらに、その頃流行ったO-157の影響もあり、八百屋の業績はガタ落ちしていきます。長州小力さんはこの八百屋を引き継ぎ、母と二人で頑張って経営していましたが、結局八百屋は倒産してしまいました。

その後、長州小力さんは自分に商才が無く、勉強もできないということ悟り、逆転するためには芸能界しか道はないとして、芸能界入りを決意します。

長州小力さんは、芸人になってすぐの頃は本名で活動していました。

当初は、人形を片手にスーツ姿で人形相手に漫談をするというスタイルで約7年間活動していました。
ただ、全く売れず、また、長州小力さんはジャイアント小馬場さん、アントニオ小猪木さん、ウクレレえいじさん、佐々木孫悟空さんと「ラブ兄弟」という5人組コントユニットも組んでいましたが、こちらも全く売れませんでした。

これらの活動の後、長州小力さんは西口エンタテインメントに所属することになります。

西口エンタテインメントでは、お笑いプロレス団体の西口プロレスのメンバー・長州小力として活動。

その後、長州小力さんは2005年のR-1ぐらんぷりで決勝進出を果たします。
また、フジテレビ系列のバラエティ番組「めちゃx2イケてる」の第8回笑わず嫌い王決定戦に出演を果たし、この頃から人気が急上昇していきました。

さらに2005年、通称「小力パラパラ」と呼ばれる、HINOIチームと「NIGHT OF FIRE」に合わせて踊ったパラパラは、若い女性の間で「キモかわ」として受け、一大ブレイクを巻き起こしました。

しかし、ブームが過ぎ去った現在では、「一発屋芸人」としてテレビに出演することが多くなっています。

駆け込みドクター」という番組で、重度の糖尿病であるとの診断を受けました。

そんな長州小力さんは、2013年に放送されたTBS系列の「駆け込みドクター」という番組で、重度の糖尿病であるとの診断を受けました。

この番組で健康状態のチェックを受けた長州小力さんは、循環器科、内科、消化器科に異常が見つかり、その異常項目は、AST、ALT、γ-GTP、コレステロール、中性脂肪、LDLコレステロール、血糖値251、HbA1c=11.8など、合計15項目にも上ったそうです。

この項目の中でHbA1cという値の平均値は通常ならば2~3以下であるとのことなので、11.8という値である長州小力さんは既に糖尿病であるという結果になったのです。

そして、このままの状態であれば、心筋梗塞、肝硬変、糖尿病による意識障害を発症する危険性があるということがいわれ、放置していれば2020年のオリンピックを見ることができないという診断を受けました。

放映時が2013年であったため、東京オリンピックまでの7年が寿命という余命宣告を長州小力さんは受けたことになります。
その後、同番組内では「長州小力健康改善プロジェクト」が結成されました。

そして、ドクターやスタッフによる徹底した健康管理が始まり、食事制限や有酸素運動を行っていったそうです。

また、インシュリン注射による治療も開始されたことから長州小力さんの糖尿病の数値も徐々に良くなっていったということです。

ただ、油断して食事制限等を緩めてしまうと、すぐに症状が悪化してしまうのが糖尿病の怖いところです。

長州小力さんには、これからも油断せず、糖尿病の治療に取り組んでいってほしいなと思います。

>>糖尿病の芸能人・有名人一覧【まとめ】

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 血糖値検査 
    血糖値の検査について解説していきます。  世界的に糖尿病患者の数は非常に膨大であり、現在では全…
  2. 2型糖尿病 症状
    失明原因の20%ほどが糖尿病性網膜症によるもの 糖尿病は主にインスリンの作用不足もしくは分泌不…
  3. 私の母と兄弟の糖尿病の体験談です。 母は50代で、兄弟は30代で発病しました。 祖父も糖尿病…
  4. 糖尿病 飲み物 おすすめ
    糖尿病に効果がある、血糖値を下げる飲み物&お茶を紹介! 糖尿病を治療中の方や、予防をしたい方に…
  5. 高血糖 薬物療法
    インスリン抵抗性によるⅡ型糖尿病に適応があるビグアナイド薬とは? ウィルス感染で免疫に異常が生…
  6. アントニオ猪木 糖尿病
    食べすぎや飲み過ぎで重度の糖尿病なアントニオ猪木さん アントニオ猪木さんは、神奈川県横浜市鶴見…
  7. 糖尿病 治療法
    血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。 、通常の健康な人の場合、空腹時血糖値は…
  8. 薬物療法 糖尿病
    インスリンを分泌させる?スルフォニル尿素薬(SU薬)とは? インスリンという言葉を耳にしたこと…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  2. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  3. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  4. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. アーモンド 糖質制限 糖尿病
    インシュリンの分泌やその働きをサポートするアーモンド アーモンドとは、バラ科サクラ属の落葉高木…
  2. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  3. 発芽玄米 効果 糖尿病 糖質制限
    血糖値を低下させる効果があり、糖尿病におすすめの発芽玄米 発芽玄米とは、玄米を水に1~2日間つ…
  4. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
  5. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status