津川雅彦さんの場合。【糖尿病の有名人・芸能人】

津川雅彦 糖尿病

甘いもの好きが原因?糖尿病治療中の津川雅彦さん

津川雅彦さんは、京都市中京区出身の日本の俳優、芸能プロモーター、評論家、映画監督であり、映画監督時にはマキノ雅彦という別名義の名前を名乗っています。

そんな津川雅彦さんも糖尿病を患っています。

>>糖尿病の芸能人・有名人一覧

津川雅彦さんの経歴・芸歴は?

津川雅彦さんは、洛星中学校から同志社高校へ進み、早稲田大学高等学院編入・中退を経て、明治大学付属中野高等学校、文化学院を卒業しています。
津川雅彦さんは、芸能一家に生まれたため、子役として幼い頃から澤村マサヒコという名前で、既に数本の映画に出演していました。

そして、1954年までは本名である加藤雅彦という名前で活動しており、その後、石原慎太郎氏によって津川雅彦と命名されました。
そのきっかけは、津川雅彦さんの本格的な銀幕デビュー作となった日活映画の「狂った果実」であり、同様にこの映画が本格的な主演デビューとなる石原裕次郎氏の弟役を探していた石原慎太郎氏が津川雅彦さんを一目見て気に入ったことでした。

石原慎太郎氏は、津川雅彦さんの実家である沢村家に頼み込んで強引にキャスティングし、その際に前述の津川雅彦という名前の名付け親にもなりました。

しかし、津川雅彦さん本人は早稲田高等学校に在籍中の時期で、新聞記者に憧れていたとのことで、映画については夏休み中でもあったため、「1本くらい出てもいいか」という軽い気持ちであったとのことです。

ところが、この映画はヒットとなり、津川雅彦さんもたちまちスターとなっていき、日活の看板役者となってしまいます。

津川雅彦さんは、自身の人気が絶頂であった1958年に松竹へと移籍します。

しかし、この松竹に在籍していた時期はヒット作に恵まれませんでした。
そのため、津川雅彦さんは1964年に松竹を退社。

フリーに転身し、テレビなどに活動の場を広げるようになりました。

そのような時期の1969年、津川雅彦さんとデヴィ・スカルノさんとの不倫騒動が発覚します。
この騒動がきっかけとなり、津川雅彦さんは仕事が激減し、窮地に陥りますが、1972年に開始された必殺シリーズの悪役に起用されて、再びブレイクを果たします。

津川雅彦さんは、1982年には「マノン」でブルーリボン賞助演男優賞を受賞し、伊丹十三監督作品の常連として活躍するようになります。
その作品の中で、厳しい演技指導を受けることによって演技に開眼していき、中年となってからは好色な中年男性役で本領を発揮するようになっていきます。

その他、ジェームス三木作品、渡辺淳一作品にも多く出演しており、津川雅彦さんは、ジェームス三木氏、伊丹十三氏、渡辺淳一氏がいなければ今日の自分はいなかったと後日話しています。

また、津川雅彦さんは時代劇において徳川家関係の人物を多く演じており、大河ドラマだけでも、徳川家康、綱吉、慶喜を演じており、さらに、三英傑である織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の全てを演じています。

このような活躍が認められ、津川雅彦さんは、旭日小綬章を2014年春の叙勲で受賞しています。

その他では、津川雅彦さんには、1993年に映画監督のオファーが来ていました。
そのため、このt気に病床についていたマキノ雅弘氏に映画監督時の名義である「マキノ」を名乗ることに対して了解をもらったそうです。

ただ、この時の映画監督の企画は頓挫してしまい、初監督作品は2006年の「寝ずの番」となります。

また、この年には津川雅彦さんは、紫綬褒章受章を受賞しています。

そんな津川雅彦さんは、全国各地のお菓子を取り寄せて試し食いするほどの甘いもの好きです。

しかし、そのようなことも影響したのか、糖尿病を患うようになってしまいました。

そして、糖尿病を患ってから、津川雅彦さんは甘いものを控えるようにしているそうです。

津川雅彦さんは、現在77歳と高齢ですので、身体を大事にするようにし、芸能界で長く活躍していってほしいなと思います。

>>糖尿病の芸能人・有名人一覧

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 1型糖尿病 子供
    普通の食生活でしたが、幼稚園の時に1型糖尿病と診断されました。 糖尿病だと明らかになったのは私…
  2. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  3. 清原 糖尿病 重症
    実は非常に多い糖尿病の芸能人・有名人 予備群の方を合わせると日本国内に約2000万人存在する糖…
  4. 糖尿病とは?
    国内の患者数は約950万人。そんな糖尿病とは? 糖尿病とは、ヘモグロビンA1c値や血糖値が一定…
  5. 糖尿病
    八糖仙は、糖質を抑え、糖質ブロックを可能にしてくれるサプリメント 八糖仙は、1日5粒を目安に飲…
  6. 糖尿病 仕組み 原因
    第一の原因はインスリンの絶対量が不足することによって発症する 糖尿病は生活習慣病の一つであり、…
  7. 糖尿病 ブログ
    四肢における動脈の血流障害を示す代表的な抹消動脈疾患である閉塞性動脈硬化症 糖尿病は血糖値のコ…
  8. 清原 糖尿病 重症
    拘留中も重度の症状で極秘で病院に通っていた清原和博さん 清原和博さんは、野球評論家、タレントで…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  2. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  3. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  4. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  2. 発芽玄米 効果 糖尿病 糖質制限
    血糖値を低下させる効果があり、糖尿病におすすめの発芽玄米 発芽玄米とは、玄米を水に1~2日間つ…
  3. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
  4. 胡麻 糖尿病 糖質制限
    コレステロール値や血圧値を改善する胡麻 胡麻はゴマ科ゴマ属の一年草で、主に種子が食材、食用油な…
  5. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status