ゴーヤ 美肌 アンチエイジング

美肌効果といった夏に嬉しい効果が期待できるゴーヤ

ゴーヤーは夏野菜の王様と呼ばれており、夏バテ解消、胃腸を元気にする、美肌効果といった夏に嬉しい効果が期待できます。
この中の美肌効果に欠かせない栄養素がビタミンCですが、ゴーヤーにビタミンCがどのくらい含まれているかということはあまり知られていないようです。

ゴーヤーにはビタミンCが100gあたり76mgと豊富に含まれています

この含有量はレモンの2~4倍、同じ夏野菜であるキュウリやトマトの5倍以上という含有量になります。
ビタミンCには、抗酸化作用が非常に強いという特徴があります。

そのため、攻撃物質から身体(皮膚)を守り、細胞を元気にして新陳代謝を助けるという効果が期待できます。

ビタミンCによる具体的な美容・健康効果としては、免疫力アップ、疲労回復、ストレス耐性のアップ、肌細胞の生まれ変わりを促進させるといったものがあり、その効果は多岐にわたっています。また、ビタミンCには、メラニン色素を還元し、美白にする効果もありますので、日焼けやシミ・ソバカスをケアすることができます

夏の女性の大きな悩みとして、紫外線による肌ダメージが気になったり、日焼けで肌がヒリヒリ痛むという事がありますので、ビタミンCをたっぷり含むゴーヤーを夏に食べることは、これらの予防に役立つでしょう

また、ゴーヤーのビタミンCは、野菜の中で唯一、加熱しても壊れないという特徴を持っています

そのため、熱に弱いビタミンCを炒め物や揚げ物から摂取することは通常では難しいのですが、ゴーヤーならゴーヤーチャンプルーや天ぷらといった炒め物や揚げ物からでも、ビタミンCを摂取することができます。

その他、ゴーヤーには美容に効果のある成分が豊富に含まれています。

その他、ゴーヤーにはお肌を保護するビタミンB1・B12、デトックスに欠かせない食物繊維、美肌に欠かせない葉酸・鉄といった美容に効果のある成分が豊富に含まれています

また、お肌のキメを整えるのに欠かせないカルシウム、アンチエイジングに効果のあるβ-カロテンも含まれています。

カルシウムというと、動物性の食品である魚や牛乳等をイメージしがちですが、実はゴーヤーのような野菜にもカルシウムは多く含まれており、その含有量は牛乳の14倍となっています。

このカルシウムには骨や歯を丈夫にする効果の他に、免疫力アップ、老化防止、イライラを抑えて情緒を安定させるといった美容・健康への効果も期待できます。

さらに、β-カロテンは緑黄色野菜の鮮やかな色を構成している色素の一種で、ビタミンCと同様に強力な抗酸化作用を持っています。

抗酸化作用とは、体内の活性酸素という悪玉酵素の攻撃から細胞を守る働きのことであり、老化防止やガン予防に効果を発揮します。

β-カロテン・ビタミンAは皮膚や粘膜などの健康に特に大きく関わっています。

また、β-カロテンは体の中でビタミンAに変換されることがあるのですが、このβ-カロテン・ビタミンAは皮膚や粘膜などの健康に特に大きく関わっています。

そのため、肌に潤いを与え、新陳代謝を促進させるという効果が期待できます。

さらに、色素として網膜で使用され、視力低下や目の病気を防いだり、呼吸器・消化器の粘膜を丈夫にし、免疫力をアップさせるといった効果も期待できます。

このようにゴーヤーには美容・健康に大きな効果が期待できるのですが、このような効果は意外と知られていないかもしれません。

特に女性はゴーヤーを食べて、日焼けやシミに強い肌作りを目指してみてはいかがでしょうか。

そんなゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」

ここまでご紹介してきたとおり、美肌効果&肌のアンチエイジングに非常にお勧めの食材ゴーヤ。

しかし、美肌効果&肌のアンチエイジングに良いからと言って毎日毎日食べる事は不可能と言って良いでしょう。
そもそもゴーヤは6月~8月がシーズンの野菜であり、通年を通して手に入れること自体が困難なのです。

そこでおススメなのがゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」です。

独自に開発した方法を使ってゴーヤから抽出された成分を使用した製品であり、非常に手軽にかつ、コスパ良くゴーヤの有用成分を摂取できます。

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

4週間のヒトへ対する臨床試験結果は・・・

そんな「ゴーヤミン」ですが、信頼度という面でも非常にしっかりしていると言えます。

開発元がしっかりと4週間のヒトへ対する臨床試験を実施しているのです。

結果はしっかりと「ゴーヤミン」のサラサラパワーが確認されており、効果を気にする方も安心して服用できますね。




ゴーヤミンを購入する

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  2. 違い 糖尿病
    1型と2型糖尿病とはどのような違いがあるのでしょうか。 糖尿病は、高血圧と並んで多くの日本人が…
  3. 糖尿病 体験談
    「頼む・・救急車を呼んでくれないか?・・」という父 私は以前千葉県で暮らしていたのですが、福島…
  4. 薬物療法 糖尿病
    インスリンを分泌させる?スルフォニル尿素薬(SU薬)とは? インスリンという言葉を耳にしたこと…
  5. 糖尿病 ブログ
    元気だった祖母が急に倒れて救急車で運ばれるという事態が起こりました。 その日の午前中は普段と特…
  6. アントニオ猪木 糖尿病
    食べすぎや飲み過ぎで重度の糖尿病なアントニオ猪木さん アントニオ猪木さんは、神奈川県横浜市鶴見…
  7. 糖尿病 飲み物 おすすめ
    糖尿病に効果がある、血糖値を下げる飲み物&お茶を紹介! 糖尿病を治療中の方や、予防をしたい方に…
  8. 糖尿病 1型糖尿病 子供
    普通の食生活でしたが、幼稚園の時に1型糖尿病と診断されました。 糖尿病だと明らかになったのは私…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  2. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…
  3. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  4. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
  2. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  3. 発芽玄米 効果 糖尿病 糖質制限
    血糖値を低下させる効果があり、糖尿病におすすめの発芽玄米 発芽玄米とは、玄米を水に1~2日間つ…
  4. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  5. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status