ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判

ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜)

ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常に苦味が強い瓜で、その原産地は熱帯アジアといわれています。

ただ、熱帯アジア以外の熱帯地域でもゴーヤーの野生種は見られており、食用には完熟する前の未熟果が用いられています。

ゴーヤーは、沖縄ではゴーヤーチャンプルーで使用されていたりして、お馴染みの野菜となっていますが、今では関東などの地域でも栽培が盛んとなっています。

ゴーヤーは近年、日除けをして夏の厚さをしのぐためのグリーンカーテン用として、一般家庭で栽培されるようになりました。

このような背景から、種苗メーカーでは様々な品種のゴーヤーが販売されるようになり、変わった品種ではイボが無いゴーヤーや、白いゴーヤーといった品種があるそうです。

レタスや三つ葉等とほぼ同じ低カロリー

ゴーヤーのカロリーは、100g当たり17kcalであり、これはレタスや三つ葉等とほぼ同じカロリーとなっています。

しかし、ゴーヤーはこのような少ないカロリーでありながら、ビタミンCがキュウリやトマトの約5倍含まれています。

具体的な含有量でいうと、キュウリに含まれているビタミンCの量は14mg、トマトに含まれているビタミンCの量は15mgであるのに対し、ゴーヤーには76mgものビタミンCが含まれているとのことです。

果物のキウイフルーツにはビタミンCが多く含まれているとされていますが、このキウイフルーツに含まれるビタミンCの含有量は69mgですので、ゴーヤーに含まれているビタミンCの量が如何に多いかがわかると思います。

また、ビタミンCは熱に弱いという特性があり、通常加熱すると壊れやすいという欠点があります。

しかし、ゴーヤーに含まれているビタミンCは、野菜の中で唯一熱に強いという特徴を持っています

また、β-カロテン、ビタミンB群のほか、鉄分、葉酸、カリウムといったミネラル分も豊富に含まれています。

ゴーヤにはミネラル分も豊富に含まれています。

カリウムはブロッコリーに豊富に含まれているとされていますが、100gあたりの含有量を比較してみると、ブロッコリーが160mgであるのに対し、ゴーヤーには260mgものカリウムが含まれています。

また、鉄分においては、トマト100gに0.2mg含まれているのに対し、ゴーヤー100gには0.4mgと倍の量が含まれています。

さらにゴーヤーには食物繊維も多く含まれており、青ピーマン100gに2.3g含まれているのに対し、ゴーヤー100gには2.6g含まれています。

このように栄養が豊富に含まれている野菜であるピーマンやトマトと比較しても、ゴーヤーのほうが含有量が多く、栄養価が高いということがわかります。

ゴーヤーの効果としてはなにがあるの?

夏バテ・疲労回復、食欲不振、血糖値の安定、血液サラサラ効果、高血圧予防、むくみ・便秘の解消、ダイエット、老化防止・美肌効果、紫外線・シミ対策、肌荒れ・ニキビ予防といったものがあり、実に様々な効果が期待できます。

その他、ゴーヤーにはそれを用いた民間療法も伝わっています。

その中には、ゴーヤーの葉茎を潰して絞った汁を皮膚に塗るというものがあり、これは汗疹・虫刺されや熱を持ったできものに効くとされています。

また、ゴーヤーを入浴剤替わりに使い、ゴーヤー風呂とするものもあります。

このゴーヤー風呂では疲労回復・リラックス効果があり、肌がスベスベになる美肌効果もあるとされています。

そんなゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」

ここまでご紹介してきたとおり、血糖値を下げ糖尿病の予防や対策に非常にお勧めの食材ゴーヤ。

しかし、糖尿病の予防や対策に良いからと言って毎日毎日食べる事は不可能と言って良いでしょう。
そもそもゴーヤは6月~8月がシーズンの野菜であり、通年を通して手に入れること自体が困難なのです。

そこでおススメなのがゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」です。

独自に開発した方法を使ってゴーヤから抽出された成分を使用した製品であり、非常に手軽にかつ、コスパ良くゴーヤの有用成分を摂取できます。

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

4週間のヒトへ対する臨床試験結果は・・・

そんな「ゴーヤミン」ですが、信頼度という面でも非常にしっかりしていると言えます。

開発元がしっかりと4週間のヒトへ対する臨床試験を実施しているのです。

結果はしっかりと「ゴーヤミン」のサラサラパワーが確認されており、効果を気にする方も安心して服用できますね。




ゴーヤミンを購入する

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 仕組み 原因
    第一の原因はインスリンの絶対量が不足することによって発症する 糖尿病は生活習慣病の一つであり、…
  2. 糖尿病 治療法
    血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。 、通常の健康な人の場合、空腹時血糖値は…
  3. 私の母と兄弟の糖尿病の体験談です。 母は50代で、兄弟は30代で発病しました。 祖父も糖尿病…
  4. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  5. 糖尿病 検査
    高齢者のⅡ型糖尿病に多く発症する高浸透圧高血糖症候群 糖尿病合併症には三大合併症をはじめとして…
  6. 食事 糖尿病 制限
    私の父は40歳代後半から糖尿病を患っていました。 父の家系には糖尿病の人が多く、父方の祖父は糖…
  7. 糖尿病 食事 血糖値
    "父が糖尿病でした。糖尿病は遺伝すると父はよく言っておりました。 片親が糖尿病なら、子供には2…
  8. 2型糖尿病 症状
    インスリン抵抗性、相対的インスリン不足が特徴の2型糖尿病とは? 2型糖尿病とは、長期的代謝異常…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  2. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  3. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  4. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  2. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  3. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  4. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
  5. 胡麻 糖尿病 糖質制限
    コレステロール値や血圧値を改善する胡麻 胡麻はゴマ科ゴマ属の一年草で、主に種子が食材、食用油な…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status