夏バテ ゴーヤ

ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜

ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地となっています。

ゴーヤーには独特の苦味があり、別名「ニガウリ」おも呼ばれています。

ゴーヤーは現在においては、夏になると沖縄県等だけではなく、全国のスーパーで手に入るようになりました。
ゴーヤーには優れた栄養成分が豊富に含まれていることから、今ではすっかり親しみやすい野菜の仲間入りをしています。

沖縄県は、100歳以上の人の県内の人口に占める割合が全国平均の約3倍という、日本一の長寿県です

。また、沖縄は、心臓疾患、糖尿病、ガンが原因で死ぬ人の割合が全国で一番少ないという県でもあります。
その理由として、沖縄県ならではの食生活、温暖な気候、高齢者を大切にする風習などが挙げられます。

この理由のうち、沖縄県ならではの食生活で用いられている食材がゴーヤーであり、この沖縄県で伝統的に食されてきたゴーヤーが長寿と健康を支えてきたともいわれています。

そして、このゴーヤーが夏バテ予防におすすめとされているのです。

ゴーヤーには豊富なビタミンCが含まれている

その理由として、まず、ゴーヤーには豊富なビタミンCが含まれているということが挙げられます。

ビタミンCには、疲労や心身のストレスを回復する働きがある
とされているので、夏バテ対策には最適な栄養成分といえます。

ゴーヤーには、このビタミンCが1本につき、ほうれん草の約2倍、レモン約2個分に相当するほど豊富に含まれています。

ただ、ビタミンCには、熱に弱いという欠点があるため、食材を炒め物等に調理して加熱すると壊れてしまいます。
しかし、ゴーヤーに含まれているビタミンCは加熱しても壊れにくいという特徴を持っているため、ゴーヤーチャンプルーなどの炒め物でもビタミンCは壊れずに残っています。

そのため、ゴーヤーを調理して食べたとしても、ビタミンCを摂取することができるのです。
また、ゴーヤーのような、ビタミンCといった抗酸化物質を含む植物性食品には、動物性食品を一緒に組み合わせて摂取すると、その抗酸化力がさらに高まるという性質があります。

そのため、前述のゴーヤーチャンプルーのようなゴーヤーと肉を一緒に炒める料理は、暑い沖縄で暮らす人の元気の源となり、夏バテ対策に最適な料理だといえます。

さらに、ミネラル類も豊富に含まれています。

さらに、ゴーヤーには、ビタミンB1やβ-カロチン、その他にカリウム、リン、鉄分などといったミネラル類も豊富に含まれています。
これらの成分には、疲労回復効果や体のむくみ解消の効果があるため、このような効果も夏バテ予防に大いに役立つといえます。

また、ゴーヤーは夏野菜であるということもあり、体を冷やす効果もあります

そのため、暑い夏の時期に、気温の上昇によって熱を持ってしまった体を冷やしてくれますので、熱を持って疲労してしまった夏の体にうれしい野菜であるといえるでしょう。

ただ、ゴーヤーにはこのような体を冷やす働きがあることから、食べ過ぎると体が冷えすぎてしまう恐れがあります。

また、ゴーヤーには胃酸の分泌を促進し、消化を助ける働きがあるため、食べ過ぎると胃痛を起こす方もいます。
さらに、ゴーヤー独特の苦味成分も刺激が強いものであることから、食べ過ぎには十分に注意するようにし、適量の摂取を心がけるようにしましょう。

そんなゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」

ここまでご紹介してきたとおり、夏バテの予防や対策に非常にお勧めの食材ゴーヤ。

しかし、夏バテに良いからと言って毎日毎日食べる事は不可能と言って良いでしょう。
そもそもゴーヤは6月~8月がシーズンの野菜であり、通年を通して手に入れること自体が困難なのです。

そこでおススメなのがゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」です。

独自に開発した方法を使ってゴーヤから抽出された成分を使用した製品であり、非常に手軽にかつ、コスパ良くゴーヤの有用成分を摂取できます。

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

4週間のヒトへ対する臨床試験結果は・・・

そんな「ゴーヤミン」ですが、信頼度という面でも非常にしっかりしていると言えます。

開発元がしっかりと4週間のヒトへ対する臨床試験を実施しているのです。

結果はしっかりと「ゴーヤミン」のサラサラパワーが確認されており、効果を気にする方も安心して服用できますね。




ゴーヤミンを購入する

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. アントニオ猪木 糖尿病
    食べすぎや飲み過ぎで重度の糖尿病なアントニオ猪木さん アントニオ猪木さんは、神奈川県横浜市鶴見…
  2. 糖尿病 仕組み 原因
    第一の原因はインスリンの絶対量が不足することによって発症する 糖尿病は生活習慣病の一つであり、…
  3. 糖尿病とは?
    国内の患者数は約950万人。そんな糖尿病とは? 糖尿病とは、ヘモグロビンA1c値や血糖値が一定…
  4. 糖尿病 治療法
    インスリン注射によって生理的なインスリン分泌を補う必要があります 1型糖尿病とは、インスリンを…
  5. 高血糖 薬物療法
    インスリン抵抗性によるⅡ型糖尿病に適応があるビグアナイド薬とは? ウィルス感染で免疫に異常が生…
  6. 薬物療法 糖尿病
    インスリンを分泌させる?スルフォニル尿素薬(SU薬)とは? インスリンという言葉を耳にしたこと…
  7. 糖尿病 治療法
    血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。 、通常の健康な人の場合、空腹時血糖値は…
  8. 糖尿病 検査
    高齢者のⅡ型糖尿病に多く発症する高浸透圧高血糖症候群 糖尿病合併症には三大合併症をはじめとして…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…
  2. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  3. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…
  4. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
  2. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  3. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
  4. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  5. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status