ギムネマ茶 糖尿病

サラシア茶は飲むだけでダイエット効果があるといわれています。

サラシア茶は、ニシキギ科の樹木であるサラシアの、地下部の根の部分を使用して作ったお茶です。
このサラシア茶は飲むだけでダイエット効果があるといわれており、その効果はWHO(世界保健機関)でも公式に認められています

サラシアとは、前述のニシキギ科あるいはデチンムル科のつる性の植物のことです。

その学名はサラシア・レティキュラータといい、サラシアは1つの植物を指す言葉ではないため、本来は「サラシア属」というのが正しいのだそうです。

サラシアの原産地は、ミャンマーやタイなどの東南アジアから、南アジアのスリランカやインドまで広範囲に広がっています。
この中でスリランカに生息しているサラシアは、コタラヒムブツと呼ばれています。

シンハラ語で「神の恵み」を表す言葉が、このコタラヒムブツだそうです。

サラシアは、インドにおいては伝統医療のアーユルヴェーダで、2000年も前から使用されてきました。

その中では、ダイエットや健康目的で、主に王族や上流階級の人々がサラシアの根を煎じたもの、今でいうサラシア茶を飲用していたそうです。

また、サラシアの根は腰痛やリウマチなどに効果がある薬として、中国の伝統医学である「中医学」においても昔から使用されてきました。
このようにサラシアは、古くから世界各地において、薬草としての役割を果たしてきました。

しかし、サラシアの有効成分が科学的に研究され始めたのは、ここ10年ほどの間だそうです。そ
のため、サラシアはまだ研究途中ではありますが、生理学のみならず、医学的な研究も行われています。

そして、糖尿病や肥満に効果があることは既に立証されているのです。

サラシア茶は既にトクホ(特定保健用食品)にも認定されています。

つまり、消費者庁によって、インスリンの分泌量が減少して発生する糖尿病である2型糖尿病を予防する優れた効果がある飲料であることが立証されているのです。

このサラシア茶には、サラシノールとコタノールという成分が含まれています。
サラシア茶の糖尿病を予防する効能は、この2つの成分の働きによるものです。

これらの成分には、血糖値の上昇を抑え、デンプンをブドウ糖に分解する酵素の発生を抑制する働きがあることがわかっており、この働きによって、余分な糖分の吸収を防ぐことができます。

そのため、これらの成分には糖尿病の予防だけではなく、ダイエットや肥満防止の効果も期待できます。

また、サラシノールには、人間の腸内においてオリゴ糖を増加させる働きもあり、このオリゴ糖は乳酸菌などの善玉菌のエサとなります。
これにより、腸内細菌が活発化するため、腸内環境が改善されます。

したがって、便秘解消の効果も期待できます。

サラシア茶には、ポリフェノール類も含まれています。

また、サラシア茶には、ポリフェノール類も含まれており、このポリフェノール類には抗酸化作用があります。

そのため、コレステロール値を下げる効果があり、これによって血液をサラサラにすることができます。

このように血液がサラサラになると、前述のサラシノールやコタノールの働きが活発になります。
したがって、さらなる糖尿病の予防効果や肥満防止の効果が期待できるようになります。

また、このポリフェノールによる抗酸化作用は老化を予防するといわれています。

そのため、体内の細胞を元気にし、アンチエイジング効果が期待できます。
さらに、サラシア茶にはポリフェノールの他にマンギフェリンといった成分も含まれています。

このポリフェノールやマンギフェリンは美容に効果的な成分といわれています。
ポリフェノールには、肌のしわ・たるみを予防する抗酸化作用、肌荒れ・にきびを防ぐ殺菌効果があり、マンギフェリンには脂肪の吸収を抑制して、分解をサポートする効果があります。

このように様々な効能があるサラシア茶ですが、血糖値上昇抑制作用がありますので、肝臓疾患を患っている人、妊娠中もしくは授乳中の人は飲用を避けるべきとされています。

特に血糖値降下薬を服用している人は、サラシア茶を飲用する前に必ず担当の医師と相談するようにしましょう。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 相撲 力士 糖尿病
    相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。 その頃の私の職業は力士でした。 身長は18…
  2. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  3. 2型糖尿病 症状
    失明原因の20%ほどが糖尿病性網膜症によるもの 糖尿病は主にインスリンの作用不足もしくは分泌不…
  4. 糖尿病 仕組み 原因
    血糖をコントロールする役割を持っているのがインスリン(インシュリン) インスリン(インシュリン…
  5. 糖尿病 初期症状
    30代主婦です。この1年、あまり体調が良くありませんでした 症状は、食事の後にのどが渇き、…
  6. 私の母と兄弟の糖尿病の体験談です。 母は50代で、兄弟は30代で発病しました。 祖父も糖尿病…
  7. 血糖値検査 
    血糖値の検査について解説していきます。  世界的に糖尿病患者の数は非常に膨大であり、現在では全…
  8. 清原 糖尿病 重症
    実は非常に多い糖尿病の芸能人・有名人 予備群の方を合わせると日本国内に約2000万人存在する糖…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  2. ゴーヤ ダイエット
    ゴーヤーはダイエットに良い成分が豊富に含まれている優秀な食材 ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属に…
  3. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  4. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  2. きのこ 糖尿病 糖質制限
    低糖質な「きのこ」で糖尿病対策! きのこは栄養価が高くカロリーがほとんどない食品であるため、糖…
  3. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
  4. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
  5. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status