肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ

肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ

ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できますが、まず、肥満とは正常な状態と比較して体重が多い状況、あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状態のことをいいます。

この体脂肪はその付く場所によって、大きく「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2つに分かれており、皮下脂肪とは皮膚の下に付いている脂肪のことをいいます。

その一方で、腸の周りに付く脂肪のことを内臓脂肪といい、この内臓脂肪が多く蓄積すると、ウエスト周りの大きさに影響を与えるとされています。

したがって、内臓脂肪がたまった内臓脂肪型肥満の方は、お腹がぽっこり出た体型の見た目となってしまいます。

その一方で、皮下脂肪型肥満の方は腰回り、お尻、太ももといった下半身を中心に脂肪がたまった体型となります。

そして、この内臓脂肪型肥満の方が蓄積している内臓脂肪が、メタボリックシンドロームに深く関与しています。

メタボリックシンドロームは、別名「内臓脂肪症候群」といいます。

つまり、メタボリックシンドロームとは、前述のお腹がぽっこり出た体型の方、つまり内臓脂肪型肥満の方が「高血糖」、「高血圧」、「高脂血症」などの危険因子を併せ持っている「状態」のことを指すのです。

これらの危険因子を持っていると、動脈硬化を飛躍的に進行させてしまい、その結果、脳梗塞や心筋梗塞などの命に関わる病気を発症させたりするリスクが高くなってしまいます。

メタボリックシンドロームの診断基準としては、腹囲が男性85cm以上、女性が90cm以上であり、さらに、血圧の上(収縮期)が130mmHg以上、または、下(拡張期)が 85mmHg以上、血糖値の空腹時血糖が110mg/dl以上、脂質の中性脂肪が150mg/dl以上、または、HDLコレステロール40mg/dl未満といった項目のうち、2つ以上あてはまるものがあればメタボリックシンドロームと診断されます。

また、腹囲が男性85cm以上、女性が90cm以上であり、血圧、血糖値、脂質のうち1つの項目が該当する人のことをメタボリックシンドローム予備軍といいます。

平成16年の厚生労働省の調査によると、40~74歳の男性の2人に1人女性の5人に1人がメタボリックシンドローム予備軍と考えられていますので、注意が必要です。

ゴーヤーには、このような肥満&メタボリックシンドローム症候群を予防する効果が期待できます。

ゴーヤーには、コロソリン酸というタンパク質が含まれています。
このコロソリン酸は植物インスリンとも呼ばれており、血糖値の安定作用があることが確認されています。

また、このコロソリン酸だけではなく、ゴーヤーの苦味成分である「モモルデシン」や「チャランチン」にも膵臓を活性化させる働きがあることから、血糖の代謝作用があるといわれています。

また、このモモルデシンやチャランチンには活性酸素の生成を抑制する働きがあることから、抗酸化作用やコレステロール低下作用があるとされています。

さらにモモルデシンには、肝臓の中性脂肪を減少させる作用があるとされています。

そのため、肝機能を高める働きやコレステロール低減作用があるといわれています。

また、ゴーヤーには、体内からナトリウムを排出する効果を発揮するカリウムが多く含まれているため、これらの成分との相乗効果によって高血圧などの生活習慣病予防に役立つと考えられています。

このように、ゴーヤーには血糖値を安定させたり、高血圧等を予防する働きがあることから、肥満やメタボリックシンドロームの予防に効果を発揮すると考えられているのです。

そんなゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」

ここまでご紹介してきたとおり、肥満やメタボリックシンドロームの予防や対策に非常にお勧めの食材ゴーヤ。

しかし、肥満やメタボリックシンドロームの予防や対策に良いからと言って毎日毎日食べる事は不可能と言って良いでしょう。
そもそもゴーヤは6月~8月がシーズンの野菜であり、通年を通して手に入れること自体が困難なのです。

そこでおススメなのがゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」です。

独自に開発した方法を使ってゴーヤから抽出された成分を使用した製品であり、非常に手軽にかつ、コスパ良くゴーヤの有用成分を摂取できます。

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

4週間のヒトへ対する臨床試験結果は・・・

そんな「ゴーヤミン」ですが、信頼度という面でも非常にしっかりしていると言えます。

開発元がしっかりと4週間のヒトへ対する臨床試験を実施しているのです。

結果はしっかりと「ゴーヤミン」のサラサラパワーが確認されており、効果を気にする方も安心して服用できますね。




ゴーヤミンを購入する

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 ブログ
    元気だった祖母が急に倒れて救急車で運ばれるという事態が起こりました。 その日の午前中は普段と特…
  2. 糖尿病 検査
    血糖値の管理指標であるグリコアルブミン(GA)の検査 グリコアルブミンという言葉を耳にしたこと…
  3. 糖尿病 初期症状
    予備群の方を合わせると日本国内に約2000万人存在する糖尿病 糖尿病は、自分には関係ないと考え…
  4. 相撲 力士 糖尿病
    相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。 その頃の私の職業は力士でした。 身長は18…
  5. 糖尿病 体験談
    「頼む・・救急車を呼んでくれないか?・・」という父 私は以前千葉県で暮らしていたのですが、福島…
  6. 清原 糖尿病 重症
    拘留中も重度の症状で極秘で病院に通っていた清原和博さん 清原和博さんは、野球評論家、タレントで…
  7. 2型糖尿病 症状
    失明原因の20%ほどが糖尿病性網膜症によるもの 糖尿病は主にインスリンの作用不足もしくは分泌不…
  8. 違い 糖尿病
    1型と2型糖尿病とはどのような違いがあるのでしょうか。 糖尿病は、高血圧と並んで多くの日本人が…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  2. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…
  3. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  4. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 発芽玄米 効果 糖尿病 糖質制限
    血糖値を低下させる効果があり、糖尿病におすすめの発芽玄米 発芽玄米とは、玄米を水に1~2日間つ…
  2. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
  3. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  4. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  5. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status