ゴーヤ 副作用

食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある?

ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャンプルーなどの沖縄料理の定着とともに、全国的に好んで食べる方が増えていきました。

その一方で、ゴーヤーの独特の苦味が受け入れ難いとしている方もいて、好き嫌いがはっきりわかれる野菜でもあります。

ゴーヤーは、かつては九州~沖縄の限られた地域でしか栽培されていませんでした。

ただ現在、ゴーヤーは本州でも栽培が行われており、エコ対策のための日除け等にも利用されていて、これは「緑のカーテン(グリーン・カーテン)」と呼ばれています。

ーヤーの原産地は、インドなどのアジア熱帯地域と考えられています。

ゴーヤーは、14世紀頃に中国に伝播したと考えられており、中国では実は苦瓜、花は苦瓜花、根は苦瓜根、種子は苦瓜子と余すところなく生薬としても利用されていたとのことです。

そして、ゴーヤーは喘息、腫瘍、糖尿病、皮膚感染、高血圧などの改善に有効であると考えられていたようです。

また、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダ医学においても、ゴーヤーの実・葉・茎を薬として利用しているそうです。

ゴーヤーには目立った副作用はないようです。ただ...

このように生薬としてもゴーヤーは利用されているため、副作用が心配ですが、ゴーヤーには目立った副作用はないようです

ただ、ゴーヤーに限ったことではありませんが、食べ過ぎはやはり良くないようです。

食材の中でゴーヤーのように食べると苦かったり、辛かったり、酸っぱかったり、えぐかったりして体に刺激を与えるものがあります。

もともと、これらの食材の刺激のもとは毒であるため、食べ過ぎると毒となります。

ゴーヤーにおいては、食べ過ぎると人によっては腹痛、胃痛、下痢等の症状が発生するといわれています。

また、ゴーヤーには体を冷やす作用があります。

そのため、沖縄などのあたたかい気候で暮らす人にはうってつけの野菜なのですが、冷え性の方など冷えの悩みがある方は食べ過ぎに注意が必要です。

冷え性の方がゴーヤーを食べる際は、ねぎ、生姜、唐辛子などの体を温めるといわれている食材と併せて食べるようにしましょう。

また、ゴーヤーを油で揚げ焼きにするなどして、ゴーヤーの冷やす性質を中和させるような調理方法・食べ合わせを選ぶようにすることが大切です。

さらに、ゴーヤーの種子には共役リノレン酸(CLN)という脂肪酸の一種が含まれており、この共役リノレン酸は体内で「共役リノール酸(CLA)」へと変化します。

CLAは、脂肪の代謝を行うホルモン感受性リパーゼに働きかけることができるため、脂肪の分解・代謝を促す効果があるということが確認されています。

また、血中の脂肪酸が白色脂肪細胞に戻ることを防ぐ働きがあるとも考えられています。

そのため、脂肪燃焼サポート成分として、CLAはダイエットサプリメント等にも配合されています

ただ、このCLAを過剰に摂取した場合、善玉コレステロール等の体に必要な脂肪までも減少させてしまって、逆に脂肪肝や糖尿病の発症リスクが高まったということが動物実験によって確認されています

そのため、ゴーヤーをサプリメント等で摂取するという場合においても、過剰摂取にはならないように用法・用量をきちんと守るという事が重要です。

そんなゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」

ここまでご紹介してきたとおり、過剰に摂取しなければ副作用が少なく、非常にお勧めの食材ゴーヤ。

しかし、非常にお勧めだからと言って毎日毎日食べる事は不可能と言って良いでしょう。
そもそもゴーヤは6月~8月がシーズンの野菜であり、通年を通して手に入れること自体が困難なのです。

そこでおススメなのがゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」です。

独自に開発した方法を使ってゴーヤから抽出された成分を使用した製品であり、非常に手軽にかつ、コスパ良くゴーヤの有用成分を摂取できます。

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

4週間のヒトへ対する臨床試験結果は・・・

そんな「ゴーヤミン」ですが、信頼度という面でも非常にしっかりしていると言えます。

開発元がしっかりと4週間のヒトへ対する臨床試験を実施しているのです。

結果はしっかりと「ゴーヤミン」のサラサラパワーが確認されており、効果を気にする方も安心して服用できますね。




ゴーヤミンを購入する

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 血糖値検査 
    血糖値の検査について解説していきます。  世界的に糖尿病患者の数は非常に膨大であり、現在では全…
  2. 糖尿病 治療法
    インスリン注射によって生理的なインスリン分泌を補う必要があります 1型糖尿病とは、インスリンを…
  3. 糖尿病 体験記
    私が糖尿病になったきっかけは、長年の運動不足と食生活の乱れでした。 子供のころからお菓子やジュ…
  4. 糖尿病 1型糖尿病 子供
    普通の食生活でしたが、幼稚園の時に1型糖尿病と診断されました。 糖尿病だと明らかになったのは私…
  5. 2型糖尿病 症状
    インスリン抵抗性、相対的インスリン不足が特徴の2型糖尿病とは? 2型糖尿病とは、長期的代謝異常…
  6. 糖尿病 検査
    血糖値の管理指標であるグリコアルブミン(GA)の検査 グリコアルブミンという言葉を耳にしたこと…
  7. 糖尿病 初期症状
    30代主婦です。この1年、あまり体調が良くありませんでした 症状は、食事の後にのどが渇き、…
  8. 2型糖尿病 症状
    失明原因の20%ほどが糖尿病性網膜症によるもの 糖尿病は主にインスリンの作用不足もしくは分泌不…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 美肌 アンチエイジング
    美肌効果といった夏に嬉しい効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーは夏野菜の王様と呼ばれており、夏バテ…
  2. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  3. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  4. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  2. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  3. アーモンド 糖質制限 糖尿病
    インシュリンの分泌やその働きをサポートするアーモンド アーモンドとは、バラ科サクラ属の落葉高木…
  4. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  5. 発芽玄米 効果 糖尿病 糖質制限
    血糖値を低下させる効果があり、糖尿病におすすめの発芽玄米 発芽玄米とは、玄米を水に1~2日間つ…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status