ゴーヤ 苦い

ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。

この苦味は、動物たちに食べられないようにするための成分であり、この苦味成分はモモルデシンという成分となっています。

このモモルデシンには、健胃効果があり、胃や腸などの消化器官を刺激して食欲を増進させる効果があります。

そのため、食欲が落ちてしまう夏場にはありがたい効果であり、ゴーヤーが夏バテに効果があるとされる要因となっています。

また、モモルデシンには胃腸の粘膜を保護するという効果もあります。

夏場は食あたりが発生しやすい季節ですので、食欲増進と共に、夏にありがたい効果であるといえるでしょう。

夏バテ時には、だるさや頭痛、吐き気などの夏バテ特有の症状が発生します。

これは、夏には昼夜を通して暑い状況が続くため、自律神経に不調を来すことによるものですが、このモモルデシンにはこのような夏バテの症状全般を解消する効果もあるとされています。

モモルデシンには、自律神経のバランスを整えるという効果があります。

そのため、このような夏バテの症状をまとめて改善する効果が期待できるのです。

また、モモルデシンには血圧を下げ、体を冷やしてくれるという効果もあります。

これは、モモルデシンが血中のコレステロールや血糖値を下げることによって、血流を正常に戻す作用があるということによるものです。

このように血流の改善効果があることから、モモルデシンには熱中症対策に効果があるとされているのです。

さらに、モモルデシンには抗酸化作用という、病気の原因である活性酸素を除去する作用があります。

そのため、心臓病、がん、脳卒中などを予防する効果もあるとされています。

血糖値を下げる作用があるゴーヤー

その他、ゴーヤーの苦味を引き起こす原因となっている成分としては、チャランチン、コロソリン酸が挙げられます。チャランチンは脂溶性の物質であり、この物質が血糖値を下げる作用があるということが1966年に報告されました。

チャランチンはスルフォニル尿素剤に似た働きをするといわれています。
したがって、膵臓のβ細胞に働きかけることによって、インスリンの分泌を促進させ、血糖値を下げるのです。

スルフォニル尿素剤は薬であるため、効きすぎてしまった場合は低血糖を起こしてしまうというリスクがあります。しかし、植物性チャランチンには、膵臓の働きを活性化し、正常な働きに戻す作用があります。

そのため、血糖値が下がった場合は、α細胞からグルカゴンを分泌し血糖値を上昇させ血糖値を安定させるので、低血糖になることがありません。

コロソリン酸は、インスリンに似た働きを持つタンパク質です。
コロソリン酸には、糖を細胞内に速やかに吸収させ、代謝を促すという働きがあります。

さらに、コロソリン酸にはインスリンの効きを良くするという効果もあるとのことです。

このように、ゴーヤーを食べれば、血糖値の安定に効果的な栄養素を薬のような副作用の心配をすることなく、体に摂取することができるのです。

ゴーヤーの苦味の原因は、モモルデシンの胃の調子を整える成分と、チャランチン・コロソリン酸の膵臓の働きを良くする成分によるものです。

これらの成分が苦味の元となっていますが、体には非常に良い効果をもたらす成分であるといえます。

特に夏場には積極的に摂取し、厚い夏をゴーヤーの効果で乗り切るようにすれば良いのではと思います。

そんなゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」

ここまでご紹介してきたとおり、血糖値を下げ糖尿病の予防や対策に非常にお勧めの食材ゴーヤ。

しかし、糖尿病の予防や対策に良いからと言って毎日毎日食べる事は不可能と言って良いでしょう。
そもそもゴーヤは6月~8月がシーズンの野菜であり、通年を通して手に入れること自体が困難なのです。

そこでおススメなのがゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」です。

独自に開発した方法を使ってゴーヤから抽出された成分を使用した製品であり、非常に手軽にかつ、コスパ良くゴーヤの有用成分を摂取できます。

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

4週間のヒトへ対する臨床試験結果は・・・

そんな「ゴーヤミン」ですが、信頼度という面でも非常にしっかりしていると言えます。

開発元がしっかりと4週間のヒトへ対する臨床試験を実施しているのです。

結果はしっかりと「ゴーヤミン」のサラサラパワーが確認されており、効果を気にする方も安心して服用できますね。




ゴーヤミンを購入する

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 相撲 力士 糖尿病
    相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。 その頃の私の職業は力士でした。 身長は18…
  2. 糖尿病 治療法
    血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。 、通常の健康な人の場合、空腹時血糖値は…
  3. 糖尿病 体験談
    乱れた食生活を10数年放置した結果、最悪の状況になりました。 もともと、食べるのが好きでかなり…
  4. 糖尿病 仕組み 原因
    第一の原因はインスリンの絶対量が不足することによって発症する 糖尿病は生活習慣病の一つであり、…
  5. 糖尿病 初期症状
    30代主婦です。この1年、あまり体調が良くありませんでした 症状は、食事の後にのどが渇き、…
  6. 糖尿病 検査
    血糖値の管理指標であるグリコアルブミン(GA)の検査 グリコアルブミンという言葉を耳にしたこと…
  7. 糖尿病 体験記
    私が糖尿病になったきっかけは、長年の運動不足と食生活の乱れでした。 子供のころからお菓子やジュ…
  8. 糖尿病 合併症 一覧
    危険!本当に怖い糖尿病の合併症。それぞれの初期症状、自覚症状は? 生活習慣病の中でも危険と言わ…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ ダイエット
    ゴーヤーはダイエットに良い成分が豊富に含まれている優秀な食材 ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属に…
  2. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…
  3. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  4. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  2. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  3. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  4. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
  5. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status