清原和博さんの場合。【糖尿病の有名人・芸能人】

清原 糖尿病 重症

拘留中も重度の症状で極秘で病院に通っていた清原和博さん

清原和博さんは、野球評論家、タレントであり、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手です。

そんな清原和博さんは薬物事件で起訴され、既に有罪判決が出ていますが、重度の糖尿病も患っているようです。

>>糖尿病の芸能人・有名人一覧

清原和博さんは、13本という甲子園通算最多本塁打数記録を持つ、甲子園のスター選手でした。

その後、プロ野球のドラフト会議において、読売ジャイアンツか阪神タイガース以外に指名を受けた場合は、次のドラフト会議まで社会人で野球することを表明していました。
しかし、読売ジャイアンツは桑田選手をドラフト1位で強行指名し、清原和博さんは抽選の結果、西武ライオンズの1位指名を受けるという結果となりました。

そして、清原和博さんは読売ジャイアンツを見返すために西武ライオンズ入団を決意します。
清原和博さんは、西武ライオンズで森祇晶監督在任中の9年間でリーグ優勝8度、日本一6度を成し遂げました。

この「西武黄金時代」において清原和博さんは4番に君臨し、3番・秋山幸二氏とのコンビは「AK砲」と呼ばれました。
ただ、FA資格を得て、読売ジャイアンツへの移籍が可能となると、当時の読売ジャイアンツ監督であった長嶋茂雄氏から口説かれ、5年契約で念願の読売ジャイアンツへ移籍を果たします。

清原和博さんは、読売ジャイアンツ在籍時代に規定打席に達したのは1997年、1998年、2001年の3回だけでした。

また、読売ジャイアンツ時代に規定打席に達しての3割も達成できず、100試合出場も前述の規定打席到達年の他、2003年の計4回しかなかったことから、清原和博さんの読売ジャイアンツ在籍時代は否定的な意味で語られることが多くなっています。

しかし、清原和博さん自身は、読売ジャイアンツ在籍時代の苦労が自分自身を成長させてくれたとして、読売ジャイアンツに入団したことは後悔していないと後に語っています。

読売ジャイアンツから戦力外通告を受けた清原和博さんは、2005年終了後にオリックス・バファローズのシニアアドバイザーであった仰木彬氏から電話で、「最後の花道を作ってやる」と説得されオリックス・バファローズ入団を決意します。しかし、痛めていたヒザの調子がおもわしくなく、2007年には左ひざの軟骨除去手術を行っています。

そして、その後もシーズン中に2軍調整が続いてしまうことが多くなっていき、2008年10月1日に清原和博さんは、京セラドーム大阪でのオリックス・バファローズのシーズン最終戦を最後に引退します。

引退後、自宅マンションにて覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されました。

引退後の清原和博さんは、評論家や特別解説者としてテレビの実況中継とうに出演していましたが、現役時代からの左ひざ痛によって同じ着座姿勢を取り続けることができないということで、解説依頼を断るという時期もあったそうです。

その他、バラエティ番組やテレビCMにも数多く出演していました。
しかし、2014年3月に週刊文春によって違法薬物使用疑惑が報じられてからは、テレビ出演は激減。

このときは、2型糖尿病の薬の影響によるものと清原和博さんは説明していましたが、2016年2月3日午後8時48分頃、東京都港区東麻布1の自宅マンションにて覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されました。

実際、清原和博さんの血糖値の値は500mg/dlを超えていた

清原和博さんは、前述の通り、2型糖尿病であることは事実であり、それは薬物事件で警視庁に拘留されている間も極秘で病院に通っていたというくらい重度の症状であるそうです。
実際、清原和博さんの血糖値の値は500mg/dlを超えていたとのことですので、、通常の健康な方の血糖値が約100mg/dl未満だとすると、この値は命にかかわる値であるといえます。

そのため、清原和博さんは、糖尿病による合併症の発症を防ぐため、インシュリン注射を始めとした高度な治療を、毎日、何度も検査を受けながら行っている状態であるようです。

現在、清原和博さんは薬物治療も大変だとは思いますが、糖尿病治療も生死にかかわることではあります。

今後の人生のためにも、薬物治療と同じくらい糖尿病の治療も進めていくようにしてほしいなと思います。

>>糖尿病の芸能人・有名人一覧

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 ブログ
    四肢における動脈の血流障害を示す代表的な抹消動脈疾患である閉塞性動脈硬化症 糖尿病は血糖値のコ…
  2. 相撲 力士 糖尿病
    相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。 その頃の私の職業は力士でした。 身長は18…
  3. 妊娠糖尿病 体験談
    出産後の今も「糖尿病」として定期的に通院しインスリン注射をしています。 糖尿病発覚時私は20代…
  4. 糖尿病 体験談
    乱れた食生活を10数年放置した結果、最悪の状況になりました。 もともと、食べるのが好きでかなり…
  5. 糖尿病 1型糖尿病 子供
    普通の食生活でしたが、幼稚園の時に1型糖尿病と診断されました。 糖尿病だと明らかになったのは私…
  6. 糖尿病 体験記
    治す気がないのか!と言わんばかりの毎日の生活でした。 私の夫は30代後半で、3年前に体調不良が…
  7. 糖尿病 仕組み 原因
    第一の原因はインスリンの絶対量が不足することによって発症する 糖尿病は生活習慣病の一つであり、…
  8. 糖尿病 初期症状
    30代主婦です。この1年、あまり体調が良くありませんでした 症状は、食事の後にのどが渇き、…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  2. ゴーヤ 美肌 アンチエイジング
    美肌効果といった夏に嬉しい効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーは夏野菜の王様と呼ばれており、夏バテ…
  3. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  4. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  2. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
  3. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
  4. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  5. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status