ゴーヤ 貧血

ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています

まず、貧血とは血液に含まれるヘモグロビンや赤血球の量が基準値を下回った状態のことをいいます。

赤血球やヘモグロビンには、身体中に酸素を運搬するという大切な役割がありますので、これらが減少すると血液による酸素運搬がうまくいかなくなります。

そうなると、身体が酸欠状態となってしまい、これによって疲労や身体のだるさといった貧血の様々な症状が現れるようになるのです。

このような貧血は、その大部分が鉄分の不足が原因となって発生します。

鉄分は血液中で酸素運搬の役割を果たすヘモグロビンを構成する重要な成分の1つなのですが、この鉄分が不足するとヘモグロビンが体内で生成されることなくげんしょうしていってしまうことから、貧血が発生するようになります。

食事で鉄分をしっかりと摂取するということが大切

この鉄分の不足が原因で発生する貧血のことを「鉄欠乏性貧血」といいます。

日本人の貧血患者の約7割、女性全体の約1割がこの「鉄欠乏性貧血」にあてはまるとされています。

この「鉄欠乏性貧血」を予防するためには、食事で鉄分をしっかりと摂取するということが大切であり、1日に摂取すべき鉄分は、男子高校生で9.5mg、女子高校生で10.5mgとされています。

この摂取量は、栄養バランスのよい食事を3食、規則正しくとることでほぼまかなえますが、女性は鉄分不足に陥りやすいので、日頃から鉄分の多い食事をとるように心がけることが重要です。

ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれていますので、貧血予防に効果的な野菜といえます。

また、鉄分はビタミンCと同時に摂取すると、より効果的に吸収することが出来るという性質を持っています。

ゴーヤーには、レモンの約3倍、トマトの約5倍ものビタミンC
が含まれています。
このように豊富なビタミンCも含まれているゴーヤーは、鉄分摂取にうってつけの野菜だといえるのです。

ゴーヤーに含まれているビタミンCは加熱しても壊れにくい

通常、ビタミンCには、熱に弱いという欠点があるため、食材を炒め物等に調理して加熱すると壊れてしまいます。

しかし、ゴーヤーに含まれているビタミンCは加熱しても壊れにくいという特徴を持っているため、ゴーヤーチャンプルーなどの炒め物でもビタミンCは壊れずに残っています。

そのため、ゴーヤーを調理して食べたとしても、ビタミンCを摂取することができるのです。
また、ゴーヤーのような、ビタミンCといった抗酸化物質を含む植物性食品には、動物性食品を一緒に組み合わせて摂取すると、その抗酸化力がさらに高まるという性質があります。

そのため、前述のゴーヤーチャンプルーのようなゴーヤーと肉を一緒に炒める料理は、暑い沖縄で暮らす人の元気の源となっており、貧血以外に夏バテの対策においても最適な料理だといえます。

ゴーヤーを天日干しさせると生のゴーヤーよりもさらに栄養価が高まる

このようにゴーヤーには栄養素が豊富に含まれていますが、ゴーヤーを天日干しさせると生のゴーヤーよりもさらに栄養価が高まるという性質があります。

ゴーヤーを天日干しして乾燥させると、生のゴーヤーと比較してカルシウムの含有量が約15倍となり、ビタミンCの含有量が約10倍となり、鉄分の含有量が約30倍になり更に栄養豊富な野菜となることから、さらに貧血予防に効果的な野菜となります。

ただ、この栄養素の含有量はあくまで目安であるため、その含有量の増加の割合はそれぞれのゴーヤーの栽培状況や原産地等によって違いが出ます。

そのため、この栄養素の増加量は、あくまで参考値としておくのが良いと思います。

そんなゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」

ここまでご紹介してきたとおり、貧血の予防や対策に非常にお勧めの食材ゴーヤ。

しかし、貧血に良いからと言って毎日毎日食べる事は不可能と言って良いでしょう。
そもそもゴーヤは6月~8月がシーズンの野菜であり、通年を通して手に入れること自体が困難なのです。

そこでおススメなのがゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」です。

独自に開発した方法を使ってゴーヤから抽出された成分を使用した製品であり、非常に手軽にかつ、コスパ良くゴーヤの有用成分を摂取できます。

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

4週間のヒトへ対する臨床試験結果は・・・

そんな「ゴーヤミン」ですが、信頼度という面でも非常にしっかりしていると言えます。

開発元がしっかりと4週間のヒトへ対する臨床試験を実施しているのです。

結果はしっかりと「ゴーヤミン」のサラサラパワーが確認されており、効果を気にする方も安心して服用できますね。




ゴーヤミンを購入する

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 検査
    高齢者のⅡ型糖尿病に多く発症する高浸透圧高血糖症候群 糖尿病合併症には三大合併症をはじめとして…
  2. 糖尿病 治療法
    血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。 、通常の健康な人の場合、空腹時血糖値は…
  3. 1型糖尿病とは?
    1型糖尿病とは、膵臓のβ細胞の破壊によるインスリンの欠乏を原因とする糖尿病となっています。 以…
  4. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  5. 高血糖 薬物療法
    インスリン抵抗性によるⅡ型糖尿病に適応があるビグアナイド薬とは? ウィルス感染で免疫に異常が生…
  6. 違い 糖尿病
    1型と2型糖尿病とはどのような違いがあるのでしょうか。 糖尿病は、高血圧と並んで多くの日本人が…
  7. 糖尿病 体験談
    乱れた食生活を10数年放置した結果、最悪の状況になりました。 もともと、食べるのが好きでかなり…
  8. 糖尿病 1型糖尿病 子供
    普通の食生活でしたが、幼稚園の時に1型糖尿病と診断されました。 糖尿病だと明らかになったのは私…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…
  2. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  3. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  4. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  2. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  3. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
  4. 発芽玄米 効果 糖尿病 糖質制限
    血糖値を低下させる効果があり、糖尿病におすすめの発芽玄米 発芽玄米とは、玄米を水に1~2日間つ…
  5. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status