アロエ 糖尿病 糖質制限

血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策

アロエは、その種類が500種以上ある、ツルボラン亜科アロエ属の多肉植物の総称であり、南アフリカ共和国からアラビア半島まで広く分布しています。
その中でも、アロエはマダガスカル島やアフリカ大陸南部に特に集中して分布しています。

アロエ属の科は分類体系によって変遷しています。

現在、APG体系の第3版ではススキノキ科とされていますが、以前はユリ科、ツルボラン科、アロエ科とされたこともあったそうです。

アロエは前述の通り、500種類以上の種類がありますが、その中で最大の大きさのものはアロエ・バーベラエという種類で高さが約18mにもなります。

その一方で、アロエの最小の種類のものはアロエ・ディスコイングシーであり、最大の大きさでも数cm程度までしか成長しません。

>>糖尿病におススメの食材・食事一覧

古代ギリシアの時代には既に薬用として栽培されていたアロエ

アロエの歴史は古く、古代オリエント・古代ローマ・古代ギリシアの時代には既に薬用として栽培されていたそうです。

東アジアには中国の宋の時代に、アロエの乾燥した塊が伝えられており、「開宝本草」という書物に「奴薈」・「蘆薈」の名で現れ、明の時代の「本草綱目」という書物にも皮膚病の薬として記載されています。

しかし、アロエの植物自体やその情報は伝えられていなかったようです。そのため、アロエは広葉樹であると長らく誤解されていたとのことです。

アロエは、日本には鎌倉時代に伝来したとされています。現在はアロエの中でも、キダチアロエという種類が房総半島、伊豆半島、瀬戸内海、九州などの海岸に逸出し帰化しています。

日本で流通しているアロエは、このキダチアロエの他にアロエベラが多くなっています。

その他にはアロエ・不夜城、アロエ・サポナリアといった種類のアロエなど、多くの品種が流通しており、食用や観賞用として栽培されています。

そんなアロエは糖尿病の予防に効果があるとされています。

アロエにはアルボランA・Bといった多糖類が含まれているのですが、これにはインスリンの分泌を促進して血糖値を下げる作用があるとされています。

また、この作用は糖尿病の治療で投与されるインスリンよりも効果が長く続くといわれています。

実際、アロエにこのような血糖値の上昇を抑制する働きがあるかどうかの実験が実施されています。

この実験では、前述にもあったキダチアロエとアロエベラという2種類のアロエを使用し、薬によって糖尿病にしたマウスに投与しました。

その際、アロエベラの葉肉を2%含んだエサを与えるグループ、キダチアロエの葉肉を2%含んだエサを与えるグループ、キダチアロエ全葉(まるごと)を2%含んだエサを与えるグループ、アロエを全く含まないエサを与えるグループ、というように与えるエサによって4つのグループに分け、その後、73日間観察を続けたそうです。

すると、キダチアロエ全葉(まるごと)を2%含んだエサを与えたグループの血糖値の上昇率が他のグループと比較して、かなり低くなっているという事がわかりました

また、別の実験においては、アミラーゼという血中の糖を増やす成分の働きを抑制する作用が、キダチアロエにあることがわかっています。

さらに、腸内のブドウ糖の吸収を抑える働きがあるということも明らかとなっています。

アロエには「医者いらず」という別名がついています。

その名の通り、アロエには糖尿病の予防以外にも、やけど傷や火傷の治癒、整腸作用、便通改善、自然治癒力の向上など、さまざまな効能があることがわかっています。

ラッグストア等では、アロエ原液100%エキスやサプリメントなどの健康食品も販売されていますので、一度試してみることをおすすめします。

>>糖尿病におススメの食材・食事一覧

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 食事 糖尿病 制限
    私の父は40歳代後半から糖尿病を患っていました。 父の家系には糖尿病の人が多く、父方の祖父は糖…
  2. 2型糖尿病 症状
    インスリン抵抗性、相対的インスリン不足が特徴の2型糖尿病とは? 2型糖尿病とは、長期的代謝異常…
  3. 違い 糖尿病
    1型と2型糖尿病とはどのような違いがあるのでしょうか。 糖尿病は、高血圧と並んで多くの日本人が…
  4. 2型糖尿病 症状
    失明原因の20%ほどが糖尿病性網膜症によるもの 糖尿病は主にインスリンの作用不足もしくは分泌不…
  5. 糖尿病 体験記
    治す気がないのか!と言わんばかりの毎日の生活でした。 私の夫は30代後半で、3年前に体調不良が…
  6. 薬物療法 糖尿病
    インスリンを分泌させる?スルフォニル尿素薬(SU薬)とは? インスリンという言葉を耳にしたこと…
  7. 高血糖 薬物療法
    インスリン抵抗性によるⅡ型糖尿病に適応があるビグアナイド薬とは? ウィルス感染で免疫に異常が生…
  8. アントニオ猪木 糖尿病
    食べすぎや飲み過ぎで重度の糖尿病なアントニオ猪木さん アントニオ猪木さんは、神奈川県横浜市鶴見…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  2. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  3. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  4. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  2. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  3. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
  4. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  5. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status