ゴーヤー

栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー

ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物であり、インドネシアやインド、バングラデシュなどの熱帯アジアが原産地となっています。

ツルレイシという呼び名は、果物のレイシ(ライチー)に似たイボイボのある実がつき、つる植物であることからその名がついたそうです。

また、ゴーヤーという名前は「苦瓜」の中国語音である(クーグァー)が転訛してついたという説など、諸説あるとのことです。

インドを中心とする東南アジアから、14世紀末に中国に伝わりました。

そんなゴーヤーは、前述の原産地であるインドを中心とする東南アジアから、14世紀末に中国に伝わりました。

その後、ゴーヤーは日本には慶長年間(1596~1615年)に渡来してきたといわれています。

沖縄にゴーヤーが伝わった時期については明確にされていませんが、1713年に書かれた「琉球国由来記」に苦瓜の名称が記載されているため、その頃には既にゴーヤーは渡来していたと考えられています。

ゴーヤーは、18世紀初頭には日本に完全に伝来しており、野菜として食べられていたという事は確認されています。

その頃、沖縄は朝貿易や冊封使などを通じ、中国と深く関わっていました。

そのため、沖縄には「医食同源」という中国風の考え方が根付いており、単に飢えをしのぐものとして毎日の食事をとっているわけではなく、食事は健康を維持するための薬として考えられていました。

この食事と薬を同じとする考え方は、沖縄の方言で「クスイムン(薬物)」、「ヌチグスイ(命薬)」と表現されています。

この考え方のもと、沖縄では古くからゴーヤーをただの野菜として食べるのではなく、夏バテ予防のための薬として食べてきました。

夏バテの際には、暑さのために食欲がなくなる、消化不良を起こす、十分に栄養補給が出来ずに体力が消耗して体がだるくなる等の症状が発生しますが、そのような時にゴーヤーが食されてきたのです。

沖縄県だけではなく他府県でも需要が高まってきました。

このようなゴーヤーは、その高い栄養価等によって沖縄県だけではなく他府県でも需要が高まってきました。

そのため、ゴーヤーの生産量増加を目的として、沖縄県農業試験場によるゴーヤーの品種改良への取り組みが昭和61年から始まりました。

その後、この沖縄県農業試験場において「群星(むるぶし)」という、品質が良く、収穫率が高く、耐病性にすぐれたゴーヤーの新品種が平成3年に誕生しました。

この新品種誕生後の平成5年には、ゴーヤーの沖縄県外出荷数量が約300tまで増加しています。

さらに平成7年には、群星と県内の在来種の中でも、寒い時期でも良く成長するものを掛け合わせた「汐風(しおかぜ)」という新品種が生まれました。

この汐風は寒い時期のハウス栽培で良く育ち、この翌年の沖縄県のゴーヤー生産量は6000tを超えるほどまで増加しました。

沖縄県から他府県へのゴーヤーの出荷量が約3000tと飛躍的に増加

また、NHKドラマの影響を受けた平成12年には、沖縄県から他府県へのゴーヤーの出荷量が約3000tと飛躍的に増加し、平成15年にはTBSのテレビ番組でゴーヤー茶がダイエット食材として取り上げられ、さらにゴーヤーの知名度が上がりました。

それまで、ニガウリという名称の方が一般的に知られていましたが、これらのテレビ番組等の影響によって、沖縄県以外でもゴーヤーという名称が一般的に通用するようになってきました。

また、平成16年にはさらなる新品種である「島風」が誕生。この島風は、実が太くて重く、緑が濃くて露地栽培にも適しているという特徴を持ち、その名前は9562件もの一般応募の中から選ばれました。

今まで、品種改良によってゴーヤーは進化を続けてきました。

しかし、これほどまでにゴーヤーが一般的な野菜となった今では、その栄養価の高さと味の良さで愛され続け、自然と進化していくのではと思います。

そんなゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」

ここまでご紹介してきたとおり、栄養価が非常に高く、沖縄で愛され続けてきたお勧めの食材ゴーヤ。

しかし、、栄養価が非常に高いからと言って毎日毎日食べる事は不可能と言って良いでしょう。
そもそもゴーヤは6月~8月がシーズンの野菜であり、通年を通して手に入れること自体が困難なのです。

そこでおススメなのがゴーヤから独自製法で抽出して作られた「ゴーヤミン」です。

独自に開発した方法を使ってゴーヤから抽出された成分を使用した製品であり、非常に手軽にかつ、コスパ良くゴーヤの有用成分を摂取できます。

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

4週間のヒトへ対する臨床試験結果は・・・

そんな「ゴーヤミン」ですが、信頼度という面でも非常にしっかりしていると言えます。

開発元がしっかりと4週間のヒトへ対する臨床試験を実施しているのです。

結果はしっかりと「ゴーヤミン」のサラサラパワーが確認されており、効果を気にする方も安心して服用できますね。




ゴーヤミンを購入する

>>ゴーヤミンで糖尿病予防&対策!口コミや評判は?

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 妊娠糖尿病 体験談
    出産後の今も「糖尿病」として定期的に通院しインスリン注射をしています。 糖尿病発覚時私は20代…
  2. 2型糖尿病 治る?
    完全に機能が停止する前に治療を受ければ、完治することは可能?? 2型糖尿病は、インスリンに対す…
  3. 糖尿病 治療法
    血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。 、通常の健康な人の場合、空腹時血糖値は…
  4. 糖尿病 仕組み 原因
    血糖をコントロールする役割を持っているのがインスリン(インシュリン) インスリン(インシュリン…
  5. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  6. 1型糖尿病とは?
    1型糖尿病とは、膵臓のβ細胞の破壊によるインスリンの欠乏を原因とする糖尿病となっています。 以…
  7. 食事 糖尿病 制限
    私の父は40歳代後半から糖尿病を患っていました。 父の家系には糖尿病の人が多く、父方の祖父は糖…
  8. 糖尿病 体験記
    ある朝起床すると左半身にしびれが。食生活の乱れで糖尿病に。 私が糖尿病になったきっかけは、主食…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  2. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…
  3. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  4. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
  2. アーモンド 糖質制限 糖尿病
    インシュリンの分泌やその働きをサポートするアーモンド アーモンドとは、バラ科サクラ属の落葉高木…
  3. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  4. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  5. 蕎麦 糖尿病 糖質制限
    蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低い 蕎麦とは、日本の麺類で…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status