トリプルメタクリーンMHSの効果は?口コミ・評判は?【糖尿病におすすめのサプリメント】

トリプルメタクリーン

血糖値が気になる人にとって注目のサプリメント「トリプルメタクリーンMHS」

トリプルメタクリーンMHSは、エコアライブから販売されているサプリメントで、炭水化物の分解を阻止し、血糖値の上昇を抑える効果があります。
トリプルメタクリーンMHSは、雑誌エッセ10月にも掲載されており、血糖値が気になる人にとって注目のサプリメントとなっています。



トリプルメタクリーンMHSには糖質の吸収を抑える働きがある

日本人はお米を主食として食べている方が一番多く、その次に多いのはパンや麺類だと思います。これらの食品は全て糖質である炭水化物です。
この糖質は、多糖類、二糖類、単糖類の3種類に分類されます。

多数の糖の分子が結合したものを多糖類といいます。
多糖類の代表的なものには、デンプンなどがあります。

糖の分子が二つ結合したものを二糖類といいます。

二糖類の代表的なものには、乳糖、砂糖、麦芽糖などがあります。
糖の最小単位であり、その一個一個がバラバラの糖の分子であるものを単糖類といいます。

単糖類の代表的なものには、果糖、ブドウ糖などがあります。
この3種類の糖質の中で、糖の最小単位である単糖類だけが小腸で吸収され、多糖類と二糖類は、そのままの状態では小腸で吸収することができません。

多糖類と二糖類は、人間の胃や腸において単糖類にまで分解されます。
そうしてから、初めて小腸で吸収することができるようになるのです。

多糖類、二糖類等の糖質の分類名は、普段はあまり使わないかもしれません。

しかし、多糖類の代表的なものであるデンプンが含まれている食べ物は。普段の食生活で私たちが食べている食品の中に沢山含まれています。

デンプンを多く含む食品の例としては、パン、いも、麦、そば、バナナ、寒天、水飴、うどん、スパゲティ、マカロニ、ラーメン、もち、おにぎりや、かまぼこ、ちくわ、魚肉ソーセージなどの練り製品、どら焼き、ケーキ、クッキー、カステラなど、小麦粉を使ったものなどがあります。

どの食品も私たちが普段よく食べているものばかりであるため、日々の習慣で、これらの食品の糖質であるデンプンを過剰に摂取してしまうと、すぐに血糖値の上昇や肥満につながってしまいます。

適度な運動や、適度な食事を心がけている方なら、そんな心配は無用かもしれませんが、そうでない方は、この糖質であるデンプンを過剰に吸収しないようにしなければなりません。
前述の通り、多糖類であるデンプンは糖の最小単位である単糖類まで分解されて、初めて小腸で吸収されます。

そのため、この糖質であるデンプンを小腸で吸収させないためには、何らかの方法で多糖類もしくはニ糖類を単糖類にまで分解させないようにすればよいということになります。

このような効果を自然食品である、栗の渋皮とサラシアが持っています。

栗をむいた時に、その外側に付着している茶色い皮のことを栗の渋皮というため、普段よく目にすると思います。
サラシアは、ブラジル、インド、東南アジアなどの熱帯地域に自生している植物であり、古くから古代人が根や茎などを薬草として病気の治療に使っていたそうです。

サラシアは、リュウマチ、ぜんそく、糖尿病、湿疹、女性の月経不順などの治療に用いられていました。
彼ら古代人は、サラシアの効能が科学的に研究される前にこれらの病気に使用していたため、経験的にこれらの病気にサラシアが効くとわかっていたことになります。

現在、多糖類を二糖類に分解する酵素の働きを抑制する効果が栗の渋皮にあり、二糖類を単糖類に分解する酵素の働きを抑制する効果がサラシアにあるということがわかっています。

これにより、多糖類や二糖類を単糖類まで分解させることができなくなるため、糖を小腸で吸収させないことになります。

この栗の渋皮とサラシアを主成分としたサプリメントがトリプルメタクリーンMHSです。さ

らに、トリプルメタクリーンMHSにはヒハツという植物も配合されています。
このヒハツには腸で吸収されずに残ってしまった糖分を、善玉菌のエサにしてしまう作用があります。

この働きによって、糖質の吸収をさらに抑えることができるでしょう。

このようにトリプルメタクリーンMHSには糖質の吸収を抑える働きがあるため、糖尿病に悩んでいる方には是非おすすめしたいサプリメントです。



糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 相撲 力士 糖尿病
    相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。 その頃の私の職業は力士でした。 身長は18…
  2. 2型糖尿病 治る?
    完全に機能が停止する前に治療を受ければ、完治することは可能?? 2型糖尿病は、インスリンに対す…
  3. 糖尿病 仕組み 原因
    血糖をコントロールする役割を持っているのがインスリン(インシュリン) インスリン(インシュリン…
  4. 糖尿病とは?
    国内の患者数は約950万人。そんな糖尿病とは? 糖尿病とは、ヘモグロビンA1c値や血糖値が一定…
  5. 私の母と兄弟の糖尿病の体験談です。 母は50代で、兄弟は30代で発病しました。 祖父も糖尿病…
  6. 星野仙一 糖尿病
    手術が実施することができないレベルの糖尿病だった星野仙一さん 星野仙一さんは、日本の元プロ野球…
  7. 津川雅彦 糖尿病
    甘いもの好きが原因?糖尿病治療中の津川雅彦さん 津川雅彦さんは、京都市中京区出身の日本の俳優、…
  8. 糖尿病 ブログ
    四肢における動脈の血流障害を示す代表的な抹消動脈疾患である閉塞性動脈硬化症 糖尿病は血糖値のコ…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  2. ゴーヤ 美肌 アンチエイジング
    美肌効果といった夏に嬉しい効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーは夏野菜の王様と呼ばれており、夏バテ…
  3. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…
  4. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  2. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
  3. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  4. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  5. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status