蕎麦 糖尿病 糖質制限

蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低い

蕎麦とは、日本の麺類で、それを用いた料理のことを指し、穀物のソバの実を原料とする蕎麦粉を用いて加工したものです。

また、蕎麦は中華そばなどと区別するため、日本蕎麦と呼ばれることもあります。蕎麦は天ぷらや寿司と並ぶ代表的な日本料理であり、その歴史はとても古いものとなっています。

この蕎麦には「つゆ(蕎麦汁)」と呼ばれる調味料がつきものですが、この「つゆ」は地域によってその成分の好みが分かれ、その濃さ・味・色などにも明らかに違いがあります。

>>糖尿病におススメの食材・食事一覧

蕎麦は、竹簾が敷かれている専用の蕎麦皿などの皿や、ざるそば用のざる、蕎麦蒸籠などによって提供されることが多くなっており、蕎麦つゆについては猪口と徳利で提供されることが多くなっています。

また、蕎麦はカップ麺として販売されていたり、外食チェーンでもメニューに載っていたり、蕎麦の麺が乾麺または茹で麺の状態で小売店などで販売されていたりして、私たちの生活の中でごく一般的に食べられている食材となっています。

蕎麦は「蕎麦粉」、「つなぎ」、「水」を用いて作られ、つなぎの代わりに風味付けの材料を加えるということもあります。

蕎麦のつなぎには、小麦粉が使われることが一般的となっています。そして、蕎麦はこの小麦粉に対する蕎麦粉の配合割合によって、その名称が変わります。
その他、鶏卵、布海苔、長芋、山芋、オヤマボクチ、こんにゃくといったものがつなぎとして使用され、これらの食材が加えられることによって、蕎麦に独特のコシや食感が生まれることとなります。

また、風味付けに黒ゴマを使用すると胡麻切り蕎麦、海苔を使用すると海苔切り蕎麦、抹茶を使用すると茶蕎麦と呼ばれるようになります。

さらに、季節の植物であるタケノコ、ふきのとう、モロヘイヤ、アシタバ、柚子、大葉、梅、若布といったものを蕎麦に練り込んで提供するという店もあるとのことです。

このような蕎麦は、糖尿病の予防に効果がある食材とされています。

蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低いとされています。
このGI値とは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略であり、食事後において血糖値が上昇するスピードを数値化したものです。

このGI値が低い蕎麦のような食品では、糖が体内に穏やかに取り込まれるようになり、血糖値の上昇も緩やかとなります。

そのため、インスリンが大量に分泌してしまうということもないので、糖は速やかに組織に吸収されていきます。

このような状態になれば、脂肪が蓄積しにくくなるため、比較的太りにくい体となっていくので、糖尿病の予防に効果があるとされているのです。

また、蕎麦粉には食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維が豊富に含まれていると、胃腸での吸収に時間がかかります。
すると、そのかかった時間分、体内へのブドウ糖の吸収も緩やかとなります。

その結果、血糖値も急上昇することはなく、緩やかに上昇していくこととなるのです。
この食物繊維ですが、小麦粉よりも蕎麦粉の方が多く含まれています。

したがって、小麦粉で作られているうどんの方が、蕎麦よりも血糖値を急上昇させる食材だといえると思います。
糖尿病を患っている方は、同じ麺類でも小麦粉で作られているうどんやラーメン、素麵よりも蕎麦を食べる方が良いと思います。

ただ、注意点として、市販の大半の蕎麦はつなぎとして小麦粉が使われています。

小麦粉の方が蕎麦粉よりも原価が安いため、安い蕎麦は多くの小麦粉をつなぎとして使用している可能性もあります。

したがって、もしそのような蕎麦をよく食べているのであれば、それが糖尿病を悪化させてしまう原因にもなりかねません。

糖尿病の方は、蕎麦粉の割合が100%である「十割蕎麦」を探して購入するようにしましょう。

>>糖尿病におススメの食材・食事一覧

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 妊娠糖尿病 体験談
    出産後の今も「糖尿病」として定期的に通院しインスリン注射をしています。 糖尿病発覚時私は20代…
  2. 糖尿病とは?
    国内の患者数は約950万人。そんな糖尿病とは? 糖尿病とは、ヘモグロビンA1c値や血糖値が一定…
  3. 糖尿病
    私が糖尿病になったキッカケは毎日のファミレス通い 私が糖尿病になったキッカケは、会社帰りに…
  4. 糖尿病 体験記
    私が糖尿病になったきっかけは、長年の運動不足と食生活の乱れでした。 子供のころからお菓子やジュ…
  5. 相撲 力士 糖尿病
    相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。 その頃の私の職業は力士でした。 身長は18…
  6. 清原 糖尿病 重症
    拘留中も重度の症状で極秘で病院に通っていた清原和博さん 清原和博さんは、野球評論家、タレントで…
  7. 違い 糖尿病
    1型と2型糖尿病とはどのような違いがあるのでしょうか。 糖尿病は、高血圧と並んで多くの日本人が…
  8. 糖尿病 1型糖尿病 子供
    普通の食生活でしたが、幼稚園の時に1型糖尿病と診断されました。 糖尿病だと明らかになったのは私…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  2. ゴーヤ ダイエット
    ゴーヤーはダイエットに良い成分が豊富に含まれている優秀な食材 ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属に…
  3. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  4. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 蕎麦 糖尿病 糖質制限
    蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低い 蕎麦とは、日本の麺類で…
  2. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  3. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  4. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
  5. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status