妊娠糖尿病 体験談

出産後の今も「糖尿病」として定期的に通院しインスリン注射をしています。

糖尿病発覚時私は20代前半で妊娠初期でした。
妊娠時には血液検査で様々な項目を確認するのですがそこで血糖値の値が高かったことで医師から妊娠糖尿病の疑いがあると伝えられました。

正直糖尿病になるなんて思ってもいませんでした。
BMIも正常で体系は標準体型、標準体重より少し多いかなくらいで突然の糖尿病の話しに最初は「ご飯の影響かな」としか思っていませんでした。

そして日を開けて再度詳しい検査をするとのことで半日かけて血糖値の検査をしました。

サイダーをさらに甘くしたような飲み物を空腹時に飲まされ一時間、二時間…と採血をし血糖値の振れ幅を見るものでした。

ここで私の血糖値は二時間後で150前後でした。

そこで改めて妊婦糖尿病の診断をされたのですが結果を先にお伝えすると出産後の今も「糖尿病」として定期的に通院しインスリン注射を一日一回夜に行っています。

発覚時に特別自分で症状と言うのはありませんでした。
人と比べるとトイレが近いかな?と感じるくらいで喉が異常に乾くなどの症状はなかっただけにどこが糖尿病なんだろうとしばらく悩む日々が続きました。

妊娠時は出産間近まで血糖値は上がり続けると聞き最初は食事療法を行い様子を見ていましたが臨月にもなると食後の血糖値は150を超えていたためインスリンを投与しながら糖尿病と付き合うことに。

ちなみに食事療法ですが糖質制限をしていたため夕食では白米を一切食べずおかずと野菜メインの生活になりました。

外食は付き合いで行く時には量を半分にするなど炭水化物が抜けないときは量と食べ方で調節していました。

お腹空いてしまったときはチーズなどの乳製品は血糖値が上がりにくいので積極的に摂取してましたがすぐに飽きてしまい今では間食としてはほとんど食べません。

インスリンを投与しながらの療養が始まりました。

その後インスリンを投与しながらの療養が始まるのですが最初の一週間は注射を自分ですることが怖くて仕方なかったです。

私が使っていた針は髪の毛と同じくらいの細さだと医師は言っていましたが痛い、痛くないというよりも「刺す」行為が怖かったので実際打ってしまえば痛くないのですが心の準備がなかなかできなかったです。

臨月だったためしっかり栄養を取ってストレスをなくしていきたいから食べる為にインスリンを打とうと医師から提案されていたのでインスリン注射を打ってからは夕食もしっかり食べるようになりました。

またそのころは朝食の値も高く朝も注射していましたがインスリンしたんだから!としっかり食べれたのでストレスも減り、インスリン注射も大変なことばかりではなかったです。

そして出産後下がると思っていた血糖値は対して下がることなく現在は食後の値は130程度で、インスリン注射も一日一回単位も3なのでだいぶ軽くはなったものの糖尿病の事実は変わりません。

現在はインスリンだけに頼らず食事療法として糖質制限を徹底してます。

嬉しいことに最近ではコンビニでも低糖質なパンやお菓子が増えてきているのでちょっと油断して食べてしまうこともありますがそこまで血糖値に変化がないのでオススメです。

他にも間食はスルメにしてみたりと必ず菓子パン等は食べないようしてます。

実際はインスリンの投与も減り少しでも糖尿病から遠ざかってるかなと思いつつもいつ終わるのかわからない不安と戦いながらいつか食べれるとであろうーキを夢見てこれからも治療頑張ます。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 検査
    高齢者のⅡ型糖尿病に多く発症する高浸透圧高血糖症候群 糖尿病合併症には三大合併症をはじめとして…
  2. 私の母と兄弟の糖尿病の体験談です。 母は50代で、兄弟は30代で発病しました。 祖父も糖尿病…
  3. 血糖値検査 
    血糖値の検査について解説していきます。  世界的に糖尿病患者の数は非常に膨大であり、現在では全…
  4. 薬物療法 糖尿病
    インスリンを分泌させる?スルフォニル尿素薬(SU薬)とは? インスリンという言葉を耳にしたこと…
  5. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  6. 相撲 力士 糖尿病
    相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。 その頃の私の職業は力士でした。 身長は18…
  7. 糖尿病 治療法
    インスリン注射によって生理的なインスリン分泌を補う必要があります 1型糖尿病とは、インスリンを…
  8. 糖尿病とは?
    国内の患者数は約950万人。そんな糖尿病とは? 糖尿病とは、ヘモグロビンA1c値や血糖値が一定…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  2. ゴーヤ 美肌 アンチエイジング
    美肌効果といった夏に嬉しい効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーは夏野菜の王様と呼ばれており、夏バテ…
  3. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  4. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 胡麻 糖尿病 糖質制限
    コレステロール値や血圧値を改善する胡麻 胡麻はゴマ科ゴマ属の一年草で、主に種子が食材、食用油な…
  2. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  3. きのこ 糖尿病 糖質制限
    低糖質な「きのこ」で糖尿病対策! きのこは栄養価が高くカロリーがほとんどない食品であるため、糖…
  4. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
  5. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status