糖尿病におすすめの漢方薬一覧!【厳選10選!】

漢方薬 糖尿病 おすすめ

糖尿病に効く漢方薬・合併症予防におすすめの糖尿病は?

糖尿病に用いられる漢方薬はたくさんありますが、糖尿病の合併症の予防や対策によく用いられています。
そう、糖尿病そのものに対する治療よりも、糖尿病によって引き起こされた諸症状や合併症への対処法として漢方薬が有用とされているのです。

しかし、そんな漢方薬も多種多様な種類があり、何を選んでいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?
今回はそんな糖尿病におすすめの漢方薬を厳選して10種類ご紹介していきます。

防風通聖散:体力が充実し、肥満、便秘の患者に向けた漢方薬

防風通聖散は体力が充実し、肥満、便秘の患者に向けた漢方薬になります。
糖尿病の原因の治療を前提としますが、高血圧や肥満に伴うむくみ、便秘、湿疹・皮膚炎、肥満症などを適応としています。

多くの生薬が配合された漢方薬になりますが、全体として利尿、便通促進、発汗、血行改善、解熱作用を期待され使用されることが多くあります

>>防風通聖散の詳細、口コミ・評判はこちら

牛車腎気丸:糖尿病性神経障害、しびれ、耳鳴り、前立腺炎などにも効果がある漢方薬

牛車腎気丸は漢方薬の一種であり、10種類の生薬から構成されています。
おもに高齢者の泌尿器系や生殖器・副腎の機能低下の改善に用いられ、具体的には排尿障害、下肢の脱力感、しびれ、痛みなどを感じる場合に使用します。

臨床研究においては、糖尿病性神経障害、しびれ、耳鳴り、前立腺炎などにも効果があるとされています。
牛車腎気丸は六味丸、八味地黄丸から派生した漢方薬になります。

>>牛車腎気丸の詳細、口コミ・評判はこちら

六味丸:身体機能の低下に適応があるとされる漢方薬

六味丸は一般的に中高年の加齢による身体機能低下(特に泌尿器系)に対して用いることが多い漢方薬であり、特に体がのぼせ気味の人に効果があるとされています。

主にのぼせ気味の人に向けた漢方薬で、糖尿病に伴う排尿困難や残尿感、頻尿、しびれ、むくみなどに効果があるとされています。

>>六味丸の詳細、口コミ・評判はこちら

八味地黄丸:糖尿病や前立腺肥大などの症状に期待できる漢方薬

八味地黄丸は加齢による機能低下を原因とし、手足の冷えや口渇、多尿(もしくは尿量減少)などを伴う下肢痛、しびれ、腰痛、かすみ目、排尿困難、残尿、頻尿、むくみ、高血圧に伴う諸症などのような症状に有効とされています。

さらには臨床研究では、糖尿病や前立腺肥大、排尿困難などの症状にも適応があるとして研究がすすめられています。

>>八味地黄丸の詳細、口コミ・評判はこちら

白虎加人参湯:糖尿病性の口渇や発汗などに対しても効果がある漢方薬

白虎加人参湯は、熱中症によく使われる漢方薬として有名であり、熱中症に限らず、口渇や体のほてり、湿疹や皮膚のかゆみがある状態の患者に対して有効になります。
またそれにより、原因の治療を前提として糖尿病性の口渇や発汗などに対しても効果があることがわかっています。

>>白虎加人参湯の詳細、口コミ・評判はこちら

清心蓮子飲は虚弱状態で、胃腸が弱く、全身に倦怠感があり、排尿困難、尿の濁り、排尿痛などの症状に対して適応を持ちます。
主に尿異常、神経症などの患者に用いられます。

>>清心蓮子飲の詳細、口コミ・評判はこちら

十全大補湯:体力低下や疲労倦怠、食欲不振、貧血などに効果がある漢方

十全大補湯はその漢字からも推測でき様に全てを補うという意味があり、全般的な体力低下や疲労倦怠、食欲不振、貧血などに効果があるとされている漢方薬です。

基本的には体力のない状態の患者に使う処方ですが、抗がん剤副作用軽減を目的に使用されることもあります。

>>十全大補湯の詳細、口コミ・評判はこちら

柴苓湯:下痢や胃腸炎などに効くとされている漢方薬

柴苓湯は一般的に下痢や胃腸炎などに効くとされている漢方薬であり、基本的にはあまり虚弱しすぎていない患者に対して処方します。
咳や痰などの風邪の症状対しても適応があります。

>>柴苓湯の詳細、口コミ・評判はこちら

桂枝加朮附湯:虚弱で冷えを持つ患者における関節痛・神経痛などに用いられる漢方薬

基本処方である桂皮湯に朮、附子を加えた処方であり、主に虚弱で冷えを持つ患者における関節痛、神経痛などに用いられます。

>>桂枝加朮附湯の詳細、口コミ・評判はこちら

漢方薬を用いる場合は、必ずかかりつけの医師に相談することが重要

漢方薬を併用することによって現在の薬へ影響を及ぼすことも考えられるため、医師も患者も注意しなければならないからです。
漢方薬は生薬を原料としていから、安全な薬であると思われがちですが、副作用が生じる場合もあるので、気になる症状が出たら医療機関に行くようにがしましょう。

漢方薬はあくまでアクセント。基本は食事と運動療法です。

いままで漢方薬をご紹介してきましたが、重要なのは漢方薬は糖尿病そのものを治療するものではないということです。
そう、漢方薬はあくまでアクセントであり、糖尿病対策の基本は食事と運動療法という事をお忘れなく。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 食事 血糖値
    "父が糖尿病でした。糖尿病は遺伝すると父はよく言っておりました。 片親が糖尿病なら、子供には2…
  2. 糖尿病 1型糖尿病 子供
    普通の食生活でしたが、幼稚園の時に1型糖尿病と診断されました。 糖尿病だと明らかになったのは私…
  3. 相撲 力士 糖尿病
    相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。 その頃の私の職業は力士でした。 身長は18…
  4. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  5. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  6. 糖尿病 体験記
    ある朝起床すると左半身にしびれが。食生活の乱れで糖尿病に。 私が糖尿病になったきっかけは、主食…
  7. 糖尿病 ブログ
    元気だった祖母が急に倒れて救急車で運ばれるという事態が起こりました。 その日の午前中は普段と特…
  8. 糖尿病 治療法
    血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。 、通常の健康な人の場合、空腹時血糖値は…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 美肌 アンチエイジング
    美肌効果といった夏に嬉しい効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーは夏野菜の王様と呼ばれており、夏バテ…
  2. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  3. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  4. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  2. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  3. きのこ 糖尿病 糖質制限
    低糖質な「きのこ」で糖尿病対策! きのこは栄養価が高くカロリーがほとんどない食品であるため、糖…
  4. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  5. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status