糖尿病 闘病

丁度私が成人した頃、私の父は病院で糖尿病という診断を受けてきました。

心当たりがない訳ではなかったので、半分は納得しあと半分は糖尿病って最近流行りの生活習慣病だから大したことはないんじゃないかという思いでした。
そのため、私を含め父以外の家族全員が「ヘぇ?、そうなんだ。」という呑気な気持ちで受け入れていました。

しかし、当の本人にとっては事は重大だったようで(きっと医者から厳しく言われたのでしょう。)
母が医者からの指導を受け、結果的に家族みんなで糖尿病対策に付き合う事になりました。

とは言っても、処方されたお薬を飲みながら日頃から多少の食事制限や運動をするという至って簡単な方法なのですが…

一体何が危険なのかというと、糖尿病というのは「一度かかったら一生治らない」という事なのです。

病状だけを見れば、よほど重症でない限りは大した事はありません。

ただ、これまでは何も気にせずに自由気ままに過ごしていた父にとっては、好きなお酒を控えたり何にでもかけていたお醤油を控えたりと日々、小さな我慢が一生つきまとってくるのです。

そしてもしそ医者の忠告を軽視して、薬も飲まずにこれまで通り好き勝手な事をしていたら、病状が進行した場合には足を切断するなどかなり深刻な結果が待ち構えている、実は恐ろしい病気です。

きっと、こんな風に言われたのでしょう。

父は基本的には気が小さい方なので、医者の忠告にしたがって療養に励んでいました。

具体的なものとしては、まずもともと血糖値はそんなに高くなかったので朝と夜の2回、ビグアナイド薬を飲みながら食事の際には醤油はもちろん漬物や調味料は控えて薄味の煮物やスープなどを主にしていました。
また、お米も塩分が高いのでいつもの三分の一程度と大幅に減らしました。

あとは運動ですが、もともと定期的に卓球をしていたのでその点は特に問題なく、ビール等のアルコールを控えて水をこまめに補給するというものです。
糖尿というからには糖分が原因のようですが、実際にはとにかく塩分をできる限り抑えるのが主でした。

それからたった半年ほどが過ぎた頃、順調に療養していた父にちょっとした異変が起こりました。
それは、久しぶりに友人グループと飲みに行った後のことです。

仲間内で「○○さん(父のこと)が末期ガンだ」という噂が広がったそうなんです。

それまであまり友人から頻繁に連絡がくる方じゃなかった父の元に、心配してか興味本位でかはわかりませんが一時的に連絡が途絶えなかった事が記憶に新しいです。
糖尿病と診断された時点でも小柄で太ってもいなかったので見た目にはわからなかたのですが、半年間の療養の結果父は異常なペースで痩せて行ったしまったのです。

本人がいうには20キロ近く減ったとのこと。

それだけ、食生活の乱れや飲酒等の影響で内臓脂肪が蓄積されていたのもあるのでしょうが、この痩せかたはいくらなんでもおかしいという事で再び病院へ。
結局、特に癌に犯されているという事はありませんでしたが、ひとくくりに糖尿病と言っても治療方法は個人差があってそれまでの薬や食事制限が父の体にはあっていなかったという事が判明しました。

それに加えて我慢というストレスによって精神的にもよくなかったようです。
それからは薬は半分の量を夜だけ飲むようになり、食事制限も「気持ち控える」程度に抑えて生活するようになり、現在に至ります。

今は一緒に暮らしていないので、たまに会うと気にはかなりの暴飲暴食なので治ったのかな?と思う時もありますが、本人の中では、年齢も年齢なのであまり我慢するよりは自由に好きなものを摂取してストレスを溜めない事を重視しているようです。

けれど、未だに定期的に検査に通いながら、毎日欠かさずに薬を飲む事だけは心がけています。

一見大した事がないような生活習慣病ですが、実は糖尿病にはなりやすい体質とそうでない体質が遺伝子レベルであるそうで娘である私にも父の糖尿の気が少し遺伝しており、どんなに食事制限をしてもコレステロール値が下がりませんし、それによる貧血も持ち合わせています。

このような事がない様に、生活習慣病を重視して健康的に過ごされる事をお勧めします。"

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 合併症 一覧
    危険!本当に怖い糖尿病の合併症。それぞれの初期症状、自覚症状は? 生活習慣病の中でも危険と言わ…
  2. 2型糖尿病 症状
    失明原因の20%ほどが糖尿病性網膜症によるもの 糖尿病は主にインスリンの作用不足もしくは分泌不…
  3. 2型糖尿病 治る?
    完全に機能が停止する前に治療を受ければ、完治することは可能?? 2型糖尿病は、インスリンに対す…
  4. 糖尿病 初期症状
    予備群の方を合わせると日本国内に約2000万人存在する糖尿病 糖尿病は、自分には関係ないと考え…
  5. 薬物療法 糖尿病
    インスリンを分泌させる?スルフォニル尿素薬(SU薬)とは? インスリンという言葉を耳にしたこと…
  6. 糖尿病 ブログ
    母親が糖尿病 で治療中です。 母は病院嫌いで健康診断などは行っていませんでした。 日頃から、…
  7. 1型糖尿病とは?
    1型糖尿病とは、膵臓のβ細胞の破壊によるインスリンの欠乏を原因とする糖尿病となっています。 以…
  8. 清原 糖尿病 重症
    拘留中も重度の症状で極秘で病院に通っていた清原和博さん 清原和博さんは、野球評論家、タレントで…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  2. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…
  3. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  4. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. アーモンド 糖質制限 糖尿病
    インシュリンの分泌やその働きをサポートするアーモンド アーモンドとは、バラ科サクラ属の落葉高木…
  2. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  3. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  4. 蕎麦 糖尿病 糖質制限
    蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低い 蕎麦とは、日本の麺類で…
  5. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status