大竹まこと 糖尿病

大竹まことさんも、糖尿病を発症していることを公表している芸能人の一人

大竹まことさんは、きたろうさん・斉木しげるさんとの3人で構成するシティボーイズの一員であり、日本のお笑いタレントで、俳優、ラジオパーソナリティでもあります。
そんな大竹まことさんも、糖尿病を発症していることを公表している芸能人の一人です。

>>糖尿病の芸能人・有名人一覧【まとめ】

大竹まことさんの経歴・芸歴は?

大竹まことさんは、1949年5月22日に東京都目黒区に生まれました。

その後、東京大学教育学部附属中学校を経て、現在の東京大学教育学部附属中等教育学校である東京大学教育学部附属高等学校を卒業しています。

大竹まことさんは、高校生の頃はDJになりたかったそうで、TBSラジオの番組「パックインミュージック」のパーソナリティであった白石冬美さんと野沢那智さんに憧れていたそうです。

1971年秋、大竹まことさんは「表現劇場」という劇団を結成し、この時の仲間に風間杜夫さんとのちにシティボーイズを結成するきたろうさん、斉木しげるさんがいました。

そして1979年、大竹まことさんは芝居ユニット「シティボーイズ」を結成しますが、劇団時代の大竹まことさんはアルバイトなどをせず、女性に経済的な援助を受けるヒモ生活を送っていたそうです。
大竹まことさんはその後、タレント業として芸能事務所である「人力舎」と契約し、初起用でクイズ番組の司会を受け持ちました。

しかし、大竹まことさんはこの番組進行中に取り乱し、昏倒してしまいます。

また、大竹まことさんは放送媒体によっては、そのシニカルなキャラクターから一転して、憤慨して暴力と罵詈雑言で暴れるというタレントとして認知されていきました。
その破壊的なキャラクターのため、出入り禁止とされるテレビ局もあったようです。

大竹まことさんは、1985年4月より放送が開始されたバラエティ番組「夕やけニャンニャン」において、レギュラーで起用されました。
ただ、この時は「常滑川まこと」名義で出演しており、この「常滑川まこと」という名前はシティボーイズでの活動と、ソロでの活動を分けるために初期の頃だけ使用されていたようです。

また、大竹まことさんは1988年頃、メジャーデビュー前のX JAPANのYOSHIKIさんらとの交流を持っていました。
そのため、YOSHIKIさん主宰のインディーズレーベル「エクスタシーレコード」のイベント「EXTASY SUMMIT」が1991年と1992年に日本武道館で行われた際、大竹まことさんは司会者として参加しています。

さらに、大竹まことさんは若手お笑い芸人への造詣が深いことでも有名です。
そのため、朝日放送の「ABCお笑い新人グランプリ」、「M-1グランプリ」、関西テレビの「R-1グランプリ」などの賞レースの番組において、審査員を務めていました。

そんな大竹まことさんは糖尿病を発症しており、以前は治療のために食事制限をしていたそうです。

この食事制限によるダイエットの効果もあって、大竹まことさんは1年間に5kgの減量に成功したそうです。
そして、大竹まことさんは自身のラジオ番組において、「炭水化物が人類を滅ぼす」という著書を出して糖尿病に詳しい夏井睦先生と共演しています。

これは、テレビ朝日系列の「TVタックル」という番組で共演した際に、大竹まことさんが直接、夏井睦先生にオファーを出して実現したそうです。
そして、そのラジオ番組で糖尿病について詳しく聞いている大竹まことさんはタレントというよりは、糖尿病に悩む一患者という姿であったとのことです。

このように大竹まことさんのような発言力のある方が、糖尿病についていろいろと議論することは、世間での糖尿病の議論を深めることになり、良いことだと思います。

大竹まことさん以外にもこのような発言をする方が増え、議論が深まる連鎖が続いていけばいいなと思います。

>>糖尿病の芸能人・有名人一覧【まとめ】

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  2. 糖尿病 合併症 一覧
    危険!本当に怖い糖尿病の合併症。それぞれの初期症状、自覚症状は? 生活習慣病の中でも危険と言わ…
  3. 清原 糖尿病 重症
    実は非常に多い糖尿病の芸能人・有名人 予備群の方を合わせると日本国内に約2000万人存在する糖…
  4. 食事 糖尿病 制限
    私の父は40歳代後半から糖尿病を患っていました。 父の家系には糖尿病の人が多く、父方の祖父は糖…
  5. 星野仙一 糖尿病
    手術が実施することができないレベルの糖尿病だった星野仙一さん 星野仙一さんは、日本の元プロ野球…
  6. 相撲 力士 糖尿病
    相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。 その頃の私の職業は力士でした。 身長は18…
  7. 私の母と兄弟の糖尿病の体験談です。 母は50代で、兄弟は30代で発病しました。 祖父も糖尿病…
  8. 糖尿病 初期症状
    30代主婦です。この1年、あまり体調が良くありませんでした 症状は、食事の後にのどが渇き、…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  2. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  3. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  4. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  2. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  3. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  4. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
  5. 発芽玄米 効果 糖尿病 糖質制限
    血糖値を低下させる効果があり、糖尿病におすすめの発芽玄米 発芽玄米とは、玄米を水に1~2日間つ…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status