ハル・ベリー 糖尿病

19歳の時に糖尿病と診断されたハル・ベリーさん

ハル・ベリーさんは、アメリカ合衆国の女優です。
そんなハル・ベリーさんは、1989年に突然、糖尿病昏睡で倒れました。

>>糖尿病の芸能人・有名人一覧

ハル・ベリーさんの経歴・芸歴は?

ハル・ベリーさんは、アメリカ合衆国のオハイオ州クリーブランドにて、アフリカ系アメリカ人の父とイングランド系の白人の母との間に生まれましたが、父親は暴力を振るうアルコール依存症であったそうです。
そのため、ハル・ベリーさんが4歳の時に両親が離婚します。

その後は看護師だった母のもとで育てられ、ベッドフォード市内の高校を経て、カヤホーガ短期大学を卒業しています。
ハル・ベリーさんは、女優になる前は様々なミスコンテストに出場していました。

その中で1986年には、ミスUSAで2位となり、同じ1986年のミス・ワールドでは6位となっています。その後、ハル・ベリーさんは、「ジャングル・フィーバー」(1991年公開)でデビューを果たし、さらに同じ1991年に公開された「ブーメラン」で注目を集めるようになります。

1999年には、「アカデミー 栄光と悲劇」というテレビ映画でドロシー・ダンドリッジを演じ、この役でハル・ベリーさんはエミー賞やゴールデングローブ賞を受賞します。

ハル・ベリーさんは2001年、「チョコレート」でアカデミー主演女優賞を受賞しましたが、これはアフリカ系アメリカ人としては初めての受賞という快挙でした。

さらにこの年、ハル・ベリーさんはベルリン国際映画祭銀熊賞も受賞しています。

ハル・ベリーさんは、2002年公開の「007 ダイ・アナザー・デイ」でボンドガールを務め、また、この年のアカデミー賞授賞式のプレゼンターも務めました。

しかし、ハル・ベリーさんはその授賞式において、アカデミー主演男優賞に最年少で選ばれたエイドリアン・ブロディさんに突然抱き寄せられ、熱烈なキスをされてしまいます。

その瞬間、ハル・ベリーさんは硬直しますが、すぐに右腕を絡めてこれに応えています。
しかし、キスが終わった途端に首を傾げる仕草をみせており、さらにこれ以降、ハル・ベリーさん、エイドリアン・ブロディさんの両者ともにアカデミー賞には縁がありません。

ハル・ベリーさんは、2004年に公開された「キャットウーマン」でゴールデンラズベリー賞最低主演女優賞を受賞してしまいます。
この賞は受賞しても直接受け取りに行く俳優や監督はほとんどいないのですが、ハル・ベリーさんは授賞式に自ら駆け付けました。

しかも、その時はアカデミー賞受賞時の像を持参しており、自らのアカデミー賞受賞時のスピーチを完璧にコピーしたセルフパロディの受賞スピーチを演じきったそうです。
その後、ハル・ベリーさんは、2007年に著名人の功績をたたえるハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに加わっています。

そんなハル・ベリーさんは、19歳の時に糖尿病と診断されています。

診断後の最初の数年間は恐怖ばかりを抱いていたそうですが、その後、ハル・ベリーさんは自身の健康のために本気でライフスタイルを変更することを決意します。

まず、ハル・ベリーさんはパンと精製された砂糖を摂らないようにし、野菜やたくさんの水を摂取するといった健康的な食生活に切り替えたそうです。

また、糖尿病に優しい食材として、脂肪や糖分、加工炭水化物の少ない食品に注目しており、チキン、魚、そしてパスタを多く食べているとのことです。

ハル・ベリーさんは、糖は毒というふうに考えているとのことで、糖分が身体の代謝システムや肌に悪い影響を及ぼす可能性があると考えているそうです。
そのため、自身の食事だけではなく、自分の子供の食事にも砂糖の代わりにキシリトールを使用しているとのことです。

このように糖尿病と正面から向き合っているハル・ベリーさん。

これからも糖尿病とうまく付き合いながら、子供たちと幸せに暮らしていってほしいなと思います。

>>糖尿病の芸能人・有名人一覧

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 体験記
    私が糖尿病になったきっかけは、長年の運動不足と食生活の乱れでした。 子供のころからお菓子やジュ…
  2. 糖尿病 初期症状
    予備群の方を合わせると日本国内に約2000万人存在する糖尿病 糖尿病は、自分には関係ないと考え…
  3. 2型糖尿病 治る?
    完全に機能が停止する前に治療を受ければ、完治することは可能?? 2型糖尿病は、インスリンに対す…
  4. 糖尿病 体験記
    治す気がないのか!と言わんばかりの毎日の生活でした。 私の夫は30代後半で、3年前に体調不良が…
  5. 糖尿病 体験記
    ある朝起床すると左半身にしびれが。食生活の乱れで糖尿病に。 私が糖尿病になったきっかけは、主食…
  6. 糖尿病 闘病
    丁度私が成人した頃、私の父は病院で糖尿病という診断を受けてきました。 心当たりがない訳ではなか…
  7. 糖尿病 ブログ
    母親が糖尿病 で治療中です。 母は病院嫌いで健康診断などは行っていませんでした。 日頃から、…
  8. アントニオ猪木 糖尿病
    食べすぎや飲み過ぎで重度の糖尿病なアントニオ猪木さん アントニオ猪木さんは、神奈川県横浜市鶴見…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  2. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  3. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  4. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
  2. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  3. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  4. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
  5. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status