糖尿病 食事

11年前ぐらいに主人が2型糖尿病になりそれから治療を続けています。

日本人のほとんどがこの2型糖尿病にあたるみたいです原因は遺伝的要素や生活習慣・加齢などで発症するみたいです、主人もそうですが軽いうちは症状もほとんどなくいろいろな検査などでわかるみたいです。

主人の場合も、扁桃腺が腫れ高熱が出てその時に血液検査をして「軽い糖尿病かもね」と言われました。
なので、何か症状があったり糖尿病なのかなと感じたりする事はほとんどありませんでした。

主人の場合は、父親が糖尿病でかかりつけ医が同じだったこともあり、最初の段階では軽く糖がでている程度でしたが父親が透析をしていて重度の糖尿病だったので、同じように進むと大変だという事でこれ以上進行しないようにと薬を服用するようになりました。

糖尿病を軽く見ており生活を改めることはしませんでした。

私たち夫婦は「予防のような感じで薬を飲むだけなら大丈夫だよね」と糖尿病を軽く見ており生活を改めることはしませんでした。

しかし毎月一回、空腹時の血糖値を検査するため朝食をとらずに検査に行かないといけなくなり、ひと月に一度の事ですが仕事の調整もあり途中、薬の服用もやめてもいいのかな?とも思いましたが自己判断で中断するのが一番よくないみたいなのでそれはそれはしませんでした。

日々の運動不足に外食・毎日何本も飲む缶コーヒーなどそれまでの生活がそのまま続き、少しずつ糖尿病は悪化していき薬の量が増えた時にはさすがに心配になり考え直さないといけないかもと危機感を持ちました。

いよいよ生活改善を本格的に考え始めていた頃に子供ができ、食事も外食はなるべく控えめにして家でとるようになりました。

運動のほうは主人の仕事の都合などでなかなか思うようにはできなかったですね、やはり仕事で疲れて帰ってきてそれから運動となるとしんどかったらしいです。

なので、毎日の缶コーヒーを朝だけにしたり食事の量を減らし味付けもなるべく薄めを心がけて自分達でできることをしました。

糖の数値は増えていくばかりそれと同時に薬の量も増えました。

しかししばらくの間は効果がなかったのか努力が足らなかったのかわかりませんが、糖の数値は増えていくばかりそれと同時に薬の量も増えました。

やっぱり遺伝的なものもあるしこのままひどくなるだけなのかなと考えたこともありますが、それまで以上に食事管理に気をつかうようにしました特に運動をする時間がとれないのもあり、なので食事管理が一番でした。

糖尿病の本を買ってみたり病院の食事指導をうけたりしました。

血糖値をコントロールするのが目的なので食品の栄養素やエネルギーなども調べたりして、でも結婚してからキチンと考えて料理をしていたら糖尿病の発症も遅らせることができたかもと反省もしました。

糖尿病治療を開始してから7年ぐらいたった頃にやっと血糖値が下がりだし先生に「このままいい状態が続けば薬を減らすことができますよ」と言われすごく嬉しかったのを覚えています。
それまで血糖値の変動がかなりあったので半信半疑でしたが、維持できるように頑張りました。

それから半年ぐらいしてから本当に薬の量が減りました。

最初の薬はあまり覚えていませんが、アマリールを服用していたのは覚えています朝3㎎夜1㎎それと他にも、今はジェネリックに変えていますがグリメピリド錠1㎎を朝服用して他にリオベル・カナグル・メトホルミン夜はメトホルミンのみです。

これからも糖尿病の治療は続きますが、進行を防ぎいろんな合併症の予防のために毎月の検査・食習慣、運動ができればもっといいですが出来る範囲で夫婦で頑張っていきたいです。

時間はかかりますが生活などを見直せば、今より少しでもいい状態にもっていけると思います。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 仕組み 原因
    血糖をコントロールする役割を持っているのがインスリン(インシュリン) インスリン(インシュリン…
  2. アントニオ猪木 糖尿病
    食べすぎや飲み過ぎで重度の糖尿病なアントニオ猪木さん アントニオ猪木さんは、神奈川県横浜市鶴見…
  3. 星野仙一 糖尿病
    手術が実施することができないレベルの糖尿病だった星野仙一さん 星野仙一さんは、日本の元プロ野球…
  4. 血糖値検査 
    血糖値の検査について解説していきます。  世界的に糖尿病患者の数は非常に膨大であり、現在では全…
  5. 糖尿病 体験記
    ある朝起床すると左半身にしびれが。食生活の乱れで糖尿病に。 私が糖尿病になったきっかけは、主食…
  6. 糖尿病
    八糖仙は、糖質を抑え、糖質ブロックを可能にしてくれるサプリメント 八糖仙は、1日5粒を目安に飲…
  7. 2型糖尿病 症状
    インスリン抵抗性、相対的インスリン不足が特徴の2型糖尿病とは? 2型糖尿病とは、長期的代謝異常…
  8. 糖尿病 飲み物 おすすめ
    糖尿病に効果がある、血糖値を下げる飲み物&お茶を紹介! 糖尿病を治療中の方や、予防をしたい方に…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  2. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…
  3. ゴーヤ ダイエット
    ゴーヤーはダイエットに良い成分が豊富に含まれている優秀な食材 ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属に…
  4. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  2. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  3. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  4. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  5. 蕎麦 糖尿病 糖質制限
    蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低い 蕎麦とは、日本の麺類で…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status