バナバ茶 糖尿病

コロソリン酸を含むバナバ茶には糖尿病の予防・改善の効果がある

バナバ茶の元であるバナバは、ミソハギ科サルスベリ属の落葉高木であり、和名はオオバナサルスベリです。
バナバ茶はバナバの葉を煮出して作られるお茶で、古くから健康茶として飲用されてきました。

バナバはフィリピンではありふれた植物なのですが、コロソリン酸や亜鉛を豊富に含んでいます。
そのため、その健康効果は非常に優れたものであるということが、最近の研究によって明らかになってきました。

>>糖尿病におすすめ・血糖値を下げる飲料一覧【まとめ】

バナバとは?

バナバはインド、東南アジアから北オーストラリアまでの熱帯地方に分布しており、高さが約5~10mにもなります。
バナバの葉の形は卵形で、その色は濃緑色をしており、その花は匙形でしわが多く、朝は淡紅色で夕方に紫色に変化します。

バナバの歴史は古く、約1000年前から健康維持のために健康茶として飲まれていたという説もあるとのことです。
現在、バナバは「医薬用植物」としてフィリピンの植物産業局に認定されています。

そんなバナバには血糖値を下げる作用があるため、糖尿病の予防・改善に効果があるとされています。

前述の通り、バナバにはコロソリン酸が含まれているのですが、これは他の茶葉には見られない成分であり、血糖値を下げる働きがあるということが研究発表されています。

山崎和男広島大学名誉教授は、細胞を用いた実験によって、コロソリン酸がインスリンと同じように糖を細胞内に速やかに吸収させるという研究結果を発表しました。
これは、すなわちコロソリン酸の糖の移動活性を発見したことになります。

また、近年の研究では、鈴鹿医療科学大学の三浦俊宏助教授が、コロソリン酸が細胞内のタンパク質Glut4を惹起し、糖を細胞内に取り込むメカニズムを解明しています。

この研究では、動物実験によってコロソリン酸に血糖上昇抑制作用があることを確認しています。

また、先端医療振興財団 臨床研究情報センターの福島光夫医学博士の研究では、人間に対してもコロソリン酸が血糖値上昇抑制作用があるということを確認しています。

これらの研究結果により、コロソリン酸には血糖値を下げる作用があることが証明されているため、このコロソリン酸を含むバナバ茶には糖尿病の予防・改善の効果があるといえます。
また、このコロソリン酸には血糖値を下げる作用のほかに、炭水化物や糖分の吸収を抑える効果があるということもわかっています。

そのため、バナバ茶はダイエットにも効果的であるといえます。

また、バナバ茶には他の茶葉と比較して、多くのカリウムが含まれています。

そのため、利尿作用が高いことから、体内の余分な水分を尿と一緒に排出することができますので、むくみ改善効果やデトックス効果が期待できます。
そして、このカリウムの働きにより、血液中の過剰な水分や老廃物も尿として排出することができます。

これによって血液成分が改善しますので、肝臓の機能向上にもつながります。

さらに、バナバ茶には亜鉛やマグネシウムといったミネラル類が豊富に含まれており、亜鉛には血糖値を下げるインスリンの分泌を調節する作用や、免疫力強化作用があります。

また、マグネシウムには糖や脂肪をエネルギーに変える働きがありますので、前述のコロソリン酸の作用と相まって、さらなる糖尿病の予防・改善効果が期待できます。

このように糖尿病に有効なバナバ茶ですが、血糖値を下げる作用があるため、血圧降下剤との併用や大量摂取は避けるべきとされています。
血圧降下剤を使用している方や、既に糖尿病の治療を行っているという方は、担当の医師と相談してからバナバ茶の飲用を始めるようにしましょう。

>>糖尿病におすすめ・血糖値を下げる飲料一覧【まとめ】

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 仕組み 原因
    血糖をコントロールする役割を持っているのがインスリン(インシュリン) インスリン(インシュリン…
  2. 糖尿病とは?
    国内の患者数は約950万人。そんな糖尿病とは? 糖尿病とは、ヘモグロビンA1c値や血糖値が一定…
  3. 糖尿病 ブログ
    元気だった祖母が急に倒れて救急車で運ばれるという事態が起こりました。 その日の午前中は普段と特…
  4. 糖尿病 闘病
    丁度私が成人した頃、私の父は病院で糖尿病という診断を受けてきました。 心当たりがない訳ではなか…
  5. 血糖値検査 
    血糖値の検査について解説していきます。  世界的に糖尿病患者の数は非常に膨大であり、現在では全…
  6. 薬物療法 糖尿病
    インスリンを分泌させる?スルフォニル尿素薬(SU薬)とは? インスリンという言葉を耳にしたこと…
  7. 清原 糖尿病 重症
    実は非常に多い糖尿病の芸能人・有名人 予備群の方を合わせると日本国内に約2000万人存在する糖…
  8. 相撲 力士 糖尿病
    相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。 その頃の私の職業は力士でした。 身長は18…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 美肌 アンチエイジング
    美肌効果といった夏に嬉しい効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーは夏野菜の王様と呼ばれており、夏バテ…
  2. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  3. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  4. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  2. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  3. きのこ 糖尿病 糖質制限
    低糖質な「きのこ」で糖尿病対策! きのこは栄養価が高くカロリーがほとんどない食品であるため、糖…
  4. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
  5. アーモンド 糖質制限 糖尿病
    インシュリンの分泌やその働きをサポートするアーモンド アーモンドとは、バラ科サクラ属の落葉高木…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status