血管障害は細小血管障害と大血管障害の2つに大別されます。

糖尿病はインスリンの作用不足などにより血糖のコントロールができなくなり、慢性の高血糖となってしまう疾患です。
血糖値が高い状態は血管に負担をかけるので、高血糖状態が持続すると血管障害が生じてしまいます。

血管障害は細小血管障害と大血管障害の2つに大別されます。

細小血管障害はいわゆる毛細血管のような細い血管に病変が生じる疾患で、代表例として糖尿病三大合併症(腎症、神経症、網膜症)が挙げられます。

一方で大血管障害は主に動脈硬化性の疾患であり、太い血管に病変が生じることにより発症します。

今回はこの大血管障害について解説していきたいと思います。

>>糖尿病の合併症一覧【まとめ】

・大血管障害とその種類

 大血管障害は動脈硬化を原因とする合併症で、糖尿病三大合併症(細小血管障害)とはことなり、糖尿病特有のものではなく、多くの危険因子が絡むことにより生じる疾患です。

糖尿病は大血管障害における重大な危険因子の1つであることは間違いなく、さらに大血管障害は第四の合併症と呼ばれるほど危険な疾患です。
一概に大血管障害といってもその病態は様々であり、主要な疾患としては虚血性心疾患、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症の3つを挙げることができます。

・虚血性心疾患

糖尿病における患者では冠動脈の硬化により狭心症・心筋梗塞がおこる可能性が高く、非糖尿病患者と比較しおよそ2倍のリスクがあると考えられています。
心臓に酸素や栄養を送る血管は冠動脈と呼ばれ、この冠動脈が何らかの原因で狭窄・閉塞してしまうと、心筋の需要に見合った血液を送ることができず、心筋が虚血に至ります。

この状態のことを虚血性心疾患といい、主に狭心症と心筋梗塞の2つがあります。

狭心症と心筋梗塞の違いは一過性のものかどうかという点であり、狭心症はあくまで一過性の心筋虚血で心筋壊死にまでは至りませんが、心筋梗塞は安静により寛解することがなく、放っておくと心筋壊死に至ります。

症状としては胸部の締め付け感や圧迫感、激しい胸痛などであり、急性心筋梗塞を除いて基本的には薬物治療を行います。

・脳梗塞

糖尿病患者における脳梗塞のリスクは非糖尿病患者に比べ2~4倍も高いといわれています。

脳梗塞の病型にはアテローム血栓性脳梗塞や心原性脳塞栓症、ラクナ梗塞などがありますが、糖尿病と特につながりが強いのはアテローム血栓性脳梗塞になります。

アテローム血栓性脳梗塞とはアテローム硬化により起こる脳梗塞のことで、2つの機序が存在します。

アテロームはコレステロールや中性脂肪の塊のことで、何らかの原因により血管内皮細胞が傷害を受けると、その傷口からアテロームが血管の内膜に入り込み分厚い瘤のようなものを形成することがあります。

この瘤をプラークといい、プラークにより狭くなった血管に血栓が形成されて血管が閉塞する機序と、頸動脈などのアテローム硬化部に血栓が生じ、さらに一部が剥がれおちて塞栓子となり脳動脈に詰まる機序があります。

片麻痺や構音障害を主な症状とし、治療としては血栓溶解療法、抗血小板療法、抗凝固療法、脳保護療法などが行われます。

・閉塞性動脈硬化症

糖尿病患者では下肢の動脈硬化に虚血性病変を生じることによって閉塞性動脈硬化症を発症する可能性が高く、非糖尿病患者と比較し約4倍のリスクになります。

閉塞性動脈硬化症とは主に下肢の動脈硬化により、慢性的な血流障害を起こす疾患です。
症状の特徴としては間欠性跛行がみられ、さらに症状が悪化すると潰瘍や壊疽を生じ、最悪の場合足の切断までに至ります

主な治療としては運動療法や動脈硬化危険因子の是正、また薬物治療や外科的療法を行うこともあります。

・最後に

糖尿病患者では大血管障害を予防するために、高血糖の管理だけでなく危険因子の管理を行うことも重要になってきます。

危険因子とは喫煙や高血圧、肥満などの生活習慣に関わるものが多くあるので、健康的な生活習慣を心がけることが大切です。

>>糖尿病の合併症一覧【まとめ】

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 仕組み 原因
    血糖をコントロールする役割を持っているのがインスリン(インシュリン) インスリン(インシュリン…
  2. 糖尿病 ブログ
    元気だった祖母が急に倒れて救急車で運ばれるという事態が起こりました。 その日の午前中は普段と特…
  3. 2型糖尿病 症状
    インスリン抵抗性、相対的インスリン不足が特徴の2型糖尿病とは? 2型糖尿病とは、長期的代謝異常…
  4. 糖尿病 検査
    高齢者のⅡ型糖尿病に多く発症する高浸透圧高血糖症候群 糖尿病合併症には三大合併症をはじめとして…
  5. 糖尿病 1型糖尿病 子供
    普通の食生活でしたが、幼稚園の時に1型糖尿病と診断されました。 糖尿病だと明らかになったのは私…
  6. 糖尿病 治療法
    インスリン注射によって生理的なインスリン分泌を補う必要があります 1型糖尿病とは、インスリンを…
  7. 清原 糖尿病 重症
    拘留中も重度の症状で極秘で病院に通っていた清原和博さん 清原和博さんは、野球評論家、タレントで…
  8. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  2. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  3. ゴーヤ ダイエット
    ゴーヤーはダイエットに良い成分が豊富に含まれている優秀な食材 ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属に…
  4. ゴーヤ 美肌 アンチエイジング
    美肌効果といった夏に嬉しい効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーは夏野菜の王様と呼ばれており、夏バテ…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 胡麻 糖尿病 糖質制限
    コレステロール値や血圧値を改善する胡麻 胡麻はゴマ科ゴマ属の一年草で、主に種子が食材、食用油な…
  2. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  3. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  4. アーモンド 糖質制限 糖尿病
    インシュリンの分泌やその働きをサポートするアーモンド アーモンドとは、バラ科サクラ属の落葉高木…
  5. 蕎麦 糖尿病 糖質制限
    蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低い 蕎麦とは、日本の麺類で…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status