糖解錠300錠とは?効果・効能は?副作用はある?【糖尿病の市販薬】

糖解錠300錠 口コミ・評判

10種類の生薬から配合される「糖解錠300錠」の口コミ・評判は?

 糖尿病は血糖値のコントロールがうまくできず慢性の高血糖を生じてしまう疾患ですが、その症状や原因は多岐にわたり各々のケースに合わせた治療を行うことが大切になります。
とりわけ初期症状やあまり重篤ではない糖尿病に対しては漢方薬を使用することもしばしばみられます。

今回は糖尿病を適応とする漢方薬である糖解錠300錠に関して解説を行っていきたいと思います。

・糖解錠300錠とは?構成生薬と効能

糖解錠300錠は糖尿病に適応をもつ漢方薬で、10種類の生薬から配合される一般用医薬品になります。
一般用医薬品はドラッグストアや薬局で購入することのできる医薬品のことで、医師の処方が必要となる医療用医薬品とは区別されます。

糖解錠300錠は糖尿病自体だけでなく、高血糖状態にともなう口渇、尿量減少、尿量過多などに対しても効果を示し、症状を改善します。

以下に構成生薬と効能を示します。

カロコン:

カロコンは不整の円柱形をなし、大きさは長さ5~10㎝、経が3~5㎝ほどの生薬です。
主に淡白色を呈しており、においはあまりなく、わずかに苦みがあります。

成分にはステロール化合物を含み、解熱、止瀉、鎮咳を目的として用いられます。

ゴミシ:

ゴミシは不規則な球~扁球の形をなし、径がおよそ6㎜の生薬です。
外側は濃い赤紫色を呈し、表面にはしわがあり、弱いにおい及び酸味があります。
成分にはリグナン系化合物やセスキテルペンを含み、収斂鎮咳作用をもつため、気管支炎や喘息に適応をもちます。

ジオウ:

ジオウは偏楕円形をなし、長さ2㎜ほど、幅1㎜ほどの粒の生薬です。
外面は褐色を呈し、つやをもち、においがなく、わずかに苦みがあります。

成分にはグアニジン誘導体や多糖類を含み、利水、去痰、鎮咳などを目的として用いられます。

バクモンドウ:

バクモンドウは紡錘形をなし、長さ2㎝ほど、径が0.5㎝ほどの生薬です。
淡黄色を呈し、わずかににおいがあり、わずかに甘さをもちます。

成分として、ステロイド配糖体を主に含み、鎮咳、去痰、滋養などを目的として用いられます。

カンゾウ:

カンゾウはほぼ円柱形をなし、径0.5~3㎝ほど、長さが1m以上に達する生薬です。
暗褐色を呈し、弱いにおいと甘みを持ちます。成分としてトリテルペノイド類を含み、急迫症状の緩和、鎮痛、鎮痙、解毒、鎮咳などを目的として用いられます。

カッコン:

カッコンは長さ30㎝ほど、幅5~10㎝ほどの生薬で、淡灰黄色~淡白色を呈します。
成分としてイソフラボン誘導体を含み、感冒や項背の凝りの解消などを目的として用いられます。

ブクリョウ:

ブクリョウは塊状で重さが0.1~0.2㎏ほどにもなる生薬で、白色~淡紅色を呈します。
成分として四環性トリテルペンを含み、鎮静、利尿作用を目的として用いられます。

ニンジン:

ニンジンは細長い円柱形をなし、しばしば数本の側根を生やし、淡黄色を呈している生薬です。
サポニンを成分として含み、特異なにおいをもち、食欲不振・糖尿・疲労の改善、滋養強壮作用などを目的として用いられます。

タラゴン:

タラゴンはフランス料理に用いられるハーブのことであり、淡い黄色を呈し、強い匂いをもつ生薬になります。
精油エストラゴールを成分として含み、抗アレルギー作用や消化の促進作用を目的として用いられます。

チモ:

チモはやや扁平なひも状をなし、長さ3~15㎝ほど、径1㎝ほどになる生薬で、褐色を呈し、味はわずかに甘く、弱いにおいをもちます。
成分としてはサポニン類を多く含み、解熱、滋養、止瀉、血糖降下作用を目的として用いられます。

・糖解錠300条における副作用や注意事項

妊娠中の方、胃腸の弱い方、高齢者、心臓病・高血圧・腎臓病を患っている方などでは、副作用や有害事象が生じる可能性があるので、服用前に医師や薬剤師に相談を行ってください。

副作用としては、発疹・発赤、かゆみ、食欲不振、吐き気、嘔吐、興奮、不眠、高血圧などを生じる可能性があります。
また手足のだるさやしびれ、脱力感、筋肉痛などを生じた場合は、重篤な副作用である偽アルドステロン症・ミオパチーの可能性があるので、直ちに服用を中止し近くの医療機関に相談・診察に行きましょう。

糖尿病や高血糖における療養法では、運動療法・食事療法が欠かせません。
単に薬を服用するだけでなく、普段の生活習慣を見直し改善していくことが大切になります。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 妊娠糖尿病 体験談
    出産後の今も「糖尿病」として定期的に通院しインスリン注射をしています。 糖尿病発覚時私は20代…
  2. 糖尿病 ブログ
    元気だった祖母が急に倒れて救急車で運ばれるという事態が起こりました。 その日の午前中は普段と特…
  3. アントニオ猪木 糖尿病
    食べすぎや飲み過ぎで重度の糖尿病なアントニオ猪木さん アントニオ猪木さんは、神奈川県横浜市鶴見…
  4. 糖尿病 治療法
    血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。 、通常の健康な人の場合、空腹時血糖値は…
  5. 私の母と兄弟の糖尿病の体験談です。 母は50代で、兄弟は30代で発病しました。 祖父も糖尿病…
  6. 糖尿病とは?
    国内の患者数は約950万人。そんな糖尿病とは? 糖尿病とは、ヘモグロビンA1c値や血糖値が一定…
  7. 糖尿病 検査
    高齢者のⅡ型糖尿病に多く発症する高浸透圧高血糖症候群 糖尿病合併症には三大合併症をはじめとして…
  8. 糖尿病 闘病
    丁度私が成人した頃、私の父は病院で糖尿病という診断を受けてきました。 心当たりがない訳ではなか…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…
  2. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  3. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  4. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  2. 胡麻 糖尿病 糖質制限
    コレステロール値や血圧値を改善する胡麻 胡麻はゴマ科ゴマ属の一年草で、主に種子が食材、食用油な…
  3. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  4. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  5. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status