スラピット135カプセル 口コミ・評判 効果・効能は?

脂質代謝異常に適応をもつスラピット135カプセル

糖尿病はインスリンの作用不足・分泌不足により体内において血糖値のコントロールができず、慢性の高血糖を呈してしまう疾患です。
一概に糖尿病といってもその原因はさまざまであり、個々に適した治療をおこなうことが大切になります。

中でも脂質代謝異常症は糖尿病の一因となる疾患であり、脂質代謝異常症の治療はそのまま糖尿病の予防・改善につながります。
今回は脂質代謝異常に適応をもつスラピット135カプセルについて解説を行ってきます。

脂質代謝異常とは?

脂質代謝異常は、以前は高脂血症と呼ばれていた疾患であり、2007年に新たに基準が策定されて以降、脂質代謝異常と呼ぶようになりました。
LDLコレステロール≧140㎎/dL、中性脂肪≧150㎎/dL、HDLコレステロール<40㎎/dLのいずれかを満たすと脂質代謝異常症に罹患していることになります。

2007年以前には総コレステロール≧220㎎/dLという基準項目が含まれていましたが、単にコレステロールが高いだけでなく、蓄積するコレステロールの質も問題であるという認識からこの項目は現在では削除されています。

LDLコレステロールは肝臓から血管へコレステロールを運搬する役割を担っており、それに対しHDLコレステロールは血中のコレステロールを回収し肝臓に戻す役割を担っています。

すなわちLDLコレステロール値が高い(もしくはHDLコレステロール値が低い)と、血液中にコレステロールが過剰になってしまい、動脈硬化、ひいては心筋梗塞や脳梗塞につながります。
脂質代謝異常はさまざまな疾患のリスクファクターでもあり、放っておくと糖尿病や高血圧などを生じることもあります。

スラピット135カプセルとは

スラピット135カプセルはリノール酸を主成分とし、脂質代謝異常を適応とする一般用医薬品になります。
一般用医薬品とは医師の処方を必要とせず、ドラックストアや薬局などで購入できる医薬品であり、これに対し医師の処方を必要とする医薬品を医療用医薬品と呼びます。

リノール酸は通称ビタミンFと呼ばれる多価不飽和脂肪酸であり、必須脂肪酸の一種でもあります。

体内で必要な物質ではありますが、体内で合成することができない脂肪酸なので、食品からの摂取が不可欠になります。

コレステロールを増加させるといわれている飽和脂肪酸に対し、不飽和脂肪酸は血中コレステロールを減少させる効果を示します。

これは不飽和脂肪酸に、血管壁に付着した脂肪を燃焼し血液中における過剰なコレステロールの排泄を促す作用があるからだと考えられています。
またスラピット135カプセルにはリノール酸の作用を強めるビタミンEとビタミンB6も配合されており、脂質代謝異常改善に非常に有用な医薬品になります。

スラピット135カプセルの副作用・注意事項

スラピット135カプセルの副作用としてかゆみ、発疹・発赤、下痢・嘔吐、吐き気、悪心、食欲不振、胃部不快感などがあるので、これらの症状が生じた場合にはただちに服用を中止し、近くの医療機関に診察・相談に行きましょう。
また1カ月以上服用しても症状に改善が見られない場合には、原因がスラピット135カプセルの適応外の可能性があるため服用を中止し、医師や薬剤師に相談しましょう。

コレステロール値を減少してくれるリノール酸は一見すると健康に良い栄養素に思えますが、過剰摂取をしてしまうとコレステロールを回収するHDLコレステロールの減少まで引き起こしてしまうため、逆に肥満の原因となり健康に害を及ぼします。

用法・用量をしっかりと守り適切な服用を行うとともに、普段の生活習慣を見直し、正しい運動療法・食事療法を継続していくことが非常に大切になります。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 2型糖尿病 症状
    失明原因の20%ほどが糖尿病性網膜症によるもの 糖尿病は主にインスリンの作用不足もしくは分泌不…
  2. 食事 糖尿病 制限
    私の父は40歳代後半から糖尿病を患っていました。 父の家系には糖尿病の人が多く、父方の祖父は糖…
  3. アントニオ猪木 糖尿病
    食べすぎや飲み過ぎで重度の糖尿病なアントニオ猪木さん アントニオ猪木さんは、神奈川県横浜市鶴見…
  4. 糖尿病 治療法
    血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。 、通常の健康な人の場合、空腹時血糖値は…
  5. 糖尿病 治療法
    インスリン注射によって生理的なインスリン分泌を補う必要があります 1型糖尿病とは、インスリンを…
  6. 糖尿病 1型糖尿病 子供
    普通の食生活でしたが、幼稚園の時に1型糖尿病と診断されました。 糖尿病だと明らかになったのは私…
  7. 糖尿病 食事 血糖値
    "父が糖尿病でした。糖尿病は遺伝すると父はよく言っておりました。 片親が糖尿病なら、子供には2…
  8. 糖尿病 仕組み 原因
    血糖をコントロールする役割を持っているのがインスリン(インシュリン) インスリン(インシュリン…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  2. ゴーヤ 美肌 アンチエイジング
    美肌効果といった夏に嬉しい効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーは夏野菜の王様と呼ばれており、夏バテ…
  3. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  4. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 胡麻 糖尿病 糖質制限
    コレステロール値や血圧値を改善する胡麻 胡麻はゴマ科ゴマ属の一年草で、主に種子が食材、食用油な…
  2. アーモンド 糖質制限 糖尿病
    インシュリンの分泌やその働きをサポートするアーモンド アーモンドとは、バラ科サクラ属の落葉高木…
  3. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  4. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  5. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status