紅参タブレットの効果は?口コミ・評判は?【糖尿病におすすめのサプリメント】

紅参タブレット 口コミ評判

健康作用を持つサポニンを含んでいる紅参タブレット

紅参タブレットの原料である紅参とは高麗人参であり、その中でもNo.1の効果を持つといわれています。
紅参は、高麗人参を蒸して、その後、水分が14%以下になるまで乾燥させたものであり、その色が赤褐色、黄土色であることから紅参と呼ばれています。

紅参だけに含まれる栄養成分もあり、10年を超える長期保存も可能という点から、最も優れた高麗人参であるとされています。




【正官庄】世界売上No.1高麗人参

高麗人参は、日本を含めた東アジアで古くから医薬品として親しまれてきました。

そして、現代でも高麗人参は健康食品の代表として用いられていますが、その栽培には最大2年ほどかけて準備した「肥沃な土壌」と「最適な気候条件」が揃わなくてはなりません。
そして、高麗人参に十分な有効成分が含まれるには、少なくとも3年以上栽培しなければならないといわれています。

しかし、この栽培年数も長ければ良いというわけではなく、「6年栽培=6年根」の高麗人参に最大の有効成分が含まれるといわれており、7年以上栽培してもそれ以上の成長はほとんど見込めないそうです。

そして、6年根の高麗人参とは、いうなれば「6年かけて土壌の栄養分を全て吸い上げた人参」ということになります。
そのため、高麗人参を収穫した後の土壌は、約10年間は使い物にならないといわれています。

血糖値を下げる効果もあります。

このように、高麗人参にはたくさんの栄養分が含まれており、様々な効能がありますが、そのなかで血糖値を下げる効果もあります。
高麗人参には、インスリンの生成を活発化させる作用があり、これにより血糖値を下げることができるのですが、高麗人参に含まれる成分のなかで最も重要といわれている成分がサポニンです。

サポニンは豆類をはじめとした植物に含まれている成分であり、美容と健康に効果があるとされています。
高麗人参には、このサポニンが豊富に含まれており、さらに、高麗人参に含まれるサポニンはジンセノサイドと呼ばれています。

このジンセノサイドは、サポニンの中でも美容と健康に対する効果が特に高いもので、このジンセノサイドは高麗人参だけにしか含まれていません。

ジンセノサイドの名前の由来は、高麗人参(ginseng)と配糖体(glycoside)の組み合わせによるものといわれています。

近年、サポニンには高い抗酸化作用、抗老化、活性酸素による身体の錆びつきを抑えるアンチエイジング効果、血液をサラサラにして血液の病気を防ぐ効果などがあることが明らかとなり、健康増進効果の高い成分として注目されるようになりました。
そして、高麗人参にのみ含まれるサポニンであるジンセノサイドには、さらに高い健康増進効果があるとされているのです。

このジンセノサイドには、血管のアンチエイジング効果や血流改善等の効果があるのですが、その中に糖尿病の予防に役立つジンセノサイドもあります

それはジンセノサイドRb2と呼ばれるものであり、糖代謝、脂質代謝を助ける働きがあるとされています。

そのため、余分な糖質や脂質が血液の中に蓄積することを防ぐことが可能なので、糖尿病や高脂血症を予防することができます。
その他、ジンセノサイドには造血細胞の分裂を促して、新しく健康的な血液の造成を助けたり、神経細胞死を防いだり、細胞分裂時のコピーミスを防いで異常細胞の形成を防ぐというような様々な作用があります。

特に6年根の高麗人参だけを使用した紅参には、ジオール系ジンセノサイド、トリオール系ジンセノサイド、オレアール系ジンセノサイド等の紅参だけに含まれるサポニンがあるとのことです。
ジオール系ジンセノサイドとトリオール系ジンセノサイドには、主に中枢神経・自律神経のバランスを調整してくれる作用があり、オレアール系ジンセノサイドには解毒や抗炎症作用があるとのことで、紅参にはこれらを含めた32種類のサポニンがバランスよく含まれています。

このように様々な健康作用を持つサポニンを含んでいる紅参タブレットを摂取することは、糖尿病の予防だけでなく、身体全体の健康維持に役立ちます。

糖尿病の予防だけでなく、その他の健康にも不安があるという方は、一度紅参タブレットを試してみてはいかがでしょうか。




【正官庄】世界売上No.1高麗人参

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 1型糖尿病とは?
    1型糖尿病とは、膵臓のβ細胞の破壊によるインスリンの欠乏を原因とする糖尿病となっています。 以…
  2. 高血糖 薬物療法
    インスリン抵抗性によるⅡ型糖尿病に適応があるビグアナイド薬とは? ウィルス感染で免疫に異常が生…
  3. 糖尿病 仕組み 原因
    第一の原因はインスリンの絶対量が不足することによって発症する 糖尿病は生活習慣病の一つであり、…
  4. 2型糖尿病 症状
    インスリン抵抗性、相対的インスリン不足が特徴の2型糖尿病とは? 2型糖尿病とは、長期的代謝異常…
  5. 糖尿病 ブログ
    元気だった祖母が急に倒れて救急車で運ばれるという事態が起こりました。 その日の午前中は普段と特…
  6. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
  7. 糖尿病 闘病
    丁度私が成人した頃、私の父は病院で糖尿病という診断を受けてきました。 心当たりがない訳ではなか…
  8. 糖尿病 検査
    高齢者のⅡ型糖尿病に多く発症する高浸透圧高血糖症候群 糖尿病合併症には三大合併症をはじめとして…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…
  2. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  3. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  4. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  2. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
  3. きのこ 糖尿病 糖質制限
    低糖質な「きのこ」で糖尿病対策! きのこは栄養価が高くカロリーがほとんどない食品であるため、糖…
  4. 蕎麦 糖尿病 糖質制限
    蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低い 蕎麦とは、日本の麺類で…
  5. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status