α-グルコシダーゼ阻害薬とは?効果・効能、副作用は?【糖尿病の飲み薬】

糖尿病 薬物療法

食物中の炭水化物の消化・吸収を阻害するα-グルコシダーゼ阻害薬

グルコース(糖)は体内において重要なエネルギー源であり、生命活動を維持するのに必要な役割を担っている存在です。
グルコースの体内維持には、小腸における糖吸収系と腎尿細管の糖吸収系が大きく関わっています。

これらの部位のうち特に小腸の糖吸収に作用する薬の一つとしてα-グルコシダーゼ阻害薬があります。
α-グルコシダーゼ阻害薬はインスリンの分泌促進を主な目的とするDPP-4阻害薬やスルフォニル尿素薬、グリニド薬などとは異なり直接インスリン分泌に影響しない薬です。

今回はα- グルコシダーゼ阻害薬の働きについて解説していきたいと思います。

α-グルコシダーゼ阻害薬は吸収を抑える

スルフォニル(SU)尿素薬やDPP-4阻害薬などのようにインスリンの分泌を促進することによって血糖値をコントロールする薬とは異なり、α-グルコシダーゼ阻害薬は食物中の炭水化物の消化・吸収を阻害(二糖類から単糖類への分解を阻害)することによって、食後の血糖値の上昇を抑制する薬になります。

α-グルコシダーゼ阻害薬の作用機序

 α- グルコシダーゼとは二糖類を単糖類に分解する酵素のことです。
通常、食事により体内に炭水化物(単糖類が構成成分、糖質とも呼ばれる)が取り込まれると唾液に含まれるアミラーゼという消化酵素により二糖類まで分解され、その後、さらに腸管から血管内に取り込まれます。

この際、血管内に取り込まれるためには単糖類まで分解される必要があるのですが、二糖類を単糖類に分解する存在がα-グルコシダーゼと呼ばれる消化酵素です。
α-グルコシダーゼ阻害薬とはその名の通り、α-グルコシダーゼの働きを阻害することにより、二糖類の分解を抑制し、糖の吸収を遅らせる(緩徐にさせる)作用を持ちます。

この結果、血糖値のピークが遅く、小さくなり食後高血糖にある状態を改善するように働きます。

・副作用

α-グルコシダーゼ阻害薬の服用に関して、よく生じる副作用の一つに下痢・軟便、放屁増加、腹部膨張などの消化器症状があります。

この原因としては消化不良が考えられています。α

-グルコシダーゼ阻害薬は作用機序をみるとわかるように、二糖類の分解を抑制するため、小腸からの糖類の吸収が減少してしまい、未消化・未吸収のまま二糖類が大腸に到達する割合が増加します。

大腸では腸内細菌によって二糖類が分解されるのですが、その際にガスの発生を伴うため、結果として消化器症状が生じてしまいます。
加えて腸内ガスの増加は腸閉塞の原因にもなります。

消化器症状を軽減するためには、薬を少量から服用することや継続して服用することが重要になってきます。

α-グルコシダーゼ阻害薬は食前に服用する?

二糖類が小腸に到達してしまうと、α-グルコシダーゼによる分解が始まってしまうため、その前にα-グルコシダーゼ阻害薬が作用している必要があります。
故に、食前に服用することが大切になってきます。

また作用時間が短いため食事ごとに服用する必要があります。

DPP-4阻害薬と併用すると効果的?

α-グルコシダーゼ阻害薬は食後血糖値の上昇を抑制させるだけでなく、インクレチン・GLP-1の分泌を増加させる作用も持っています。
インクレチン・GLP-1は膵臓ランゲルハンス島β細胞に作用し、インスリンの分泌を促進する働きを持っているホルモンです。

DPP-4阻害薬はこのインクレチン・GLP-1を分解する酵素であるDPP-4の働きを阻害するため、インスリン分泌を促進する作用を示します。
このため糖尿病疾患のうち、特にインスリンの追加分泌の低下による食後高血糖を示す2型糖尿病において、α- グルコシダーゼ阻害薬とDPP-4阻害薬の併用は効果的だと思われます。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 2型糖尿病 症状
    インスリン抵抗性、相対的インスリン不足が特徴の2型糖尿病とは? 2型糖尿病とは、長期的代謝異常…
  2. 糖尿病 治療法
    インスリン注射によって生理的なインスリン分泌を補う必要があります 1型糖尿病とは、インスリンを…
  3. 糖尿病 検査
    高齢者のⅡ型糖尿病に多く発症する高浸透圧高血糖症候群 糖尿病合併症には三大合併症をはじめとして…
  4. 糖尿病 合併症 一覧
    危険!本当に怖い糖尿病の合併症。それぞれの初期症状、自覚症状は? 生活習慣病の中でも危険と言わ…
  5. 妊娠糖尿病 体験談
    出産後の今も「糖尿病」として定期的に通院しインスリン注射をしています。 糖尿病発覚時私は20代…
  6. 2型糖尿病 治る?
    完全に機能が停止する前に治療を受ければ、完治することは可能?? 2型糖尿病は、インスリンに対す…
  7. 糖尿病 仕組み 原因
    第一の原因はインスリンの絶対量が不足することによって発症する 糖尿病は生活習慣病の一つであり、…
  8. 糖尿病 検査
    血糖値の管理指標であるグリコアルブミン(GA)の検査 グリコアルブミンという言葉を耳にしたこと…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  2. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…
  3. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  4. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 蕎麦 糖尿病 糖質制限
    蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低い 蕎麦とは、日本の麺類で…
  2. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  3. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
  4. 胡麻 糖尿病 糖質制限
    コレステロール値や血圧値を改善する胡麻 胡麻はゴマ科ゴマ属の一年草で、主に種子が食材、食用油な…
  5. 発芽玄米 効果 糖尿病 糖質制限
    血糖値を低下させる効果があり、糖尿病におすすめの発芽玄米 発芽玄米とは、玄米を水に1~2日間つ…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status