菊芋茶 効果 糖尿病

糖尿病や肥満・高中性脂肪に有効として、世界中から注目を浴びている菊芋茶

菊芋茶の菊芋は、多年草であり、キク科ヒマワリ属に分類され、アメリカイモ、エルサレムアーティチョーク、トピナンブール、ブタイモ等の別名があります。
菊芋の原産地は、北アメリカ北部から北東部となっており、日本を含むアジア、ヨーロッパ、南アメリカ、オセアニアに移入分布しています。

菊芋は、日本には飼料用作物として江戸時代末期に伝来しており、栽培されているもの以外に、第二次世界大戦中に加工用や食用として栽培されたものが野生化したものもあるようです。

>>糖尿病におすすめ・血糖値を下げる飲料一覧【まとめ】

近年ではヨーロッパにおいて、菊芋の成分の研究が進みました。

そして、菊芋の栄養価や薬利効果が非常に高いことが明らかとなっていったのです。

特に菊芋の根の部分には、イヌリンという成分が含まれています。

このイヌリンという成分は、糖尿病や肥満・高中性脂肪に有効だとされており、現在、世界中から注目を浴びている成分となっています。

イヌリンはそのインスリンと同じ働きをすることができるのです。

このイヌリンは水溶性食物繊維であり、菊芋茶に含まれる含有量は、他の野菜茶と比べても1,2位を争うほど多い含有量となっています。
イヌリンは胃腸で吸収されることがないため、そのまま便として排出されます。

しかし、イヌリンはそのまま排出されるわけではなく、その排出される過程において、余分なコレステロールや糖質、塩分などを包み込むため、血糖値を下げることができます。

インスリンは血糖値を下げることができる唯一のホルモンですが、イヌリンはそのインスリンと同じ働きをすることができるのです。

このようなイヌリンの作用のため、菊芋には「畑のインスリン」という別名まで付いています。
また、イヌリンは腸内において、フラクトオリゴ糖に分解されます。

このフラクトオリゴ糖には、ビフィズス菌などの善玉菌を増加させる働きがあります。

そのため、イヌリンには腸内環境を整えて、便秘の解消やアレルギー症状の改善効果もあるといえます。

その他、菊芋茶にはセレンやポリフェノールも含まれています。
これらの成分には抗酸化作用があり、細胞を老化させる活性酸素を分解させる働きがあります。

そのため、菊芋茶を飲むことで、アンチエイジング効果を得ることができると考えられます。
また、菊芋茶には亜鉛も含まれています。

亜鉛はミネラルの一種であり、代謝や免疫反応などの体内の様々な働きを正常に保つという、重要な役割を果たしています。

そのため、亜鉛は菊芋茶の成分であるイヌリンやセレン・ポリフェノールによる、血糖値を下げたり、活性酸素を抑えるという働きを助け、効能を高めるという役目も果たします。

さらに、菊芋茶にはカリウムも含まれています。

カリウムには利尿作用があり、体内の余分な塩分や水分を排出することができます。
そのため、菊芋茶を飲むことによって、体内に余分な水分が溜まって発生するむくみを改善する効果が期待できます。

このように、菊芋茶には糖尿病の予防・改善効果だけではなく、健康に良い様々な効能があります。

しかし、だからといって菊芋茶を飲み過ぎてはいけません。

菊芋茶には、基本的に悪い病気を誘発するような副作用はありません。
しかし、摂取し過ぎると体調を崩す可能性がありますので、注意しましょう。

また、菊芋茶に含まれるイヌリンには、前述の通り、血糖値を下げる作用があります。

そのため、既に血糖値をコントロールする薬を飲んでいる人や、普段から低血糖であるという人は、担当の医師と相談してから、菊芋茶を飲用するようにしましょう。

さらに、菊芋茶には食物繊維が豊富に含まれています。菊芋茶をたくさん飲んで、大量の食物繊維を摂取すると、お腹が張ってしまうことがありますので注意しましょう。

>>糖尿病におすすめ・血糖値を下げる飲料一覧【まとめ】

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 漢方薬 糖尿病 おすすめ
    糖尿病に効く漢方薬・合併症予防におすすめの糖尿病は? 糖尿病に用いられる漢方薬はたくさんありま…
  2. 糖尿病 合併症 一覧
    危険!本当に怖い糖尿病の合併症。それぞれの初期症状、自覚症状は? 生活習慣病の中でも危険と言わ…
  3. 食事 糖尿病 制限
    私の父は40歳代後半から糖尿病を患っていました。 父の家系には糖尿病の人が多く、父方の祖父は糖…
  4. 糖尿病
    私が糖尿病になったキッカケは毎日のファミレス通い 私が糖尿病になったキッカケは、会社帰りに…
  5. 清原 糖尿病 重症
    実は非常に多い糖尿病の芸能人・有名人 予備群の方を合わせると日本国内に約2000万人存在する糖…
  6. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  7. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  8. 1型糖尿病とは?
    1型糖尿病とは、膵臓のβ細胞の破壊によるインスリンの欠乏を原因とする糖尿病となっています。 以…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  2. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  3. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  4. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. アーモンド 糖質制限 糖尿病
    インシュリンの分泌やその働きをサポートするアーモンド アーモンドとは、バラ科サクラ属の落葉高木…
  2. きのこ 糖尿病 糖質制限
    低糖質な「きのこ」で糖尿病対策! きのこは栄養価が高くカロリーがほとんどない食品であるため、糖…
  3. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  4. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  5. 蕎麦 糖尿病 糖質制限
    蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低い 蕎麦とは、日本の麺類で…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status