トーマス・エジソンさんの場合。【糖尿病の海外有名人】

トーマス・エジソン 糖尿病 合併症

トーマス・エジソンは「闘病王」とも呼ばれ、糖尿病&合併症併発していた。

トーマス・エジソンさんは、アメリカ合衆国の発明家であり、起業家でもあります。
トーマス・エジソンさんは傑出した発明家として有名です。

その生涯でおよそ1,300もの発明と技術革新を行いました。

その主な発明には白熱電球、蓄音器、活動写真等があります。
そんなトーマス・エジソンさんは、糖尿病を患っていたそうです。

>>糖尿病の芸能人・有名人一覧

トーマス・エジソンさんの人生、経歴は?

トーマス・エジソンさんは、アメリカ合衆国のオハイオ州ミランにおいて、1847年2月11日に生まれました。
トーマス・エジソンさんの父親はサミュエル・オグデンJr.さんで、母親はナンシー・エリオットさんであり、トーマス・エジソンさんは彼らの7人の子供の末っ子でした。

少年時代のトーマス・エジソンさんは異常な知りたがりだったそうで、小学校では教師と馬が合わなかったことから、わずか3ヶ月で中退したそうです。
その後、トーマス・エジソンさんは自宅で独学することとなります。1868年、トーマス・エジソンさんは電気投票記録機に関するもので初めての特許を取得しますが、この時の年齢は21歳という若さでした。

その翌年の1869年には、株式相場表示機で特許を取得しました。この特許権は現在の日本円で換算すると約2億円となる、4万ドルで買い取られたとのことです。

トーマス・エジソンさんは、蓄音機の実用化(商品化)を1877年に実現することで名声を獲得すると、ニュージャージー州にメンロパーク研究所を設立。

このメンロパーク研究所では、電話、電気鉄道、蓄音器、電灯照明、鉱石分離装置等を次々と商品化しました。

その中でも、特に白熱電球の商品化に注力して、数多くの白熱電球を実用的に改良していきます。

トーマス・エジソンさんは、白熱電球の名称を「マズダ」と名付けました。

これは、ゾロアスター教の光と英知の神、アフラ・マズダーが由来となっています。
1887年、トーマス・エジソンさんはニュージャージー州のウエストオレンジ研究室に移り、ここでは「キネトグラフ」という動画撮影機を発明したといわれています。

そして、1893年、ウエストオレンジ研究所の敷地内に「ブラック・マリア」という、アメリカ初の映画スタジオを設立。
キネトスコープ用の白黒フィルムを、ウイリアム・ハイセさん、ウイリアム・ディックソンさんを監督に迎えて製作し始めました。

そのフィルム数は、後にマンハッタン、ブロンクスに開かれた新しい映画スタジオのものも合わせると、約1200本にものぼるそうです。

トーマス・エジソンさんは晩年、ゴールデンロッドからゴムを取るのに成功したといわれており、鉱山経営などにも進出していきます。

しかし、その経営は失敗し、自身が高齢となってからは会社経営から手をひきます。

その後、研究所に篭り、霊界との通信機の研究を続け、その研究は1914年12月に研究所が火事で全焼しても続けられました。
そして、トーマス・エジソンさんは1931年10月18日、84歳でその生涯を終えています。

そんなトーマス・エジソンさんは、晩年、糖尿病を患っていたそうです。

しかも、トーマス・エジソンさんは糖尿病の他に、高血圧、腎炎、聴覚障害などの病魔に体を蝕まれていたとのことです。

このように様々な病気を発症しながらも、特に重篤な合併症を発症することはなく天寿を全うしたため、トーマス・エジソンさんは「闘病王」とも呼ばれているそうです。

トーマス・エジソンさんは、「近代の文化において多大な功績を残した偉大な発明家」としてその名が伝わっており、「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」の中の1位にアメリカの情報誌「ライフ」の誌上で選出されました。

トーマス・エジソンさんのご冥福をお祈りいたします。

>>糖尿病の芸能人・有名人一覧

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 仕組み 原因
    血糖をコントロールする役割を持っているのがインスリン(インシュリン) インスリン(インシュリン…
  2. 清原 糖尿病 重症
    実は非常に多い糖尿病の芸能人・有名人 予備群の方を合わせると日本国内に約2000万人存在する糖…
  3. 糖尿病 治療法
    血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。 、通常の健康な人の場合、空腹時血糖値は…
  4. 糖尿病 体験談
    「頼む・・救急車を呼んでくれないか?・・」という父 私は以前千葉県で暮らしていたのですが、福島…
  5. 糖尿病
    私が糖尿病になったキッカケは毎日のファミレス通い 私が糖尿病になったキッカケは、会社帰りに…
  6. 糖尿病 初期症状
    予備群の方を合わせると日本国内に約2000万人存在する糖尿病 糖尿病は、自分には関係ないと考え…
  7. 糖尿病 体験記
    私が糖尿病になったきっかけは、長年の運動不足と食生活の乱れでした。 子供のころからお菓子やジュ…
  8. アントニオ猪木 糖尿病
    食べすぎや飲み過ぎで重度の糖尿病なアントニオ猪木さん アントニオ猪木さんは、神奈川県横浜市鶴見…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  2. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…
  3. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  4. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 胡麻 糖尿病 糖質制限
    コレステロール値や血圧値を改善する胡麻 胡麻はゴマ科ゴマ属の一年草で、主に種子が食材、食用油な…
  2. 発芽玄米 効果 糖尿病 糖質制限
    血糖値を低下させる効果があり、糖尿病におすすめの発芽玄米 発芽玄米とは、玄米を水に1~2日間つ…
  3. きのこ 糖尿病 糖質制限
    低糖質な「きのこ」で糖尿病対策! きのこは栄養価が高くカロリーがほとんどない食品であるため、糖…
  4. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  5. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status