グリコヘモグロビン検査とは?【糖尿病の検査方法】

糖尿病とは?

比較的長期的な平均血糖値を反映する指標の一つがグリコヘモグロビン(HbA1c)

糖尿病の診断はたった一つの項目ではなく、様々な角度から何段階かの検査を経て総合的に判断されます。

その中でも当然ながら血糖値は非常に重要な検査項目となるのですが、検査時の一時的な血糖値ではなく、比較的長期的な平均血糖値を反映する指標の一つにグリコヘモグロビン(HbA1c)があります。

今回はこのグリコヘモグロビンに関して解説していきたいと思います。

そもそも糖尿病って?

検査項目の話の前に糖尿病について軽くおさらいしたいと思います。
糖尿病とは体内の血糖値のコントロールができなくなり、慢性の高血糖になってしまう疾患です。私たちの体はエネルギー源として常にグルコース(糖)を必要としているわけですが、体内におけるグルコース濃度の維持の方法の一つが食事です。

食事によりグルコースを取り込むと、血中のグルコース濃度(血糖値)が一時的に上昇します。

血糖値が上昇すると膵臓のランゲルハンス島β細胞からインスリンというホルモンが分泌され、血糖値を下げる(血中の糖を各組織に取り込む)ように働くのですが、何らかの原因でインスリンがうまく作用しなくなってしまうと血糖値が上昇したままになり、糖尿病になってしまうわけです。

・グリコヘモロビン(HbA1c)とは?

グリコヘモグロビン(HbA1c)とは糖尿病診断の指標に使われる項目の一つですが、一体何を表しているのでしょうか。

国際臨床化学連合(IFCC)によるとグリコヘモグロビンは「β鎖N末端のバリン安定的に糖化されているヘモグロビン」と定義されています。

つまり、ヘモグロビンに糖がくっついたものと思ってください。

ヘモグロビンは赤血球における赤色色素として有名ですが、血糖値が高いと過剰なグルコース(糖)がヘモグロビンに結合してしまいます。

グリコヘモグロビンはおよそ過去二か月間の血糖値の平均を反映します。

よって検査の数日前から食事を控えた、もしくは暴食した場合にも影響がほぼ生じません。

日本の糖尿病の基本方針によると血糖値との兼ね合いもありますが、5.6%以下なら普段の血糖値が正常の範囲内、5.6~6.4%なら時々血糖値が高め、6.5%以上なら糖尿病の疑いが強くあると考えられています。

グリコヘモグロビンと糖尿病合併症の頻度には相関があることが知られており、特に7.0%以上の場合は細小血管障害の頻度が上昇することが明らかになっています。

またグリコヘモグロビンの値はあくまで平均値を示すものなので、値が正常域だからといって必ずしも糖尿病の疑いがなくなるわけではありません。
高血糖と低血糖を繰り返している可能性があることにも注意しておく必要があります。

平均血糖値を示す指標

平均血糖値を示す指標はグリコヘモグロビン以外にも糖化アルブミンや1,5-AGなどが存在します。
糖化アルブミンはアルブミンというたんぱく質にグルコース(糖)が結合したもので、アルブミンの代謝半減期が約17日であることから、過去およそ2週間の血糖値の平均を反映するものと考えられています。

1,5-AG(アンヒドログルシトール)はグルコースに似た構造を持つ物質で、主に食物として体に摂取されます。
正常なら尿細管でほぼ全てが再吸収されます。

しかし、グルコースの血中濃度が増加し尿中に排泄されるようになると、1,5-AGはグルコースと似た構造であるため、拮抗阻害を受け、血中の1,5-AGの濃度は低下します。

すなわち、グリコヘモグロビンや糖化アルブミンとは異なり、1,5-AGの値は高血糖である時に低下し、およそ過去1週間の平均血糖値を反映します。

糖化アルブミンと1,5-AGはどちらにせよ、グリコヘモグロビンより短期間の評価指標として有用になります。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病とは?
    国内の患者数は約950万人。そんな糖尿病とは? 糖尿病とは、ヘモグロビンA1c値や血糖値が一定…
  2. 糖尿病
    私が糖尿病になったキッカケは毎日のファミレス通い 私が糖尿病になったキッカケは、会社帰りに…
  3. 清原 糖尿病 重症
    実は非常に多い糖尿病の芸能人・有名人 予備群の方を合わせると日本国内に約2000万人存在する糖…
  4. 糖尿病
    八糖仙は、糖質を抑え、糖質ブロックを可能にしてくれるサプリメント 八糖仙は、1日5粒を目安に飲…
  5. 糖尿病 ブログ
    四肢における動脈の血流障害を示す代表的な抹消動脈疾患である閉塞性動脈硬化症 糖尿病は血糖値のコ…
  6. 薬物療法 糖尿病
    インスリンを分泌させる?スルフォニル尿素薬(SU薬)とは? インスリンという言葉を耳にしたこと…
  7. 糖尿病 ブログ
    元気だった祖母が急に倒れて救急車で運ばれるという事態が起こりました。 その日の午前中は普段と特…
  8. 糖尿病 仕組み 原因
    血糖をコントロールする役割を持っているのがインスリン(インシュリン) インスリン(インシュリン…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…
  2. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…
  3. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  4. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  2. オクラ 糖尿病 糖質
    インスリンの合成を促進し、その働きを活性化させるオクラ オクラは、その形状からLady's f…
  3. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
  4. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  5. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status