甘いお菓子とジュースで糖尿病になった父の治療。【体験談】

糖尿病 食事

丈夫だった父が糖尿病と解ったのは50歳ぐらいだったと思います。

それまでそうした病名すら聞いたこともありませんでした。
若い頃にコーラを一気飲みしたとか、色々武勇伝を父は語ってましたが、ただ俗に言われるアルコールについては元々お酒があまり好きじゃないことから、ビール一日一本程度というところでしたが糖尿病になってしまいました。

よくアルコールがよくないと言われますが、がぶ飲みする訳でもないし、ジュースでなってしまったのか?確かに、どちらかというと甘いお菓子が多かったです。

仕事がら、肉体労働ですから甘いものがほしくなるのも無理は無いんですが。疲れているとどうしても、普通の人でも甘いものがほしくなりますよね。

それは普通の一般的な公道だと思ってますが、どうも病気がそれをさせていると医師に母は言われたらしいです。

素人故に、病気なんどとは考えもつかないのでなっていた事が解らないのです。

それからは病院での治療と、いわば管理の毎日になって行きました。

おしっこを提出したり、血糖値を図る為に血液検査までやってました。
そうした苦労もみのならず、腎臓を壊してしまいました。後に人工透析になる訳ですが、これが目の病気とも重なり自分も含め家族で治療について色々苦労もした訳です。

専門的な事が解りませんが、腎臓の薬でインターフェロンという薬を飲んでいたのを記憶してます。
はっきり言って、飲む薬が多すぎてどれがどの薬なんてわかりっこないぐらいの量を飲むんです。

当人の事とは言え気の毒だと思いました。

糖尿病は糖尿病自体に何か疾患があるのではないですね。

痛いとかなんとかがなくそれに伴った他の部分、目であったり透析をやると骨が変形してきたりと見ていられませんでした。
ただ父のキャラクターなのでしょうか。

そうしたつらい所を見せないでいる所は、家族にとっては唯一の救いだったと今振り返ると思います。

人工透析というと、一生そうした治療をしなければならないみたいに思ってましたが、レントゲンを見ると白く映っている所は徐々に少なくなって回復する事もある事が解りました。
しかし、問題は当人のやる気なんですね。

二十年管理され続けてきました。
カロリーだけではありません。
実は野菜もカリウムの関係上食べてはいけない物もある事が解ります。

年齢の経過で肉を余り食べなくなったのですが、変わって野菜の煮物なを好んで食べるようになります。

大根などはカリウムが多いと言ってました。我々は栄養士の資格がある訳ではないので、野菜を食べておけば大丈夫だと思って指摘されるまで普通に食べましたが、健康な人にはなんでもない食材も糖尿病患者には悪影響があると解りました。こうした専門的な見識は、直接栄養士の人と話をしないと解らない事が多いです。

逆に、糖尿病にはよい食材などもあるんです。
果物は割合いいみたいですが父も私も余り好きじゃないです。

どちらかと言うと甘味料とかジュースの甘さが父は好きな訳です。
老い先短いと結局はこの誘惑に負けてしまって、症状は一向によくならない状況が続きました。

糖尿病は本人の自覚症状が無いのが怖い病気だと思います。
症状が出てからだと結構進行している事が多くて、治療も長く厳しいものになります。

これは遺伝が関わっているので自分もなるのではと、今は心配している毎日です。"

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 高血糖 薬物療法
    インスリン抵抗性によるⅡ型糖尿病に適応があるビグアナイド薬とは? ウィルス感染で免疫に異常が生…
  2. 糖尿病 治療法
    インスリン注射によって生理的なインスリン分泌を補う必要があります 1型糖尿病とは、インスリンを…
  3. 2型糖尿病 症状
    インスリン抵抗性、相対的インスリン不足が特徴の2型糖尿病とは? 2型糖尿病とは、長期的代謝異常…
  4. 糖尿病 体験談
    乱れた食生活を10数年放置した結果、最悪の状況になりました。 もともと、食べるのが好きでかなり…
  5. 糖尿病 体験記
    治す気がないのか!と言わんばかりの毎日の生活でした。 私の夫は30代後半で、3年前に体調不良が…
  6. 糖尿病 検査
    高齢者のⅡ型糖尿病に多く発症する高浸透圧高血糖症候群 糖尿病合併症には三大合併症をはじめとして…
  7. 糖尿病 検査
    血糖値の管理指標であるグリコアルブミン(GA)の検査 グリコアルブミンという言葉を耳にしたこと…
  8. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…
  2. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  3. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  4. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 発芽玄米 効果 糖尿病 糖質制限
    血糖値を低下させる効果があり、糖尿病におすすめの発芽玄米 発芽玄米とは、玄米を水に1~2日間つ…
  2. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
  3. 蕎麦 糖尿病 糖質制限
    蕎麦は低GI食品であり、糖質を分解する時に使用するインスリンの量が低い 蕎麦とは、日本の麺類で…
  4. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  5. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status