蘇命湯エキストラクトとは?効果・効能は?副作用はある?【糖尿病の市販薬】

強力蘇命湯 口コミ評判

蘇命湯エキストラクトの口コミ・評判ってどうなの?

糖尿病はインスリンの作用・分泌不足により血糖値のコントロールがうまくできず慢性の高血糖を生じてしまう疾患のことです。
一概に糖尿病といってもその原因や症状、合併症は多岐にわたりおのおのに応じた治療を行うことが大切になります。

とりわけ、初期の状態やあまり重篤ではない糖尿病に対しては漢方薬の治療が非常に有用になることもあります。
今回は漢方薬の中でも糖尿病に対して適応を持つ蘇命湯エキストラクトについて解説を行っていきたいと思います。

漢方の全体像

6世紀ごろに中国の漢の時代で完成し、日本に導入された伝統医学を、江戸時代に発展した西洋医学である蘭学に対して、漢方と呼ぶようになりました。
漢方に使用する薬のことを漢方薬といい、漢方薬の原料はすべて自然界に存在する生薬であり、比較的安全な医薬品として現代まで親しまれてきています。

しかしながら、生薬が原料とはいえ、副作用が全くないわけではないので、正しい用法・用量を守って使用することが大切になります。

・蘇命湯エキストラクトとは?

蘇命湯エキストラクトは糖尿病を適応とする一般用医薬品であり、蘇命湯混合乾燥エキス末を成分に含みます。
蘇命湯混合乾燥エキス末にはさまざまな生薬が含まれるので以下に示します。

カロコン:

カロコンは中国を産地とする生薬であり、ステロール化合物や脂肪酸類を成分として含みます。
効能としては解熱、止瀉、鎮咳などがあります。

ジオウ:

ジオウは中国北部を原産とする多年草であり、イリドイド配糖体を成分として含みます。
効能としては補血、強壮、止血などがあります。

ブクリョウ:

ブクリョウは中国を主産地とする生薬で、多糖類であるパキマンを主な成分として含みます。
効能としては、利尿作用、健脾、滋養、鎮静、血糖降下などがあります。

レンセンソウ:

レンセンソウは日本や中国を産地とする生薬であり、成分として精油を含みます。
効能としては利尿や消炎、結石排出作用があります。

バクモンドウ:

バクモンドウは中国を産地とする生薬であり、主にステロイド配糖体を成分として含有します。
効能としては止瀉、鎮咳、去痰、滋養強壮などがあります。

カンゾウ:

カンゾウは中国やオーストラリアを主な原産地とする生薬で、成分としてトリテルペノイド類を含みます。
効能としては急迫症状の緩和、鎮痛、鎮痙、解毒、鎮咳などがあります。

キジツ:

キジツは日本や中国で栽培されている生薬であり、精油やフラボノイドを成分に含みます。
効能としては利気、健胃、便通作用などがあります。

ニンジン:

ニンジンは朝鮮半島や中国、日本を主な生育地とする生薬であり、多くのサポニン群を成分として含みます。
効能としては、健胃整腸、鎮痛、去痰などがあります。

イチイ:

イチイは日本、朝鮮半島、中国に生息する生薬で、アルカロイドを成分として含有します。
効能としては、利尿、通経、血糖降下作用、中枢神経抑制作用などがあります。

・蘇命湯エキストラクトの副作用や注意事項
妊娠中の人や高齢者、虚弱体質の人、胃腸の弱い人、高齢者などは服用により副作用や有害事象が生じる可能性が高いので事前に医師や医療機関に相談しましょう。
蘇命湯エキストラクトの副作用としては、発疹、吐き気、食欲不振、嘔吐、胃部不快感などがあります。

また手足のだるさやしびれ、筋肉痛などが生じた場合は重篤な副作用である偽アルドステロン症やミオパチーなどの可能性があるので、すぐに医療機関に診療・相談に行きましょう。
さらに三か月以上の服用にも関わらず、症状の改善が見られない場合も医療機関や医師への相談が推奨されます。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 薬物療法 糖尿病
    インスリンを分泌させる?スルフォニル尿素薬(SU薬)とは? インスリンという言葉を耳にしたこと…
  2. 漢方薬 糖尿病 おすすめ
    糖尿病に効く漢方薬・合併症予防におすすめの糖尿病は? 糖尿病に用いられる漢方薬はたくさんありま…
  3. 違い 糖尿病
    1型と2型糖尿病とはどのような違いがあるのでしょうか。 糖尿病は、高血圧と並んで多くの日本人が…
  4. 糖尿病 ブログ
    四肢における動脈の血流障害を示す代表的な抹消動脈疾患である閉塞性動脈硬化症 糖尿病は血糖値のコ…
  5. 糖尿病 体験談
    乱れた食生活を10数年放置した結果、最悪の状況になりました。 もともと、食べるのが好きでかなり…
  6. 糖尿病 ブログ
    母親が糖尿病 で治療中です。 母は病院嫌いで健康診断などは行っていませんでした。 日頃から、…
  7. 糖尿病 治療法
    インスリン注射によって生理的なインスリン分泌を補う必要があります 1型糖尿病とは、インスリンを…
  8. 津川雅彦 糖尿病
    甘いもの好きが原因?糖尿病治療中の津川雅彦さん 津川雅彦さんは、京都市中京区出身の日本の俳優、…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  2. ゴーヤ 美肌 アンチエイジング
    美肌効果といった夏に嬉しい効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーは夏野菜の王様と呼ばれており、夏バテ…
  3. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  4. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
  2. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  3. アーモンド 糖質制限 糖尿病
    インシュリンの分泌やその働きをサポートするアーモンド アーモンドとは、バラ科サクラ属の落葉高木…
  4. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  5. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status