糖尿病の父が怪我。傷が治りにくかったです。【体験談】

糖尿病 ブログ

父は内科に受診するたびに注意を受け、生活習慣の指導を受けていたといいます。

私の父親は糖尿病です。
今は定年退職をして農業をしていますが、糖尿病がわかったのはまだ会社で健診を受けていたころ。

そのため今から約10年くらい前に糖尿病がわかったのです。

その当時は、まだまだ会社努めだったため、飲み会や付き合いも多くお酒を飲むことや暴飲暴食をすることが多かったのでしょう。

内科に受診するたびに注意を受け、生活習慣の指導を受けていたといいます。

しかし定年退職して、農業をするようになると、自然と付き合いは減り、更に体を動かすようになったので、血糖値は落ち着いているといいます。

しかしやはり糖尿病。この夏、父は足を怪我してそれがとても治りにくく、病院に通ったことがあるので、その体験談をご紹介します。

ゴールデンウィーク前後で田植えが始まり、夏の間はその田んぼの管理で農家は忙しい日々が続きます。

そんな時に父は足の指を怪我しました。
草刈りの時にどこかにぶつけたのが原因です。

でも農家であれば、少しの怪我ぐらい放っておいて自然に治るのを待つのがふつう。そのため父も特に何もせずカットバンを貼って様子を見ていたのです。

清潔を心掛ければよかったのですが、一度長靴を履いてしまうと脱いでしまうのが面倒くさいと一日中靴を履きっぱなし。
長靴ってゴムなので蒸れますよね。また自然とはっぱなどのゴミが入ってくるので、なかなか衛生的に清潔を保つことができません。そのためなかなかその傷が治らなかったのです。

そんなときに内科の受診があり、その傷を見せたところ。
しばらくの間毎日の消毒が必要ということになりました。

父はその傷を軽く考えていたようですが、実は少し深さがあったようです。

糖尿病であれば、傷は治りにくいですし、化膿もしやすい。

そのため少し改善するまでしっかり消毒をした方が良いという結果になったのです。

父はそんな指導を受けても農家にはよくありがちな怪我だ、また放っておけば治るという考えでした。そんな父を見かねて医師が話したことは、ほかの患者さんで、足の傷から感染が広がり、またなかなか治癒が出来なかったので、足を切断したという話でした。

糖尿病というのは、ひどくなると神経障害も現れるので、ほかの人よりも傷の痛みが鈍くなるときもあるといいます。

また糖が高いとばい菌が好むので、容易に感染しやすいとも言います。
そのため足の傷の管理はとても大切だと指導を受けました。

また農家の人は長靴を履いていることが多いく、特に田んぼに入る時には田靴というぴっちりしたきつめの靴を履くこともあるので、循環も悪くなる時があります。
そんな状態が続くと、傷がなかなか治っていかないのだと先生から説明されたのです。

そこまで説明を受けて初めて父は糖尿病である怖さを実感したといいます。

それまでは安易に考えていた糖尿病ですが、傷を治すため、また自分自身の体調を管理するためには、傷の手当は重要だと受け止めることが出来たのですね。

結局父は、最近の糖のコントロールもよく、傷はそれほど感染兆候もなかったので、1週間程度消毒に通ったくらいで完治することが出来ました。
それからは、毎日足を清潔にすること。また一日何回かは長靴を脱いで足の循環をよくするように気を付けること。

また何よりも足に傷を作らないことを心掛けながら農作業に従事しています。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 糖尿病 体験談
    「頼む・・救急車を呼んでくれないか?・・」という父 私は以前千葉県で暮らしていたのですが、福島…
  2. 清原 糖尿病 重症
    拘留中も重度の症状で極秘で病院に通っていた清原和博さん 清原和博さんは、野球評論家、タレントで…
  3. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  4. 糖尿病 ブログ
    母親が糖尿病 で治療中です。 母は病院嫌いで健康診断などは行っていませんでした。 日頃から、…
  5. 私の母と兄弟の糖尿病の体験談です。 母は50代で、兄弟は30代で発病しました。 祖父も糖尿病…
  6. 糖尿病 初期症状
    30代主婦です。この1年、あまり体調が良くありませんでした 症状は、食事の後にのどが渇き、…
  7. 糖尿病 ブログ
    元気だった祖母が急に倒れて救急車で運ばれるという事態が起こりました。 その日の午前中は普段と特…
  8. 糖尿病
    私が糖尿病になったキッカケは毎日のファミレス通い 私が糖尿病になったキッカケは、会社帰りに…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  2. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…
  3. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…
  4. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  2. ゴーヤ 糖尿病 糖質制限
    中性脂肪や総コレステロールを下げる働きがあるゴーヤの効果 ゴーヤは、正式名称をツルレイシといい…
  3. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
  4. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
  5. アーモンド 糖質制限 糖尿病
    インシュリンの分泌やその働きをサポートするアーモンド アーモンドとは、バラ科サクラ属の落葉高木…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status