糖尿病 ダイエット

私が、糖尿病と発覚したのは今から5年くらい前のて事です。

当時私は、うつ状態で心療内科に通っていました。
しかし、ある日突然ケータイに病院から電話がかかってきました。

採血の結果問題があるとの事でしたので、出来るだけ早くきて欲しいとの事でした。
でも、体は大丈夫だし、次回でいいかなぁと思っていたのです。(心療内科は1ヶ月に一回のペースでした。)

そして、2週間病院に行かないでいると、また心療内科から電話がありました。
今週中にできたら、来て欲しいとの事でした。それで、行ってみると糖尿病と言われした。

しかも、心療内科では対応しきれないほどの重度のでした。
a1c8.6、血糖値300?400で、しかも空腹時の状態でした。

ですが、私はその数値を見てもなんとも思いませんでした。

どこも痛くないし、どこも悪くないんです。
ただ、体重は120キロありましたので膝は少し痛く、夜になると足がむくむ程度でした。

紹介状を持って糖尿病専門の内科に行くと、食事療法の仕方の指導と、インスリン注射の仕方の指導がされました。
インスリン注射をすると分かった時に、初めて事の重大さに気づきました。

私は29歳でしたので、ショックでした。糖尿病とは、年寄りの病気だと思っていたからです。
そして、指導に2時間かかりましたし、1ヶ月分のインスリン注射代や薬などで15,000円ほどかっかった記憶があります。

糖尿病って、こんなにお金がかかるんだと思うと、お先に真っ暗でした。

私に初めに、行われた食事療法は食べたもの記入のものでした。

ただ、食べた物を記入していくだけの簡単な作業です。病院から、朝、昼、バンド、その他、と記入された用紙を日にち付きでもらいましたから、私は書くだけなら簡単だし楽だなぁ?と思っていたのです。しかし、そこで気づいたのが私がどれだけ食べていたか?という事です。

記入用紙に書ききれないほどの物を食べていました。

一例で言うと、

朝起きて菓子パン2個ほど、昼コンビニお弁当プラスカップラーメン、おやつとして菓子パンと、惣菜パン一個づつ、夕食はレトルトのカレーを2つとご飯はレンジで温めてるパックを2つ

です。

ここまででも、大した量の食事ですがこの後、夕食のアイス、夜中寝る前に惣菜を2パック食べて甘いお菓子。
そして、眠れないストレスからスナック菓子を2つという感じの量を食べていました。

飲み物は、必ず炭酸飲料1.5リットルを2本のんでいました。

それを一緒に暮らしていた彼氏はなんとも言いませんでした。
なぜかと、言うと彼氏も多い量のご飯を食べていたからです。

だから、それが普通で、私は特に食べ過ぎてるという感覚がなかったのです。
もちろん、おやつも彼氏と一緒に食べていましたので、普通だと思っていました。

当時の食費代は1週間に30,000円程かかっていたとの事でした。

それから、私は手軽に痩せると話題なっているサプリメントを色々試しました。
色々試しましたが、どれも飲むだけダイエットで楽に痩せるダイエットとうたっていましたが、効果が期待出来たのはあまりありませんでした。

カロリーを抑える効果のある物や、糖分を体内に入れないサプリメントは逆効果でした。
なぜなら、吸収されない分お腹が空いてしまうのです。

それに気づいたのは今だから言える事だと思ってます。

サプリメント代だけでも月に1.2万くらいはかけていました。

私が何でも改善されたかと言うと、娘の言葉でした。

痩せれば?!冷ややかな目で指摘されました。
それから、私は色々なダイエット法をやってみては辞めて、違う物を探してはまた辞め…の繰り返しでした。

そこで、飲み物をお茶に変えました。糖尿病は喉が乾くのです。1.5リットルの炭酸飲料を2本も飲めばカロリーはもちろん、糖質が一番、糖尿病には悪いのです。

でも、炭酸飲料をやめる事は出来ませんでした。
そこで考えたのは、飲みたい時は飲む。

けれど、我慢できる時はする。
その使い方でした。

自分を完全にコントロールしようとすると反動が、大きくなってしまうからです。

それから、自分に合うダイエットは何か探しみました。

私に一番あっていたのは食べ順ダイエットです。

初めは野菜、次に肉や魚、そしてご飯の、順番です。
初めはなかなか出来ませんでしたが、出来ない時は出来ないで、ご飯を食べてしまってもいいんです。

なぜなら、無理なく進めるのがダイエットと糖尿病の付き合いだからです。

それを3年程続けました。

体重は70キロに落ち、a1cは5.1、血糖値も食後で、130位をキープしています。

ですが、後6キロ程、体重を落とさないといけません。
でも、一番は無理せず、ゆっくり糖尿病と向き合って生活していかなければならない事です。

それと、糖尿病なんて、どうせ私は大丈夫!そう思ってる人が危ないのです。
私も糖尿病と診断される前は、165センチ52キロのスレンダーな体型でした。

糖尿病は何がなんでも治す!と、気持ちを張らずに、ゆっくり自分のペースで頑張っていくことが大切です。私も後6キロ落とします。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 違い 糖尿病
    1型と2型糖尿病とはどのような違いがあるのでしょうか。 糖尿病は、高血圧と並んで多くの日本人が…
  2. 糖尿病 合併症 一覧
    危険!本当に怖い糖尿病の合併症。それぞれの初期症状、自覚症状は? 生活習慣病の中でも危険と言わ…
  3. 糖尿病 仕組み 原因
    血糖をコントロールする役割を持っているのがインスリン(インシュリン) インスリン(インシュリン…
  4. 2型糖尿病 治る?
    完全に機能が停止する前に治療を受ければ、完治することは可能?? 2型糖尿病は、インスリンに対す…
  5. 糖尿病 ブログ
    元気だった祖母が急に倒れて救急車で運ばれるという事態が起こりました。 その日の午前中は普段と特…
  6. 1型糖尿病とは?
    1型糖尿病とは、膵臓のβ細胞の破壊によるインスリンの欠乏を原因とする糖尿病となっています。 以…
  7. 糖尿病 体験記
    私が糖尿病になったきっかけは、長年の運動不足と食生活の乱れでした。 子供のころからお菓子やジュ…
  8. アントニオ猪木 糖尿病
    食べすぎや飲み過ぎで重度の糖尿病なアントニオ猪木さん アントニオ猪木さんは、神奈川県横浜市鶴見…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…
  2. ゴーヤ 貧血
    ゴーヤーには、ほうれん草の約2~2.5倍という豊富な鉄分が含まれています まず、貧血とは血液に…
  3. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  4. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
  2. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  3. 胡麻 糖尿病 糖質制限
    コレステロール値や血圧値を改善する胡麻 胡麻はゴマ科ゴマ属の一年草で、主に種子が食材、食用油な…
  4. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
  5. 糖質制限&糖尿病食におススメの食材・食事は? 糖尿病の治療、対策、予防の中心はなんといっても食…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status