糖解散60包とは?効果・効能は?副作用はある?【糖尿病の市販薬】

糖解散60包 糖尿病

生薬製剤である糖解散60包とは?口コミ・評判は?

糖尿病は血糖値のコントロールをうまくすることができず、慢性の高血糖を生じてしまう疾患です。

糖尿病と一概にいっても、その症状や原因、合併症にはさまざまなものがあり、個々の症例に応じて治療を行う必要があります。

あまりしられてはいないかもしれませんが、中には漢方薬や生薬製剤を用いて、治療を行うこともあります。
今回は糖尿病を適応とする生薬製剤である糖解散60包について解説を行っていきたいと思います。

糖解散60包とは?構成生薬と効能

糖解散60包は10種類の生薬からなる生薬製剤で、血糖降下作用を示し糖尿病に対して適応をもちます

た糖尿病に伴う口渇や頻尿、多尿などの諸症状に対しても適応があり、症状を改善する働きをします

以下に構成生薬と効能をまとめました。

バクモンドウ:

バクモンドウは紡錘形をなし、長さ1~2.5㎝、径は0.5㎝ほどの植物で、わずかににおいがあり、わずかに甘さがあります。
ステロイド配糖体を成分として含有し、鎮咳、去痰、止渇、滋養強壮作用などを期待され、麦門冬湯、清心連子飲などの漢方薬に配合されます。

ニンジン:

ニンジンは日本、中国、韓国などで主に栽培されており、生薬にはチョウセンニンジンを乾燥させたものを用いています。
細長い円柱形である、長さは5~20㎝、外面は淡黄褐色を呈し、特質なにおいをもち、味はわずかに甘いです。
成分にはサポニンを多く含み、胃腸の衰弱による新陳代謝機能の減退を抑制、振興し、食欲不振や頻尿、腹痛、疲労などを改善する目的で用いられます。
四君子湯、六君子湯、十全大補湯などの漢方薬に配合されます。

カロコン:

カロコンは主に中国を産地とし、長さ5~10㎝ほど、径5㎝ほどの大きさを持つ生薬です。
外面は淡黄白色で、ステロール化合物を成分に含有し、解熱、止瀉、鎮咳の目的で用いられる。柴胡桂枝乾姜湯や柴胡精肝湯などの漢方薬に配合されます。

ブクリョウ:

ブクリョウは中国や北朝鮮を主な産地とする生薬で、成分に四環性トリテルペン酸、多糖類を含有し、鎮静、利尿作用を持ちます。動悸、胃内停水、小便不利などに対して適応をもち、五苓散、当帰芍薬散、茯苓丸などの漢方薬に配合されます。

ゴミシ:

ゴミシは中国、韓国を産地とする生薬で、成分にリグナン系化合物やセスキテルペン類を含有します。収斂性鎮咳作用をもち、気管支炎、喘息などに適応があり、小青龍湯、人参栄養湯などの漢方薬に配合されます。

カンゾウ:

カンゾウは中国、ロシア、アフガニスタン、イランなどを産地とする生薬で、円柱形をなし、径0.5~3.0㎝、長さ1m以上にも達します。成分にはトリテルペン配糖体があり、滋養、調和、緩和、消炎、去痰作用などがあり、芍薬甘草湯や大黄甘草湯など非常に多くの生薬に配合されます。

タラコン:

タラコンは主に日本を産地とする生薬であり、サポニン、トリテルペン、ステロールを成分として含有します。血糖を下降させる作用があり、日本の民間では糖尿病に適応をもつ生薬として用いられていきました。それ以外には止痛、健胃、利水作用を示し、リウマチ性関節炎、肝炎、打撲傷などに使用されます。麦門冬飲子などの漢方薬に配合されます。

ジオウ:

ジオウは日本、中国、韓国を産地とする生薬で、成分にはイリドイド配糖体、糖類を含みます。強壮、止血、補精作用があり、糖尿病、貧血、便秘などに適応をもちます。
八味地黄丸や牛車腎気丸などの漢方薬に配合されます。

カッコン:

カッコンは主に日本や中国に生息し、成分にはイソフラボン誘導体を含有しています。感冒、項背の凝りを伴う疾患に対して適応をもち、葛根湯や升麻葛根湯などの漢方薬に配合されます。

チモ:

チモは中国を産地とする生薬で、サポニン類、フェノール性成分、グリカン類などを成分として含有します。
解熱、滋順、止渇、血糖降下作用を示し、発熱による下痢や便秘、脱水症状を改善するように働きます。白虎湯や桂枝芍薬知母湯などに漢方薬に配合されます。

・糖解散60包の副作用や注意事項

妊娠をしている方、胃腸の弱い方、食欲不振や吐き気・嘔吐などの症状がある方、高血圧の方は服用する前に医師や薬剤師など専門家に相談を行うようにしてください。

発疹・発赤、かゆみ、食欲不振、胃部不快感、嘔吐・下痢、興奮、不眠などの症状があらわれた場合は糖解散60包の副作用である可能性があるので、服用を中止し、医療機関や医師、薬剤師などの専門家に相談をしましょう。また糖尿病療法の基本は食事療法と運動療法です。

糖尿病を予防・改善するためには、医薬品の服用よりも先に普段の生活習慣を見直し、規則正しい生活を送るように努めましょう。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 1型糖尿病とは?
    1型糖尿病とは、膵臓のβ細胞の破壊によるインスリンの欠乏を原因とする糖尿病となっています。 以…
  2. 糖尿病 闘病
    丁度私が成人した頃、私の父は病院で糖尿病という診断を受けてきました。 心当たりがない訳ではなか…
  3. 糖尿病とは?
    国内の患者数は約950万人。そんな糖尿病とは? 糖尿病とは、ヘモグロビンA1c値や血糖値が一定…
  4. 清原 糖尿病 重症
    実は非常に多い糖尿病の芸能人・有名人 予備群の方を合わせると日本国内に約2000万人存在する糖…
  5. 糖尿病 合併症 一覧
    危険!本当に怖い糖尿病の合併症。それぞれの初期症状、自覚症状は? 生活習慣病の中でも危険と言わ…
  6. 糖尿病 体験記
    私が糖尿病になったきっかけは、長年の運動不足と食生活の乱れでした。 子供のころからお菓子やジュ…
  7. 糖尿病 1型糖尿病 子供
    普通の食生活でしたが、幼稚園の時に1型糖尿病と診断されました。 糖尿病だと明らかになったのは私…
  8. 相撲 力士 糖尿病
    相撲取りの私が糖尿病になったのは22歳の頃です。 その頃の私の職業は力士でした。 身長は18…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ピーマンやトマトと比較しても栄養価が高いゴーヤー(苦瓜) ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り非常…
  2. ゴーヤ ダイエット
    ゴーヤーはダイエットに良い成分が豊富に含まれている優秀な食材 ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属に…
  3. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…
  4. 夏バテ ゴーヤ
    ゴーヤーは表面がイボイボしている夏野菜 ゴーヤーは日本国内では沖縄県、宮崎県、大分県が原産地と…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. アロエ 糖尿病 糖質制限
    血糖値を下げる作用があるとされているアロエで糖尿病対策 アロエは、その種類が500種以上ある、…
  2. アーモンド 糖質制限 糖尿病
    インシュリンの分泌やその働きをサポートするアーモンド アーモンドとは、バラ科サクラ属の落葉高木…
  3. 玉ねぎ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防・改善に効果的である玉ねぎ 玉ねぎは、球根の部分が野菜として食用とされており、園芸…
  4. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  5. わかめ 糖質制限 糖尿病
    血糖値の抑制作用が期待できるわかめで糖質制限! わかめは一年生の海藻で、コンブ目チガイソ科ワカ…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status