30代半ばで糖尿病だった母。癌を併発して・・・【体験談】

糖尿病 ブログ

「糖尿病患者の母を持つ息子」として。。

自身も2型の糖尿病患者の30代男性ですが、今回は「糖尿病患者の母を持つ息子」という視点からお話を書かせていただきます。

母の年齢は60代後半、私を生んだ30代半ばごろにはすでに糖尿病を患っていたと聞いております。

母の母、つまり私の祖母も糖尿病患者でした。

母は外科に務める看護師でしたが、専門は違うとはいえ自分の糖尿病の管理にはあまり真摯に取り組んでいないようで、何度か食事療法のためや、眼底出血を止めるための手術などのために入院したりしておりました。

それでも、およそ30年に渡って重篤な事態に陥ることもなく、不自由のない程度の日常生活を続けてこられたのは幸運だったのかもしれません。

そんな母が、最近入院しました。

排尿時に出血があったために診察を受けたところ、下腹部にガンが見つかったのです。

幸い、「初期の初期」程度だっため、すぐに除去手術を受ければ大事には至らないとのことでした。

ところがここで問題が。糖尿病の状態が悪いため、すぐには手術ができなかったのです。

糖尿病がひどくなると、体の免疫力も低下して雑菌に感染しやすくなるため、出血を伴う外科手術をするのが難しくなります。
さらに、長年の高血糖状態により体内の血管や内臓も疲弊しており、麻酔に耐えられずに心臓が止まる危険性もあるのです。

そのため、母はまず糖尿病の症状を改善するための入院をし、それから下腹部のガンの摘出手術をすることになりました。

入院してから何度かお見舞いに行きましたが、今回の入院では真剣に食事療法と運動療法に取り組んでおり、みるみる体重も落ちていきました。
もちろん、病的ではなくて健康的な痩せ方で安心しました。

入院していた2週間母が頑張ったおかげで、入院前の高い時には12あったヘモグロビンA1Cも、10程度まで下がりました。

まだまだ高い値だとは思いますが、自分も糖尿病である私には、母がいかに真剣に頑張ったのかがよく解ります。
ちなみに、実は今現在の私のヘモグロビンA1Cも12です。

術後の経過も良く母も予定通りに退院することができました。

その後、ほどなくしてガンの摘出手術も無事に行われ、術後の経過も良く母も予定通りに退院することができました。

本当にほっとしました。今までは「自分が好きなことをして死ぬんだったら、それで構わない。我慢するだけの長生きなんてツライだけ。」そんな風に日ごろから言っていた母でした。しかし、今回の経験で考えが変わったというのか、

素直になったというのかこんなことを言いました。

「今回は本当に怖い思いをした。糖尿病はそれ自体では熱もでないし痛みもないけど、気づかないうちに体の中のあちこちがボロボロになってしまう恐ろしい病気。

頭で解ってはいたけど、症状があまりないからそのうち見て見ぬふりをしてしまった。

糖尿病のせいでガンの手術ができないあいだ、この間にもガンが進行していっているようで、本当にこれまで真剣に治療してこなかったことを後悔した。

あなたも今でこそまだ若いからどうにもならずに済んでいるけど、糖尿病は確実にあなたの体を蝕んでいる。

私もまだまだ長生きして孫(私の子供です)の成長を観たいからこれからも治療を頑張る。

あなたも自分のためにも、子供たちのためにも、私のためにもちゃんと治療に取り組むんだよ」

自分も母と同じで、痛い目を見ないと、いや、痛い目を見てさえも「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で食事療法や運動療法を頑張り続けることができていせん。

でも、さすがに今回の母の言葉と、不安な様子、そして自分が母を心配をしたように、自分も妻や子供たちに心配をかけているのだと思い、なんとか頑張ってみようという気になりました。

もしかしたら私と同じように、「解っちゃいるけどやめられない」という気持ちで、自覚症状がないこと良いことに、糖尿病を悪化させるような不摂生を続けてしまっている人もいるかもしれません。

しかし、糖尿病は何かしらの自覚症状が出たときには、すでにかなり悪化している可能性が高いのです。

どこかで耳にした「今が一番早い」という気持ちで、治療に取り組もうと思います。

糖尿病の合併症対策のカギは「免疫力UP=ブロリコ!」(PR)

糖尿病になって最も怖いのは糖尿病性神経障害や糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症などの合併症です。 それらの合併症を防ぐために最も重要なのが「人間の持っている免疫力を向上させる」事と言えます。 そして免疫力を向上させる成分として注目されているのがブロッコリーから抽出された成分「ブロリコ」です。 アガリクス(β-グルカン)の約50倍、プロポリスの1000倍以上の免疫力向上パワーを持っているとされています。

ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから

関連記事

糖尿病 合併症
糖尿病 食材 一覧
糖尿病 飲料 お茶
糖尿病 初期症状 自覚症状糖尿病 芸能人 有名人
糖尿病 体験談

ピックアップ記事

  1. 妊娠糖尿病 体験談
    出産後の今も「糖尿病」として定期的に通院しインスリン注射をしています。 糖尿病発覚時私は20代…
  2. 薬物療法 糖尿病
    インスリンを分泌させる?スルフォニル尿素薬(SU薬)とは? インスリンという言葉を耳にしたこと…
  3. 2型糖尿病 症状
    インスリン抵抗性、相対的インスリン不足が特徴の2型糖尿病とは? 2型糖尿病とは、長期的代謝異常…
  4. アントニオ猪木 糖尿病
    食べすぎや飲み過ぎで重度の糖尿病なアントニオ猪木さん アントニオ猪木さんは、神奈川県横浜市鶴見…
  5. 肥満 メタボリックシンドローム ゴーヤ
    肥満&メタボリック症候群の予防効果が期待できるゴーヤ ゴーヤーには、肥満&メタボリック症候群の…
  6. 糖尿病 飲み物 おすすめ
    糖尿病に効果がある、血糖値を下げる飲み物&お茶を紹介! 糖尿病を治療中の方や、予防をしたい方に…
  7. 糖尿病 治療法
    血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。 、通常の健康な人の場合、空腹時血糖値は…
  8. 1型糖尿病とは?
    1型糖尿病とは、膵臓のβ細胞の破壊によるインスリンの欠乏を原因とする糖尿病となっています。 以…

スーパー食材【ゴーヤ】の魅力

  1. ゴーヤー 脂質異常症(高脂血症)
    脂質異常症とは、高脂血症と呼ばれていた症状です。 脂質異常症は生活習慣病の1つであり、運動不足…
  2. ゴーヤー
    栄養価の高さと味の良さで沖縄で愛され続けてきたゴーヤー ゴーヤーは、ウリ科ツルレイシ属の植物で…
  3. ゴーヤ 苦い
    ゴーヤー(苦瓜)は、その名の通り強い苦みが特徴的な野菜です。 この苦味は、動物たちに食べられな…
  4. ゴーヤ 副作用
    食べ過ぎると毒?ゴーヤーに副作用はある? ゴーヤーは強い苦味が特徴的な野菜であり、ゴーヤーチャ…

糖尿病対策&糖質制限におすすめ食材

  1. ゴーヤミン 効果 効能 口コミ 評判
    ゴーヤの苦味成分には血糖値を下げる効果があります。 血糖値を下げる効果のある食べ物はいくつかあ…
  2. 発芽玄米 効果 糖尿病 糖質制限
    血糖値を低下させる効果があり、糖尿病におすすめの発芽玄米 発芽玄米とは、玄米を水に1~2日間つ…
  3. アーモンド 糖質制限 糖尿病
    インシュリンの分泌やその働きをサポートするアーモンド アーモンドとは、バラ科サクラ属の落葉高木…
  4. あさり 糖尿病 糖質制限
    高血糖の改善やインシュリンの効果の改善といった作用があるあさり あさりは、異歯亜綱マルスダレガ…
  5. しじみ 糖尿病 糖質制限
    糖尿病の予防にも役立つしじみの効果 しじみとは、淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝であり、二…
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
ページ上部へ戻る
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status